東京都品川区の絵画買取なら福助へ

品川区での絵画買取・査定は出張費無料の『買取福助』にお任せください。

品川区は、都内でも人気の住宅地があるところです。城南五山エリアなどの閑静な住宅や新築・中古マンションが多く、お家で保管されているリトグラフやシルクスクリーン、版画に水彩画やデッサン、油画を含む絵画コレクションなどの鑑定・査定が多数あります。
美術館に収蔵されるような有名画家の作品も見かけますし、引越しや家財整理・生前整理でコレクションをまとめて売却したいという方もめずらしくありません。
知名度があまりない画家の作品でもアートコレクターの需要が高ければ買取額もあがります。美術の知識が豊富な買取専門店に相談をされるのが安心でしょう。

品川区で絵画買取させていただいたお客様の声

コレクションの版画やリトグラフを買取

画像
若いころから買い集めた絵画が多数あり、コレクション部屋はもう満杯。妻から生前整理をすすめられ、何枚かの版画やリトグラフを売却しました。見積りに来たひとが美術に造詣が深く、画家やアートシーンの話で盛り上がり、たのしい買取でした。

遺品の日本画コレクションをまとめて買取

画像
遺品整理をしていたら、祖父が集めていた日本画が出てきました。保管状態があまりよくなかったようですが、有名な人の作品が混じっていて、査定額が驚くほど高かったです。

蔵の整理で見つかった絵画を買取

画像
実家にある古い蔵の家財整理をしていたところ、見たことのない油画、水彩画が出てきました。コレクターだった叔父のものらしく、鑑定を依頼。古い額ごと引き取ってもらい、蔵の整理も進みました。

十年前に譲られた水彩画を買取

画像
十年以上前に母からゆずられた水彩画があり、引越しを機に売却することに。鑑定してもらったら、固定ファンのいるような画家の作品をわかり、査定額も思った以上になりました。うちにあるより、好きな方に持ってもらえたらいいと思います。

リトグラフやデッサンを一枚ずつ査定して買取

画像
自宅の生前整理で、まずは家にあるリトグラフやデッサンなどの絵画を売ることから始めました。作品を一枚ずつ見積りしてもらえたのが好印象。初めての買取でしたが、うまくいきました。

絵画買取体験談(品川区)

F様:同居の前に、大型リトグラフなど4点を買取

福助
福助
今回はどのような絵画買取を依頼されましたか?

F様
F様
鑑定・買取を頼んだのは、大きな絵画4点です。リトグラフ、シルクスクリーン、版画で、どれも額装済みで縦・横とも100センチ近いサイズ。娘夫婦が引越してくる前に売却したくて、急ぎの見積りをお願いしました。
どれも人気のある画家の作品で、思った以上の査定額でした。

福助
福助
その絵画はどのように入手されたものでしょうか?

F様
F様
自分で買ったコレクションの一部です。自宅にはほかにも数点の絵が保管してあり、そろそろ生前整理を始めようかと思っていたので、ちょうどいいきっかけでした。
美術品の鑑定ができて、いい査定額をつけてくれる店を見つけられてよかったです。

G様:アートコレクター遺品の油画を買取

福助
福助
今回はどのような絵画買取を依頼されましたか?

N様
N様
油画の小品です。亡くなった伯父の遺品整理で見つかったもので、伯母の代わりに売却しました。鑑定してもらったら、実は世界でも有名な画家の絵だったみたいで、査定額がよかったです。
金額を聞いてその場で伯母に確認を取り、買い取ってもらいました。家財整理中の伯母もほっとしたようです。

福助
福助
その絵画はどのように入手されたものでしょうか?

N様
N様
伯父はアートコレクターだったため、いろいろな絵画を持っていました。美術館にあるようなものから、小さなデッサンや水彩画まで…しかし伯母も他の親族も絵のことはわかりませんので、ネットで評判のよかった買取店に連絡したんです。
査定のときは、なぜこの金額なのかを説明してくれたので、納得して売却できました。

査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

品川区の出張対応地域

東京都品川区
経費を削減してお客様に還元するため、出張買取対応可能地域は店舗近郊の品川区など店舗近郊に限定しています。

少しでも『骨董品かも?』と思えるものがあるなら、ゴミとして捨てる前に、信頼できるプロに相談して鑑定してもらいましょう。一目見ただけではその価値が分からないものでも、プロの眼から見れば「価値あるもの」になる場合もございます。

「買取福助」は深い知識と豊かな経験で価値ある品物を見落とすことはございません。
これまでに集めた大量のコレクションの処分や整理など『断捨離』のお手伝いなら福助にお任せください。

品川区の絵画買取はお任せください

  • 北品川
  • 西品川
  • 東品川
  • 広町
  • 南品川
  • 大井
  • 勝島
  • 西大井
  • 東大井
  • 南大井
  • 大崎
  • 上大崎
  • 西五反田
  • 東五反田
  • 荏原
  • 小山
  • 小山台
  • 戸越
  • 中延
  • 西中延
  • 旗の台
  • 東中延
  • 平塚
  • 二葉
  • 豊町
  • 東八潮
  • 八潮

下記の駅、沿線周辺もお伺いいたします

  • JR山手線
  • JR京浜東北線
  • JR横須賀線
  • JR埼京線
  • JR湘南新宿ライン
  • 東京メトロ南北線
  • 都営浅草線
  • 都営三田線
  • 京急本線
  • 東京モノレール
  • 東急目黒線
  • 東急大井町線
  • 東急池上線
  • 東京臨海高速鉄道りんかい線
  • 青物横丁
  • 荏原町
  • 荏原中延
  • 大井町
  • 大井競馬場前
  • 大崎
  • 大崎広小路
  • 大森海岸
  • 北品川
  • 五反田
  • 鮫洲
  • 品川シーサイド
  • 下神明
  • 新馬場
  • 立会川
  • 天王洲アイル
  • 戸越
  • 戸越銀座
  • 戸越公園
  • 中延
  • 西小山
  • 旗の台
  • 不動前
  • 武蔵小山
  • 目黒

品川区にゆかりの画家を知っておこう:伊藤深水・中林忠良

近代日本の美人画の大家「伊藤深水」

古くから栄えた品川区には、多くの画家が住んでいました。中でも有名なのが、日本画家の伊東深水(いとう しんすい)です。
伊東深水は、大正・昭和に活躍した画家。美人画で有名な鏑木清方(かぶらききよかた)に師事し、みずからも美人画の名手となりました。大正8年から品川区に住み、自宅の「深水画塾」の塾生がふえすぎて転居するまで品川に在住。
現在でも、伊東深水の墓所は品川区の隆崇院(りゅうそういん)にあり、寺の本堂天井には深水の描いた「牡丹唐獅子図」が残っています。

日本の銅版画の第一人者「中林忠良」

中林忠良(なかばやしただよし)は、昭和・平成を通して活躍する銅版画の第一人者です。
品川区生まれで、東京芸大に進学。そこで銅版画を知り、以来、銅版を酸の腐食液につけて絵を描く「腐食技法」で、シャープな作品を制作し続けています。
緻密な線やモノトーンで豊かなイメージを膨らませていく作風は、海外での評価も高いです。

フリーダイヤル LINE査定 無料相談