シクステン・イヴァルソン(パイプ)の買取・査定相場

シクステン・イヴァルソンのパイプ買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なシクステン・イヴァルソン作品の価値を査定いたします。

福助では、シクステン・イヴァルソンパイプの高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からないパイプの査定や処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

シクステン・イヴァルソンの買取相場

品名買取相場
シクステン・イヴァルソン ハンドメイド パイプ 1974年 象の足 210,000~360,000円
シクステン イヴァルソン パイプ Sixten Ivarson 1980年 120,000~210,000円
シクステン・イヴァルソン ハンドメイド パイプ 牛角 SIXTEN IVARSSON1975年 100,000~180,000円
シクステン・イヴァルソン パイプ 1983 33 デンマーク 70,000~117,000円
シクステン・イヴァルソン パイプ Sixten Ivarsson 1985年デンマーク ハンドメイド 48,000~81,000円
シクステン・イヴァルソン パイプ Sixten Ivarsson 1993 120,000~350,000円
シクステン・イヴァルソン Sixten Ivarsson ヴィンテージパイプ 1982年 100,000~160,000円
シクステン・イヴァルソン パイプ SIXTEN IVARSSON 1979年 牛角 80,000~130,000円

シクステン・イヴァルソンの買取実績

シクステン・イヴァルソンは北欧ハンドメイド・パイプの父。それまでの量産型パイプと違い、フリーハンドでパイプを作りはじめました。豪放磊落な造形、木目の美しさを生かしたシェイプのパイプを制作し、いまなお唯一無二のパイプ作家として尊敬されています。有名な作家を数多く育て、弟子にはボー・ノルド、ヨーン・ミッケ、イエス・コノウィッチ、アルネ・ユング、シクステンの次男であるラルス・イヴァルソンなどがいます。

こんなお悩みございませんか?

  • シクステン・イヴァルソンのパイプがいくらで売れるか値段を知りたい
  • シクステン・イヴァルソンのパイプを売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 故人が大切にしていた遺品のシクステン・イヴァルソンのパイプを処分したい
  • シクステン・イヴァルソンの銘が入った古いパイプを処分したい

ご安心ください!
シクステン・イヴァルソン買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

シクステン・イヴァルソンのパイプを高く売る方法|買取のポイントは?

シクステン・イヴァルソンのパイプを高く売りたいなら、北欧パイプの知識がある鑑定士に査定を頼みましょう。

シクステン・イヴァルソンの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

今も大変な人気がある北欧のハンドメイド・パイプ。デンマークで手作りのパイプを作り、世界中に広めたのはシクステン・イヴァルソンだと言われます。
素材を生かし、風合いを引き立てるシェイプを彫りだすフリーハンドのパイプは個性的。パイプ市場ではたちまち売れてしまう大人気作家のため、買取相場はつねに高額です。
売却をお考えなら、北欧パイプについて詳しく最新の知識を持っている鑑定士に査定依頼しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

高額なパイプを査定に出すときは、作家の署名が入っているような箱や専用の収納ケースも一緒に出しましょう。鑑定書や保証書といった書類だけでなく箱や袋も重要な付属品。
もちろん付属品がなくても査定は可能ですが、パイプ本体と付属品がそろっているほうが信頼度も上がるため査定額が上がる可能性もあります。付属品が売りたいパイプのものか、違うのかはっきりしないという場合も、査定に出しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

北欧のハンドメイド・パイプは、手作りのため一品ずつが非常に高額です。売却するなら事前に複数の買取店から見積もりを取り、査定額を比較するようにしましょう。
保存状態があまりよくなくても、シクステン・イヴァルソンのパイプが欲しい顧客をもつ買取店は高く査定します。同じ買取店でも時期によって査定額が変わる場合もありますから注意が必要です。金額を比べて納得できる買取店へ売却するのがいいでしょう。

信頼できるシクステン・イヴァルソンの買取業者の選び方

シクステン・イヴァルソンのパイプは高額で買取されます。無料査定OK、買取実績豊富な業者を探しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

高額な美術品でもあるハンドメイド・パイプは、目利き鑑定士に査定してもらうことが重要です。できれば複数の買取店に査定してもらいましょう。
費用が心配になるかもしれませんが、ほとんどの買取店は無料で査定。買取店の店頭に持ち込んだり、自宅での出張買取を依頼したりしましょう。複数の作品査定を依頼する場合は出張買取がおすすめ。シクステン・イヴァルソンのパイプは高額ですから、必ず無料鑑定してもらうのがコツです。

シクステン・イヴァルソンの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

美術品の買取業者のなかには、過去の買取実績をホームページで公開しているところがあります。お手元のシクステン・イヴァルソンのパイプと同じような作品が画像で見つかれば、買取価格もチェックしましょう。
実績豊富な業者なら買取価格を掲載しています。売却時の目安になりますし、買取業者の信頼度の確認もできるでしょう。買取実績・価格を公開するということは、その業者が作品を適正価格で買取しているという意味なのです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

シクステン・イヴァルソンパイプの買取について

シクステン・イヴァルソン(Sixten Ivarsson)は、北欧のハンドメイド・パイプ作家です。デンマークを中心とする北欧パイプはシクステン・イヴァルソンが創始者といってもいいでしょう。イヴァルソンのパイプ作品を通じて世界中に魅力が伝わったからです。もとはスウェーデンに生まれ、8歳の時に父親が他界。以後、苦労しながら成長し、30代でデンマークへ移りました。大変に手先が器用だったイヴァルソンは、自分で自転車の修理などこなしていたようです。最初のパイプも自作。完成したパイプに柄をつけてもらおうとパイプ修理店へ行ったところ、修理人はおらず、修理用の機械も破損した状態。イヴァルソンは持ち前の器用さで機械を直し、自作パイプに柄を付けたことからパイプ修理工・作家への道が開けます。パイプ作家になりたての頃は正統派クラシックシェイプの作品を制作。のち19504年代後半に入ったころから、ハンドメイドでパイプを作るようになります。自由闊達な作風のパイプはたちまち大評判に。今も北欧・アメリカ・日本などで大変な人気で、買取価格は数十万にもなります。手に取るだけで心が躍るようなパイプが多く、パイプ市場に売りに出されれば価格にかかわらずすぐに売れてしまう逸品です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定