骨董品ってどんなもの?

骨董品ってどんなもの?

色々な骨董品

骨董品と聞いてもよく分からない人は多いのではないでしょうか?

確かに骨董品はジャンルも幅広く、明確な基準がないように思えます。
しかし、それでは一体何を骨董品として考えて、骨董品専門の買取店に持ち込んでいいものかよく分からないですよね。

結論から先をいうと、骨董品は本当に曖昧な基準しかありません。
だからこそもしかしたらと思ったら、まずは骨董品専門の買取店に連絡してみることをお勧めします。
骨董品とは「古くて価値があるモノ」としか表現できないのです。

骨董品ってそもそもなに?

骨董市

骨董品と聞いた時、どんなものを思い浮かべますか?
たとえば絵画、書、陶磁器、彫刻作品のような美術品はテレビでも骨董品として扱われていますし、茶杓や花立てといった茶道や華道の道具もよく見かけます。

しかし骨董品店や骨董市を覗いてみると、家具や食器、衣服といった日用品もありますし、コインやメダル、ジュエリーといった貴金属製品、玩具や看板、医療道具や瓦、ジャンク品にしか見えない壊れたオーディオ機器すらあります。
もはや何でもありではないかと思うほど、骨董品のジャンルは幅広いのです。

もともと「骨董」という言葉は「雑多なもの」を意味していました。骨董品はモノの種類によって定まるものではありません。

骨董品とは、古くて価値があるモノ。その一言につきます。

現在は再生産できないモノで、しかも誰かがお金を出しても欲しいと思う価値があるなら、それは骨董品になりえます。
あなたにとって子供の頃の思い出にすぎないブリキのおもちゃが、コレクターにとっては垂涎の品になる可能性があるように、ただのモノでも希少性と需要によって「骨董品」になります。

つまり、押し入れや倉庫から出てきたガラクタが、実は骨董品の可能性もありえるのです。

どのくらい古ければ骨董品なのか

古い骨董品たち

骨董品は「古くて価値があるモノ」とご紹介してきましたが、一体どのくらい古いモノが骨董品と呼べるのでしょうか。

実は古さについては明確な定めはありません。
一般的には製造年から100年を超えたものといわれていますが、これは関税定率法で骨董品にかかる関税を定めるために便宜上決められた基準です。

骨董品の価値は希少性にかかっていますから、年代や数値ではなく、希少性が生じるほどの古さがより正しい意味での基準といえます。

つまり「現在ではもう生産されず、通常の市場では取り扱われていないほど古いもの」「普通では手に入らないほど古いもの」こそ、骨董品の古さです。

骨董品の価値は需要と供給で決まる

骨董品の受領と供給グラフ

骨董品の基本的な価値は一般的な品物と同じで、骨董品市場での需要と供給で決まります。

どんなにガラクタに見えても需要があれば値がつきますし、需要に比べて数が少ないものなら希少価値が高まります。

特徴は骨董品には「一般的な定額がない」という点です。現在では生産されていないものこそ骨董品なのですから当然ですよね。

しかし、だからこそより厳密な意味で市場原理によって価格が決まる面が強いのです。
分かりやすいのはオークションでしょう。

その場で買い手が値をつけていき、もっとも高額を提示した人が購入するという売買方法は、骨董品の特徴にピッタリあっているといえます。

また、骨董品には歴史的資料としての側面があります。骨董品市場の価値というよりも、学術研究面での資料的な価値です。
このような歴史的な品物の場合は、大きな付加価値がついてきます。

骨董品の価値は素人には分からない。鑑定士に見てもらおう

骨董品の鑑定
このように骨董品とはまさしく「古くて価値があるモノ」という曖昧な言葉でしか表現できず、その正しい価値は一般的な知識だけでは語れません。

だからこそ、専門の鑑定士に見てもらう必要があるのです。
もし古くて珍しいと思えるモノが見つかったら、すぐガラクタと決めつけずに、骨董品買取の専門店に連絡して相談してみましょう。

思いもかけない高額買取に繋がるかもしれません。

こちらの記事もおすすめです

  • 専門の鑑定士による買取査定

    骨董品の買取りは専門の鑑定士に任せるのがオススメ

    骨董品買取は専門の鑑定士が安心さまざまなジャンルの買取業者が増加中!買取を依頼する業者は“選べる”時代です。骨董品の鑑定はプロの鑑定士でも難しいもの。だからこそ、確かな鑑定眼を持つ鑑定士のいる骨董品買取業…

  • 査定をする骨董鑑定士

    どう見極めて鑑定するの? 骨董品・美術品の価値アリ・ナシ

    「不意に遺品の中から骨董品らしきものが見つかった・・・けれど、価値のあるものか、ガラクタなのかわからない」そうお悩みの方へ。骨董品の価値は、素人にはわからないものです。そこでこの記事では、どんな品が価…

  • 出張買取、宅配買取、店頭買取

    種類豊富な骨董品の買取方法! 店頭、出張、宅配、オンラインでも!?

    「大きな壺を売りたいけど、骨董品買取のお店へ持って行くには遠いし、壊してしまいそうだし・・・どうすればいいんだろう?」そんな疑問をお持ちではありませんか?実は骨董品を売る手段は、お店へ持っていく「店頭…

  • 買取価格、見積書と電卓

    買取価格が違うのはなぜ!? 査定でバラつく骨董品の値段

    「骨董品を複数の業者さんに査定してもらったら、その値段にバラツキがあった・・・なんで?」実はそのようなことは少なくありません。場合によっては、比較すると数十万円の違いがあることも。なぜ、こんなにも開き…

  • 骨董品、コレクション

    骨董品・美術品に高値が付く!? 適した売り方と、お手入れ・保管方法

    「骨董品や美術品を売却するなら、やはり、高値で売りたい」というのは、皆さん共通の希望。世の中には「高額査定」と謳う業者も多いですが、どうすれば高い値段で売ることができるのでしょうか。この記事では、でき…

  • 査定額が良い買取店を選んだ

    損しないために知っておきたい! 骨董品買取業者の賢い選び方

    「これ、もしかして値打ちのあるものかも・・・」そんなふうに思える骨董品を持っていても、初めて売ろうとする時はどうすればいいか、よくわからないもの。この記事では、「骨董品を売りたいけど、どうやって業者を…

  • 鑑定士の骨董品査定

    骨董品を高く売るには専門家の鑑定が必須

    大掃除をしたときに、押入れや倉庫の奥からガラクタが出てきて処分に困ったことはありませんか?でも、ちょっとお待ち下さい。それは本当にガラクタでしょうか。あなたにとって価値がなくても、他の誰かにとっては…

  • 骨董品の手入れ、扱い

    骨董品を高く売る為の簡単なお手入れ法

    骨董品は古くて価値があるモノのことをいいますが、古いということは傷んでいたり汚れていたりするものが多いということです。基本的には状態が良いものほど高額買取されるのは、骨董品も普通の品と変わりません。しか…

  • 骨董品の遺産相続

    骨董品の遺産相続

    一般に骨董収集を趣味としていない人が骨董品を手に入れるとしたら、一番可能性が高いのは身内から譲られたか、遺産として受けとったか、どちらかではないでしょうか。ですが、骨董品ほどその価値が分かりにくいもの…

  • 意外な査定に喜ぶ老夫婦

    意外な骨董品とは?

    「買取事例」に学ぶ、意外な高値がつく骨董品とは?「何が高値になるのか知りたい」と思っているお客様は多いもの。ですが、ジャンルや品物の状態で査定額は上下し、一概に「これが高値です」と言うことはできません。…

  • 色々な骨董品

    骨董品ってどんなもの?

    骨董品と聞いてもよく分からない人は多いのではないでしょうか?確かに骨董品はジャンルも幅広く、明確な基準がないように思えます。しかし、それでは一体何を骨董品として考えて、骨董品専門の買取店に持ち込んで…

  • 骨董品の買取、鑑定

    骨董品を買取に出すことをおすすめする理由

    骨董品は、どうしても残しておきたい思い出の品や、コレクションして楽しむ気がないのであれば、買取に出すことをお勧めします。なぜなら骨董品は投資としては安定性に欠けますし、モノによっては傷みやすいので維持…

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル