井波彫刻作家 川原和夫作 木彫『菅公』

井波彫刻作家 川原和夫作 木彫『菅公』
品目 彫刻・ブロンズ像
価格 20,000円
買取方法 店頭買取
買取地域 東京都目黒区

「井波彫刻 川原和夫作 木彫『菅公』」をお買取りいたしました。

「井波彫刻(いなみちょうこく)」とは、富山県南砺市にある「井波地区」でおこなわれている彫刻のことです。
「井波地区」では、江戸時代の中期に大谷派の瑞泉寺・本堂再建にあたり、京都から本願寺の御用彫刻師・前川三四郎が派遣されて、地元の大工「番匠屋九代七左衛門」ら四人に彫刻技術を伝えました。
これが井波彫刻のはじまりです。

以来、井波では主に神社や仏閣の彫刻などの木彫り技法を磨いてきましたが、明治時代以降はしだいに住宅の欄間などを手掛けるようになり、昭和に入ってからも個人住宅の欄間や木彫りの置物などでも高く評価されるようになりました。
住宅用の彫刻でも井波彫刻のルーツである寺社建築の精密かつ豪華な技術がみごとに受け継がれており、非常に重厚な作品が多数見られます。

そんな井波彫刻の技術は、非常に複雑な工程で支えられています。
作品は、仕上げまで約200本以上の彫刻刀やノミを使い分けて作られます。細かい作業を組み合わせてできあがる木彫りは、非常に精緻で存在感のある作品が多い。
現在でも南砺市の井波地区は「日本一の木彫りの町」として有名です。

また「井波彫刻」は、昭和50年に通産大臣より伝統的工芸品の指定を受け、現在では美術品として、日展などへの出展もしています。作家活動も盛んな土地柄です。

今回のお品物は、井波で生まれ育った作家・川原和夫(かわはらかずお)の手による、木彫りの菅原道真公の像です。
川原和夫は昭和12年に稲美町に生まれ、県立高岡工芸高校木材工芸科を卒業したのちは、祖父である川原啓秀のもとで木彫り修行を始めます。
平成3年には「第46回富山県展」で大賞を受賞。
日展評議員でもあり、富山県文化功労賞を受賞した作家でもあります。

こちらのお品は箱付きで、保存状態も非常に良好でした。学問の神様である「菅公」を、生き生きと存在感あふれる姿で彫り上げたお品です。
彫刻・ブロンズ像買取 TOPページへ

査定の流れ ~経験豊富な鑑定士が無料でお見積り~

3STEPでカンタン!

1

査定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

思わぬ物がお宝に! 思わぬ物がお宝に!

選べる3つの買取方法

関連記事
フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up