根付の買取なら東京の福助へ

根付彫刻 買取

根付の買取なら東京の買取福助へ

象牙・木彫りなど様々な材質の根付を経験豊富な鑑定士が査定いたします。

根付の買取相場

玉刀銘・象牙根付

買取相場 10,000~150,000
  • 伊勢正直作 木彫り根付 蛙
    伊勢正直作 木彫り根付 蛙

    買取価格 80,000円
    店頭買取:東京都 港区
  • 加納鉄哉作 木彫・面根付
    加納鉄哉作 木彫・面根付

    買取価格 150,000円
    出張買取:東京都 世田谷区
  • 芝山・饅頭根付
    芝山・饅頭根付

    買取価格 10,000円
    宅配買取:東京都 大田区

根付の買取価格表

*根付の買取価格相場は、実際の買取価格を保証するものではありません。
根付本体の状態や素材、市場価格により相場が変動いたしますので予めご了承ください。

品名 買取相場
象牙彫 柳左根付  85,000円
無銘 時代象牙根付 15,000円
銘友忠 象牙彫 牛根付 75,000円
奈良一刀彫 森川杜園 木彫彩色根付 35,000円
加納夏雄 片切彫鏡蓋根付 500,000円
本象牙 時代差根付 33,000円
象牙根付 虎 35,000円
現代根付作家 阿部賢次作 犬 80,000円

根付を高く売る方法

根付を高く売るには、
根付の相場をよく知る目利きに査定を依頼し、複数見積りを比較することです。

高く売る方法

根付作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
根付は日本が世界に誇る美術品です。

小さな根付には精妙な細工がしてあり、有名美術館でもコレクションされています。熱心なコレクターが多い骨董品のため、売却時には必ず専門家による査定を受けることが大切です。

遺品整理や家財整理で売却する時はアンティークの知識のある店舗を探すこと。

根付の価値がわかり、希少価値のある作品にプレミア価格をつけられる買取業者に頼みましょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
作家ものの根付は高価な古美術品。

ですから落款や署名の入った箱に鑑定書を添えて大切に保管してあるはずです。箱や書類のそろったものはマニアや収集家からの評価が高いので、出張査定の前に見つけておきましょう。

付属品がすべてそろっていれば、お宝根付の見積り額がさらにあがります。アート作品としての真贋判定にも関わるため、引越しなどでも付属品は捨てないようにすることです。


評判の良い根付買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
これまでコレクションした根付を高額で売りたいときは、評判のいい買取店を複数選んで査定を依頼し、見積りを比べてみましょう。

複数の見積りを比べると、金額に大きく差があるはずです。古美術品にくわしい店舗は買取相場をよく知っているため、ビンテージ品の根付をより高く査定することが多いのです。

複数店舗からの相見積りで、買取価格に納得してから根付を売りませんか?


信頼できる根付買取業者の選び方

信頼できる根付の買取業者は、
貴重な根付も無料査定買取実績も多い店です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
大切な根付コレクションを売却する時には、「無料査定」の買取業者にお願いしましょう。

骨董品の買取業者は基本的に無料査定です。ベテランの鑑定士が作品をひとつずつ鑑定して、最新のアンティーク相場に照らして見積りをするから安心できます。

しかしなかには査定後に「出張費を」と請求する業者もいるのは事実。すべての業者が無料ではないため、事前に確認をとりましょう。


根付の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
初めて買取を依頼する時は、業者のホームページで「根付の買取実績」をチェックすることです。

骨董品の買取業者にはそれぞれ得意分野があり、これまでに根付をたくさん買取している業者は、すぐに作品を購入したいコレクターや根付マニアのお客さんを知っています。

確実に売れるから大量買取ができ、買取実績も豊富です。遺品整理・引越しの前には、買取業者の実績を確認しましょう。


根付の買取でよくある質問

根付買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

根付について

根付は、ストラップの役割を果たしていた江戸時代の生活必需品です。着物を着用した際、紐で帯から印籠や矢立てを吊り下げるための留め具として使われました。日本だけでなく海外にもコレクターがたいへん多く、オークションなどで根付のコレクションが取引されています。

根付は製作年代によって、江戸時代から近代にかけては古根付、昭和~平成にかけては現代根付と大別されています。日本の中古買取市場では、東洋彫刻というジャンルに分類されることもあります。

根付の材質には象牙をはじめとする動物の角や骨、牙、黒檀、黄楊などの木材、陶器、金工、琥珀などさまざまなものが用いられています。ポケットのない着物にとって、根付は小物を持ち運ぶための必需品でしたが、江戸時代後期以降から次第に細かな彫刻や華やかな飾りを施したものが人気になり、アクセサリーとしておしゃれのポイントにする文化が確立しました。

明治以降、洋装の流行からいっとき人気が下火になるものの、現在では海外で「Netsuke(根付)」という単語が通用するほど美術品としてその価値が高められています。

根付の大きさはおよそ数センチで、どのような意匠であっても丸みを帯びているという特徴があります。これは帯の下に根付をくぐらせる際、重かったりとがった部分があったりしては使いにくいという実用的な面から生み出された形状です。こうしたデザインの制約があっても根付の世界は奥深く、数百種類のモチーフがあるといわれています。

こうした古根付の多くは、根付師の師弟制度の下で製作されました。弟子が製作したものを師匠が仕上げるという工房単位の分業や、師匠のデザインを弟子が模倣するということが日常的におこなわれていたと考えられています。

根付の中には裏や底部に根付師による銘が彫られているものもありますがそうした根付はごく少数で、場合によってはレプリカの可能性も高いので注意が必要です。

彫刻の買取品目一覧


0120-777-064電話をかける
お問合せ

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談