銀杯買取

銀杯

銀杯買取なら、東京の福助にお任せください。

純銀製、SV925など銀を含有している銀杯ならば黒ずんでいたり変形していても高価買取いたします。

買取価格は銀の純度に銀杯の重さをかけるだけのシンプルな計算方法で手数料などはございません。

銀杯の買取相場

最終更新日:2021年9月18日(土)
本日の買取価格(1gあたり)
85円 前日比:-3円
貴金属種別(刻印/純度)1gあたりの買取価格
Sv1000(純銀) 68円
Sv925(シルバー925) 60円

銀買取の見積もりシミュレーション

店舗へお越しいただかなくても、ネットで簡単に見積もりができます。

計算する

査定金額は0,000,000円(税込)です。

  • 買取レートは、毎日午前10時と午後1時の2回更新されます。
  • 相場急変時には午前と午後で価格が変わりますので、予めご了承下さい。
  • 手数料無料、量の多少に関わらず、表示している金額でお買取させて頂きます。

  • 福助は明瞭会計

    *銀杯の買取価格相場は、実際の買取価格を保証するものではありません。
    銀価格相場は毎日変動いたしますので予めご了承ください。

    銀杯買取実績

    品名 買取価格
    天賞堂 銀杯三点セット 総重量約363g 26,499円
    内閣総理大臣杯贈 100歳記念純銀製 長寿記念銀杯66g 3,300円
    日本中央競馬 記念銀杯230g 16,100円
    永年勤続者表彰記念銀杯 5,100円
    造幣局製刻印 桐紋入り純銀盃 5,130円
    菊紋入り銀杯 85g 4,760円

    こんなお悩みございませんか?

    • 勤続記念でもらった銀杯を買い取ってほしい
    • メッキか純銀か分からない銀杯を鑑定してほしい
    • 銀杯を手数料無しで売りたい

    ご安心ください!
    銀杯買取の専門業者
    「買取福助」が解決いたします!

    「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

    0120-777-064電話をかける
    お問合せ

    銀杯を高く売る方法

    銀杯を高く売るには、
    銀杯の査定が高額な鑑定士に依頼し、複数見積りを比較することです。

    高く売る方法

    銀杯の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    福助
    福助
    記念品やお祝いとしていただくことがある銀杯。銀杯には骨董品として価値の高い作品と、純銀として買取できるものに分かれます。

    経験豊富な鑑定士に査定してもらえば、有名作家の手による銀杯は高価買取になりますし、古美術相場に見合った適正価格での売却が可能です。単なる銀製品以上のプレミアがつくから、高額査定になります。

    損のない売却のためには、専門家を探して依頼しましょう。


    作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    福助
    福助
    アンティークショップで購入した銀杯には、鑑定書や作者の署名・落款入りの保管箱がついてきます。これらの付属品は銀杯の価値を高める重要なものです。

    しかし引越しや家財整理を繰り返していると、付属品が紛失・混乱していることもあります。出張査定では銀杯と付属品らしいものはすべて出して、買取業者に見積りしてもらいましょう。

    ときには銀杯の箱に他の品が入っていることもあります。


    評判の良い銀杯の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

    福助
    福助
    大切な銀杯コレクションを売る時は、かならず複数の買取店から見積りを取って、金額を比較しましょう。

    銀杯のような工芸品は買取額が高くない店もあり、他店との価格差が大きいです、一店舗だけの査定では損をするかもしれません。

    遺品整理・生前整理では、ネットで美術品買取の評価が高い店を調べて依頼し、出た金額を比較するのがコツ。最終的に一番高い金額の店に売りましょう。


    信頼できる銀杯買取業者の選び方

    信頼できる銀杯の買取業者は、
    無料で査定してくれ、これまでに多数の買取実績がある店です。

    信頼できる買取業者の選び方

    査定は無料のお店を選びましょう

    福助
    福助
    銀杯のような貴金属の工芸品は「有料査定か?」という気がしますが、基本的には無料です。

    買取業者は査定後の売却を視野に入れて見積りをしますから、「査定料」は不要。また査定後に金額が折り合わず、コレクター側が売らないことにしても問題はありません。

    ただし中には「この査定額で売らないなら、出張料がいる」と請求する業者もいますので、事前に必ず確認をしておきましょう。


    銀杯の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    福助
    福助
    銀杯の鑑定・買取では、これまでの買取実績が豊富な店舗が安心です。

    銀杯は、骨董品・アンティーク品についてよく知らない店では高く買ってくれません。

    買取実績が豊富な店は、銀杯の価値がわかるからプレミアをつけて高額査定。だから引越しでも遺品整理でも多数の銀杯を買取できます。

    ホームページで多数の買取実績を掲載している店は、評価の高い優良店とおぼえておきましょう。


    銀杯の買取でよくある質問

    銀杯買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
    その回答を紹介しています。

    銀杯について

    「銀杯(ぎんぱい)」は、銀を素材にして作られた杯のことです。

    銀杯の歴史は非常に古く、金や銀などの貴金属加工の技術の誕生と同時に作られていたといわれます。紀元前後には祭礼や宗教儀式に銀杯が使用されており、室内の装飾品としても珍重されました。

    現在の日本では、内閣府から功績のあった人に銀杯が贈られます。菊紋の入った銀杯は勲章のかわりに授与されるもの、桐紋の入った銀杯は褒章条例に基づいて授与されるものです。

    一組の銀杯もあれば、サイズ違いで3つセットになっているタイプもあります。

    ほかにも総理大臣が100歳になった高齢者にお祝いとして贈呈する銀杯があり、2015年度までは純銀素材でした。2016年度以降は経費削減のため銀メッキになっています。

    とはいえ、記念品として贈呈される銀杯のほとんどは純銀製です。手元の銀杯の純度は刻印を見ればわかります。銀杯の裏に「純銀」、「SILVER 造幣局製」などの刻印があれば純銀です。

    貴金属買取では金属の純度×重量で買取価格が決まります。お手元の銀製品の純度を知っておくと売却時の目安になるでしょう。

    なお銀製品は未使用品でも黒ずみで変色していることがあります。変色しても純銀の価値は変わりませんので、安心して売却の相談をしましょう。

    銀の買取品目一覧

    2つの買取方法が選べます。

    0120-777-064電話をかける
    お問合せ
    フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
    フリーダイヤル LINE査定 無料相談