銀瓶 秦蔵六作 獣口饕餮紋の買取

秦蔵六作 純銀饕餮紋銀湯沸
品目 銀・銀瓶
価格 1,200,000円
買取方法 出張買取
買取地域 東京都目黒区
作者・ブランド 秦蔵六
状態 美品・共箱

目黒区八雲で、秦蔵六作の獣口饕餮紋湯沸かしをお買取致しました。

初代秦蔵六(はたぞうろく)は江戸末から明治にかけての鋳金家。

龍文堂で鋳金技法を学んだ後、京都で独立。江戸期には、孝明天皇の御印や徳川慶喜の黄金印や天皇御璽の鋳造などで知られ、明治に入ってからは天皇御璽・大日本国璽(印鑑)の鋳造などを手がけたことで知られています。以後、代々に渡り「蔵六」の名と技法を継承し六代に渡る鋳金の大家です。金属工芸の第一人者として今日まで語り継がれています。

日本における金属工芸の歴史は弥生時代にさかのぼり、奈良時代に入ると仏教の隆盛したこととともに寺院建築が増えたことで金工技術が著しく発達しました。

平安遷都に伴い金工師たちは京都へ移り、数多くの優れた金属工芸品が作られることになりました。京都で作られた金属工芸品は、地肌や造形が非常に美しくそれでいて緻密な装飾が特徴です。

また代表的な技法として鋳金(ちゅうきん)があり、「蝋型(ろうがた)」は、一つの型に対して一つの作品しかできない非常に手間のかかる技法です。そのため精緻な作品を成形作ることができます。

今回お買取りした銀瓶は、非常に丁寧に施された装飾が優雅でありながらも非常に力強い側面がある素晴らしいお品物です。また共箱まできれいに保管されていることから、とても大切にされてきたお品物だったことが伺えます。

銀瓶買取 へ戻る
銀買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up