銀製花瓶の査定相場・買取価格

銀製花瓶の査定相場・買取価格

銀製花瓶の買取は昭和30年創業の福助にご依頼ください。
不要な尚美堂・服部製などの純銀製花瓶や花器はございませんか?
金工作家の在銘品、御下賜品などは特に高価査定しております。

銀製花瓶買取価格

遠藤兆映作 純銀製花瓶 買取価格相場 98,000

遠藤兆映は、1927年に 福島県伊達郡藤田町(現・国見町)に生まれた金工家です。幼いころから彫刻に興味があり、独学で研鑽を積みます。
のちに鹿児島県出身の彫金家・帖佐美行(ちょうさよしゆき)に師事。文化功労者、文化勲章の受賞者でもある帖佐美行のもとで、彫金について幅広い知識を得ていきます。ここで以前より評価の高かった造形の力がさらに伸び、作風にも落ち着きが加わりました。
年とともに次第に注目を集めるようになり、日展などの入選をきっかけとして、さまざまな賞を受賞。総理大臣賞も受賞していますが、金工の工芸品が総理大臣賞を受賞するのはとてもめずらしいことです。こうして、しだいに日本を代表する彫刻家・金工家となりました。
技術と経験に裏打ちされた遠藤兆映の作品の多くは、金属の光沢や質感を十分に生かしたものです。金属板に浮き彫りにしたレリーフなど、美術品としても高い評価をうけています。
国内における金工の世界をつねにリードし続け、後進の教育にも非常に熱心。日本新工芸顧問や日本金工協会委員として指導に当たっています。
今回のお品物は、純銀製の花瓶です。打ち出しという金工ならではの技法を使い、抽象的でモダンなモチーフを金属の質感で表現しています。現代的な雰囲気が強くありながら、後世にまで残るような根源的なデザイン性の高さが特徴のお品物です。

【銀製花瓶】饕餮紋象嵌入り 買取価格相場 380,000

饕餮(とうてつ)紋というのは、中国の架空の動物である饕餮を意匠化した文様のことです。饕餮(とうてつ)は中国の伝説上の怪獣で、人面ですが牛の体、大きな口や誇張された目、曲がった角などが特徴です。
さまざまな猛獣や猛禽類の強さをあらわすパーツをつないだもので、非常に力のある動物を表現しています。昔から中国では魔除けの意味で使用され、古い銅器などによくみられる文様です。
こちらの銀製花瓶には饕餮(とうてつ)紋が全面にほどこされ、さらに金属の象嵌(ぞうがん)がされています。
金工象嵌とは、金属の表面に模様を彫り込み、そこへ別の金属を埋め込んで、異なる素材の色や質感で模様を浮き立たせる技法です。
さまざまな方法があり、彫った線に金属をはめるもの(線象嵌)や、模様が表面から浮き上がらないようにはめ込んだ金属を平らにする方法(平象嵌)、反対にあえて表面よりも高くして模様に高低差をつける方法(高肉象嵌)などがあります。
素材のつややかさに加えて、こまかい象嵌の技術も素晴らしい。また花瓶の首に取り付けられた小さな耳(取っ手)部分の造形にも工夫を凝らすなど、細部にまでこだわりが感じられるお品です。

銀製打ち出し花瓶 銘義弘 買取価格相場 78,000

打ち出しとは、銀の塊から金づちやタガネを使って打ちのべて、模様や形を作り出す手法です。立体的な造形ができ、模様も自由に作れますが、高い技術力が必要な手法でもあります。肉彫りともいい、製品全体は金属を薄く伸ばしているために立体感があるのに軽いのが特徴です。
打ち出しは伝統的な金属加工技術のひとつで、現在でも金工の分野で多用されています。とくに純銀は金属として柔らかく加工がしやすいため、こまかい細工が必要な作品に向いています。
打ち出しのやり方は、銀の板を加熱して柔らかくして下絵を張り付け、銀板の裏側からタガネや金づちでたたいて形を打ち出ることから始まります。裏の打ち出し作業が済んだら表側を確認、表を美しく整えて再度、裏からたたくという作業を延々繰り返していきます。
打ち出しに使うタガネそのものも、職人が用途に合わせて自分でカスタマイズしていきます。制作にあたっては何百本という数のタガネを使い分ける職人もおり、高い技術が必要なのです。今回のお品物のように筒状になった花瓶などを作り上げるには、長い時間をかけて何度も繰り返し銀をたたき続けなくてはなりません。

金銀象嵌入雉図 銀製花瓶一対 買取価格相場 550,000

純銀製花瓶には花鳥風月のモチーフが使われることが多く、今回のお品物のように動物、とりわけ鳥類がよく使われます。
なかでも雉(きじ)は日本の国鳥であり、家族愛の象徴でもあります。万葉集の時代から家族や夫・妻を恋うる和歌がたくさん詠まれており、雉のモチーフには夫婦和合や家族の繁栄を願う気持ちがこめられているのです。
今回のお品物は純銀の花瓶に金色の雉を彫り込んだ一対の花瓶です。
純銀の重厚さに金色の雉が華やかなお品物です。

秀寿刻 純銀製雲龍図一輪挿し花瓶 買取価格相場 450,000

秀寿刻 純銀製雲龍図一輪挿し花瓶をお買取りしました。
花瓶のモチーフになっている龍は、ごぞんじ中国の神獣・霊獣です。
中国の前漢の皇帝・劉邦には龍から生まれたという伝説があり、以来中国では龍が皇帝のシンボルとして大事に扱われてきました。
前漢から中国の最後の王朝に至るまで、皇帝の顔は龍顔とよび、龍の柄の服は皇帝もしくは皇帝から授かった高位の貴族などしか着ることができないという高貴なものでした。
日本の龍は、仏教における仏の教えを助ける八部衆のひとりという認識が強いでしょう。
龍神と呼ばれ、特に禅宗のお寺には、たいてい龍と雲の絵が法堂(はっとう・住職があがって説法する建物)の天井にあります。龍は水中か地中に住み、鳴き声で雷雲や嵐を呼ぶために雲竜図がよく描かれるのです。
今回のお品物は純銀の一輪挿し。胴の部分に雲間を飛ぶ龍の姿が、打ち出しという技法でつくられ、もう一匹の龍は一輪挿しの首にからみついています。非常に繊細な一輪挿しで、純銀という素材の良さもあり価値の高いものです。

平松宏春作 純銀打ち出し花器『薔薇』 買取価格相場 58,000

平松宏春(ひらまつ ひろはる)は昭和期に活躍した金工家です。
明治29年に兵庫県に生まれ、彫金家の桂光春に師事。そこで彫金の基本を学び、昭和9年に帝展に初入選をはたしました。以後は順調に作家として作品を発表し続け、しだいに日展工芸部でも注目の存在になりました。
昭和26年に日展の特選を受賞、昭和29年には日展審査員をつとめ、ほか関西総合美術展、大阪府・市展などでも審査員を担当するなど、彫金・金工の普及に尽力した人物です。
また後進の育成にも非常に力を注ぎ、現代工芸美術家協会参与、大阪芸術大学教授などを歴任しました。大阪府芸術賞を受けるなど、日本の金工界をリードし続けた作家です。
その作風は、上品で格調の高い雰囲気が特徴。品の良さから宮内庁のお眼鏡にかない、買上げとなった作品も多くあります。皇居や東宮御所、常陸宮家への献上品になった品々です。
今回のお買取した銀製花瓶は、バラ模様が打ち出され丸く安定感のいい純銀の花器の胴体に、大小さまざまなサイズのバラの花が打ち出されています。

銀製花瓶の査定買取実績


  • 純銀製群魚図花瓶
    買取価格
    270,000円

  • 服部製・銀製鯉図花器
    買取価格
    150,000円

  • 純銀製鳥図花瓶
    買取価格
    670,000円

  • 皇室御下賜品 小林製 菊花紋鳳凰銀花瓶一対
    買取価格
    150,000円

  • 峰雲作 純銀松鶴図花瓶
    買取価格
    275,000円

  • 雲龍図銀製花瓶
    買取価格
    230,000円

  • 鴨下春明作 純銀製彫金花瓶
    買取価格
    60,000円

  • 花図彫金銀製花瓶
    買取価格
    35,000円

その他の銀製品の査定・買取相場

銀製品の査定相場・買取価格

銀製品の査定相場・買取価格

銀製品の高価買取なら、買取福助にお任せください。創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、純銀製品、トロフィー、宝船、御下賜品のボンボニエールや煙草入れ、銀食器など鑑定歴20年以上、相場を熟知した専門の…

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、銀製花瓶を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
銀製花瓶の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

出張買取対応地域

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

銀製花瓶買取について

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up