刀剣買取 | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

MENU

刀剣買取

東京で刀剣や日本刀の買取なら福助

日本刀と鞘
「澄み切った地がねと刃文の美しさ、刀剣の売買事情」

骨董品のジャンルは非常に幅が広く、鎧兜・甲冑などの武具も売買の対象になります。なかでも日本刀を含む刀剣類は武器であっても美術的な価値が高く、高値で売買をされることがあります。鍛え上げた地がねと刃文の美しさには、数多くのファンがいるのです。

刀剣・日本刀の買取で、お悩みございませんか?

買取福助に任せて安心

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は、どんな些細なお悩みにも、お答えいたします。

もちろん、お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。お悩みをスッキリと解決いたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

お客様に選ばれる理由

刀剣の魅力は、美術品にまで高まった機能美

鎧兜

刀剣類の本来の用途は武器です。しかし日本刀の美しさは機能としての武器を超越して、神々を崇拝するための祭礼に欠かせない道具でもあり、魔物をはらう魔除けでもあります。さらに現在では美術品・骨董品としても高く評価され、高額で取引されているのです。

日本刀は大きさや刃の長さなどによって、種類が分かれます。
直刀というのは、刃がまっすぐなもの。現在、新しく作られる刀は、ほとんど直刀と同じ形です。

太刀は刃が反っている形をしており、時代的には平安~室町時代頃のものです。刃の長さは2尺3寸~6寸くらいまでで、約70~80センチです。

いわゆる「刀」は、室町中期~江戸時代末期までの武士に使用されたものです。刃の長さは2尺以上あり、江戸時代には他に脇指(わきざし)がありました。脇指は長さが1尺以上2尺以下の刀剣で、桃山時代~江戸時代にかけては、刀と脇指が1組になって「大小」と呼ばれました。

美術品としての刀剣には、ほかにも薙刀(なぎなた)や槍も含まれ、甲冑や鎧兜、陣羽織なども鑑定・買取の対象です。

刀剣の売買は鑑定が重要

太刀と脇差
日本刀の鑑定は、室町時代の末期ごろから始まったといわれます。

現在でも続く刀剣類の鑑定には、鑑定士の経験が重要です。そもそも刀剣の鑑定とは、刀の良しあしを見分けるだけのものではありません。真贋を見極めるとなれば、日本刀についての知識や査定経験が必須なのです。

銘のある日本刀の場合は銘の真偽を見極め、さらに刀の作柄が時代にあっているか、作者の時期ごとの作風にあったものかどうかを細かく見ていきます。

骨董や美術品として高く評価されている日本刀には銘の入っているものが多いのですが、その他の刀を鑑定する場合は、刀の姿そのものをみて判断せねばなりません。

原形のままならともかく、研ぎに出されて刀の状態が変化していれば、元の姿をイメージする能力も必要になります。さらに地肌を見て刃文から作者を推測します。

同時に刀装(刀の付属装置)や小柄・鍔・目貫・笄・縁頭などの刀装具(刀の付属品)も鑑定のポイントになり、柄や鞘(さや)に施された金銀象嵌など金属工芸品としての価値を重視し作られた当時のままの状態かどうかでも評価が変わります。

こういった、数多くのチェックポイントを総合して日本刀の価値や買取金額を決めていくには、鑑定士の経験と鑑定力が重要なのです。

刀剣の買取相場

それでは、刀剣類の買取相場はどうなっているのか。
日本刀を含む刀剣を好むお客様は、時代が変わっても減ることはありません。そのため銘のない日本刀であっても、品物によっては非常に高価な金額で売買されています。

刀剣類の骨董品としての価値は、昭和の時代から変わっておらず、平成になっても価格はむしろあがる一方です。今や刀剣類は高額な美術品であり、売却を考えるなら、信頼できる骨董店に鑑定を依頼したほうが安心でしょう。

高価買取が期待できる刀剣作家

鑑定・買取方法のご案内

刀剣の出張買取もいたします、お気軽にご相談を

無料出張買取いたします。

刀剣類の処分で困るのは、他の骨董品と違って不要な場合にすぐゴミとして捨てられないことです。なぜなら、刀剣は銃刀法の対象になる品物だからです。

そのため日本刀などの刀剣には、一つずつ各都道府県教育委員会から登録証が発行されています。買取のための査定をする場合は、鑑定士のいる店舗までこの登録証と身分証を持参せねばなりません。登録証なしで持ち歩くと、銃刀法違反になるのです。

刀剣を持ち歩きたくないという場合は、ぜひとも福助の出張買取をご利用ください。お客様のご自宅までうかがって鑑定をし、買取金額を提示いたします。売却金額が折り合わない場合でも鑑定は無料ですので、ご安心ください。

日本刀は高価な買取金額がつきやすい美術品です。的確な骨董市場の情報をもった鑑定士に依頼するようおすすめします。

受付の手順

*成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階
電話:03-6263-0789
 
買取福助 大岡山店
買取福助大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735

Copyright (C)骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助. All Rights Reserved.

Scroll Up