宮本包則の刀剣買取・鑑定なら創業62年の実績【福助】へ

宮本包則の刀剣買取

宮本包則:質実剛健な刀剣で、宮中とのかかわりが深かった刀工

宮本包則(みやもとかねのり)は、明治・大正・昭和に活躍した刀工です。

伯耆の醸造家の子として生まれ、刀工を志して横山祐包(すけかね)の弟子になりました。修行ののち、師より包の字をもらって独立し、鳥取藩の家老・荒尾直就のお抱え刀工になりました。

幕末の時期は勤王の志士のために積極的に刀剣を作り、当時の皇族の有栖川親王の知遇を得ます。それがきっかけで、孔明天皇の刀を昨刀したため、能登守(のとのかみ)の受領名をいただきました。また幕末の動乱期には戊辰戦争に従軍し、作刀をつづけました。

維新後は廃刀令の影響で刀を作る必要がなくなり、刀工としての仕事が激減。しばらくは農具や包丁などを作って生活を支えていました。

のち、伊勢神宮師記念祭の宝刀を鍛えることで明治天皇から高く評価されました。1906年(明治39年)に帝室技芸員に任命され、明治・大正・昭和天皇の守り刀を作ったのも宮本包則です。大正天皇ご大典には大元帥刀の制作も担当しました。

宮本包則の作風は時代によって変わります。幕末期には長寸の刀を作りましたが、明治以降は軍用刀が多く、長さも約65センチと短くなりました。しかしいずれも小板目の積んだ鍛えで、直刃の刃紋を得意としました。同時代の刀工・築山貞一の作風の華やかさと比較すると、やや地味ですが質実剛健でずっしりした刀が多く、素朴なたたずまいにファンが多い名工です。

宮本包則の刀剣買取

宮本包則:質実剛健な刀剣で、宮中とのかかわりが深かった刀工

宮本包則(みやもとかねのり)は、明治・大正・昭和に活躍し…

宮本包則の刀剣買取で、お悩みございませんか?

買取福助に任せて安心

創業62年の福助では、確かな鑑定力で帝室技芸員作品の高価買取中です!

貴重な宮本包則作刀剣の処分や整理、鑑定・買取でお悩みであれば是非お気軽にご相談ください。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は些細なお悩みにも、お答えいたします。

お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。お悩みをスッキリと解決いたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 大岡山店
買取福助 大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階

Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリー
ダイヤル