リモージュ・レイノー買取

リモージュ レイノー シキオン カップ&ソーサー

リモージュ・レイノーの買取実績

リモージュ関連買取品目

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いリモージュ・レイノーを処分したい
  • 所有しているリモージュ・レイノーが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたリモージュ・レイノーの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたリモージュ・レイノーを、まとめて売りたい

ご安心ください!
リモージュ・レイノー買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

リモージュ・レイノーを高く売る方法

優雅なフランス食器、リモージュ・レイノー作品の売却には
正確な価値のわかる目利き業者がおすすめです。

高く売る方法

リモージュ・レイノー作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
リモージュ焼きは、フランス中西部のリモージュ地方で作られている陶磁器です。

世界的に高く評価されている陶磁器で、なかでも「レイノー(RAUNAUD)」は透明感のある白磁で有名なブランドです。

優雅でシンプルな造形に繊細な絵付けがされ、高額査定される人気アイテム。

プレートやカップ&ソーサーは買取相場も高いため、正確な評価額を知るために真贋に詳しい鑑定士に査定を依頼しましょう。


購入時のオリジナル箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
リモージュ・レイノーは食卓を華やかに彩る食器として人気があります。

それだけに鑑定には正確さが必要になり、リモージュ焼きの真贋判定に慣れているベテラン鑑定士でも、査定時には作品と付属品をふくめた評価をおこないます。

ブランドオリジナルの箱や保証書を添えて、査定を受けましょう。なおレイノーの食器類は、セットがそろっていなくても買取価格は高額です。

単品であってもセットが入っていた箱を添えることが大事です。


評判の良いリモージュ・レイノー買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
リモージュ・レイノーを売却するときには、かならず複数の買取店から見積もりを取りましょう。

見積もり額を見ると買取業者ごとに大きな違いがあるので、びっくりするかもしれません。

レイノーの食器類は高品質なので高額買取されやすいのですが、買取業者の評価額には差があるのが普通です。

査定を依頼してみないと価格差に気づかないので、適正価格で売却するためには必ず複数の見積もりを比較しましょう。


信頼できるリモージュ・レイノー買取業者の選び方

リモージュ・レイノー作品の売却時には、
複数店の無料査定を受け、買取実績の高い店を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
リモージュ・レイノーの作品を売却するときは、査定・鑑定にお金がかからない買取店を探すのがコツです。

買取業者の査定はお金がかかりませんので、安心して見積もりを出してもらいましょう。

リモージュ・レイノーのように人気があり、鑑定額が高くなるアイテムでも無料査定が基本です。

逆に高額な鑑定料や出張費を請求する買取店は悪質。査定を依頼するときに、お金がかからないかを確認しておくといいでしょう。


リモージュ・レイノーの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
フランスの陶磁器ではトップクラスの人気を誇るリモージュ・レイノー。買取店のなかにはレイノー作品の取り扱いがとても多く、買取実績が豊富な店があります。

買い取り実績が多いほど適正な鑑定額が出せ、高額買取できることになります。反対に買取実績が少ない店は、査定額が低い傾向にあります。

リモージュ・レイノーの売却を検討しているなら事前に買取店のホームページで実績を調べ、確認してから依頼しましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

ブランド食器の買取品目

リモージュ・レイノーについて

リモージュ レイノー(RAYNAUD)はフランスのリモージュ地方にある食器ブランドです。リモージュ焼きは透明感のある白磁で、フランスでも有名な高級食器の産地。

今もロワイヤル・リモージュやベルナルド、アビランドといった磁器ブランドがあり、リモージュボックスという小さな磁器の小物入れでも有名なところです。

リモージュ・レイノーはリモージュ地方で1843年に創業。1911年に、初代のマーシャル・レイノーがリモージュに絵付け工房を開いたことで本格的に磁器制作に乗り出します。

二代目のアンドレ・レイノーは有名アーティストとのコラボ作品にも力を入れ、シュルレアリスムの画家、サルバドール・ダリのモチーフやフランスの誇るマルチアーティスト、ジャン・コクトーとの作品で知られるようになりました。

ちなみにコクトーのシリーズは今もレイノーで作られており、マットな質感のプレートに柔らかなコクトーの描線が映えるアートな食器。これだけあれば食卓がきまる、といわれるほどに印象的なアイテムです。

ほかにも有名シェフとのコラボで生み出された食器シリーズが人気で、フランスでは三ツ星レストランでもよく使用されています。顧客の中には、ダイアナ元皇太子妃もいたというフランス磁器の有名ブランドです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談