ロイヤルアルバート買取

ロイヤルアルバート プロヴィンシャルフラワーズ カップ&ソーサー2客セット

ロイヤルアルバートの買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いロイヤルアルバートを処分したい
  • 所有しているロイヤルアルバートが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたロイヤルアルバートの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたロイヤルアルバートを、まとめて売りたい

ご安心ください!
ロイヤルアルバート買取の
専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

ロイヤルアルバートを高く売る方法

イギリスの高級ブランド食器ロイヤルアルバートを売却する方法をご紹介します。

高く売る方法

ロイヤルアルバートの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
イギリスの高級ブランド食器ロイヤルアルバートは根強い人気を誇っており、買取市場で高額査定を期待できる食器です。

定番のソーサー&カップ、マグカップ、ティーポットやケーキスタンドはアンティークの廃盤品も高値で取引されています。

ロイヤルアルバートの価値を知る専門家に査定してもらうことで、満足いく査定額で処分できるでしょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
ブランド食器を売却する際に大切なのが、カップやティーポットの入っていた箱です。

食器は販売された当時の状況に近いほど高額査定が期待できるため、箱やブランドカードがある場合は、見積もり依頼時に忘れずつけるようにしましょう。

問い合わせ前に、付属品がそろっているかチェックすることをオススメします。


評判の良いロイヤルアルバート買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
ロイヤルアルバートの買取を得意とする買取業者の方が、そうでない買取業者よりも高額で買取をしやすい傾向にあります。

また、業界の流行や、買取業者のもっている販路、需要と供給のバランスによっても査定額は変動する可能性があります。

そのため、相見積もりを取っていくつかの買取店の査定額を比較することをオススメします。


信頼できるロイヤルアルバート買取業者の選び方

ブランド食器を高く買い取ってくれるのは、
アンティークやブランド品買取実績が豊富な買取業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
買取市場では、出張査定で押し買いされた、鑑定料と称して法外な手数料を請求されたというトラブルが報告されています。

こうしたトラブルに遭遇しないよう、ロイヤルアルバートの見積もり依頼を出す時には、「査定にかかる費用」、「出張査定が有料化なのか無料なのか」といったポイントを事前に確認してください。


ロイヤルアルバートの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
ブランド食器の買取実績を多数サイトに掲載している買取業者や買取店は、ブランド食器やアンティーク食器に詳しい知識豊富な専門家として信頼できます。

買取の比較サイトをチェックしたり、ブログ、SNSも検索しながらブランド食器の買取実績豊富な買取店、買取業者を探してみてくださいね。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

ブランド食器の買取品目

ロイヤルアルバートについて

ロイヤルアルバート(Royal Albert)は、イギリスの磁器ブランドです。1896年にストーク・オン・トレントというイギリスの陶磁器生産の中心地で、ワイルド親子により創業。

ブランド名はイギリス女王・ヴィクトリアの夫、アルバート公および女王夫妻の孫にあたるアルバート・ジョージ王子にちなんで名づけられました。

イギリス王室との関係は非常に深く、ヴィクトリア女王の即位60周年の記念品はロイヤルアルバートが担当。1904年に「ロイヤル」の称号を許され、イギリス王室御用達の食器ブランドとして世界中に知られています。

ロイヤルアルバートの多彩なシリーズ中、とく人気が高いものは1962年に発表された「オールドカントリーローズ」です。バラはイギリスの国花であり、いかにもイギリスらしいモチーフ。

オールドカントリーローズシリーズでは、すきとおるような真っ白なボーンチャイナの肌にクラシカルなバラの花が描かれています。

ティーポットの持ち手やカップ、ソーサ―、プレートのふちを彩るゴールドは、スポンジで叩いて付着させるという「スティプル手法」。筆を使わずにスポンジに金を含ませて装飾する手法で、ロイヤルアルバート独自のものです。よくみると金彩部分にわずかなムラがあり、絶妙な味となっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談