帝室技芸員作品の買取・鑑定なら創業62年の実績【福助】へ

帝室技芸員作品の買取

「人間国宝の前身、戦前美術界の最高名誉だった帝室技芸員」

戦前の日本美術界には、帝室技芸員という制度がありました。これは絵画や彫刻、金工などのジャンルごとに優れた技能をもつ作家を、皇室が技芸員に任命して美術と工芸の保護を目的としたものです。

戦後に廃止された制度のため現在ではあまり知られていませんが、いわば人間国宝の前身のようなものです。明治・大正期における美術家最高の栄誉だったのです。

帝室技芸員作家作品の買取で、お悩みございませんか?

買取福助に任せて安心

創業62年の福助では、確かな鑑定力で帝室技芸員作品の高価買取中です!

貴重な帝室技芸員作品の処分や整理、鑑定・買取でお悩みであれば是非お気軽にご相談ください。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は些細なお悩みにも、お答えいたします。

お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。お悩みをスッキリと解決いたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

帝室技芸員とは?

任命されると国から年金支給、天皇陛下と直接のやりとりも

帝室技芸員の制度は、1890年(明治23年)に始まりました。そもそものスタートは、明治になって幕府や大名のお抱え職人が職を失ったことにあります。優れた技能をもったお抱え職人たちの技術を継承させるために、国が保護に乗り出したのです。

帝室技芸員に任命されると国から年金が支給され、時には天皇から作品の技術などについての直接、質問を受けることもあり、やがて戦前の美術界において最高の名誉かつ権威のある資格になりました。

帝室技芸員の制度は戦後の1944年(昭和19年)に廃止されるまで続き、合計79人の芸術家が任命されました。ジャンルとしては絵画が45名、彫刻が7名、工芸が24名、建築が2名、写真1名という幅広い分野をカバーする制度だったのです。

帝室技芸員の作品は、国内外の展覧会で高く評価

帝室技芸員として任命されることは、当時の美術界・工芸界で第一人者であると認められることでした。

絵画で言えば日本画家の川端玉章(明治29年任命)や竹内栖鳳(大正2年任命)がいますし、工芸でいえば、陶芸家の宮川香山(明治29年任命)や板谷波山(昭和9年任命)、彫金家の海野 勝珉(明治29年任命)などがいます。いずれも当時の日本美術界を率いるトップです。

これらの帝室技芸員は皇室の下命によって皇室や各宮家への献上品を制作したり、万国博覧会や内国勧業博覧会など非常に、レベルの高い展覧会に作品を出品したりしています。とくに万国博覧会に出展した帝室技芸員の作品はヨーロッパの美術界に大きな衝撃を与え、ジャポニスムブームが巻き起こるきっかけを作りました。

美術品を通して日本という国をアピールすることも重要な仕事

帝室技芸員として選ばれた美術家たちは、日本の美術の力量を海外にアピールするための絶好のツールになりました。こういった品を制作するのも、帝室技芸員の重要な役割だったのです。

ちなみに帝室技芸員の作品には装飾性を前面に出した作品と、古式にのっとった作品の2種類があるといわれます。とくに意識して使い分けたわけではないでしょうが、一般的に海外の展覧会へ出品するものは技巧を凝らして装飾性を強く表現したものがおおく、皇室や各宮家におさめたものは装飾性よりも精神性を押し出したものが主だといわれます。

海外に向けては、美術作品を通じて日本という国を理解してもらいたいという意向があり、国内では日本人に好まれるシンプルで無駄のない作品を作りたいという意識が、帝室技芸員の中にあったからでしょう。

帝室技芸員の作品は、今でも高価売買の対象

帝室技芸員の制度が戦後に廃止されてしまったため、現在は「帝室技芸員による作品です」といっても、その価値がストレートに伝わりにくい状況です。

しかし皇室と宮内庁が厳選した美術家たちですから、いずれも明治・大正・昭和初期の日本を代表する画家や工芸家です。どの作品も非常にクオリティが高く、美術史においても重要な作品が数多くあります。

また戦前から引き続き人気のある画家や工芸家が多いため、国内外の評価が下がらず、市場での価値も高いままなのです。

帝室技芸員の作品は現在の骨董市場において、驚くほどの高値で売買されています。

共箱や作品が掲載されている図録、直筆の手紙なども一緒に鑑定

帝室技芸員の作品は、作品に銘や花押が入っていると高額な買取金額になりやすく、作家の直筆の手紙やハガキなどが一緒に残っていたり、作品が掲載されている展覧会の図録などがあったりすると、さらに高値になります。

お手元に共箱や書類、図録などがあれば、一緒に鑑定に出されるといいでしょう。

帝室技芸員リスト

鑑定・買取方法のご案内

帝室技芸員作品の出張買取いたします。

無料出張買取いたします。

受付の手順

*成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 大岡山店
買取福助 大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階

Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリー
ダイヤル