岸光景 | 帝室技芸員作品の買取・鑑定なら創業62年の実績【福助】へ

岸光景

岸光景:日本の美術工芸の振興に尽力したモダンな工芸デザイナー

岸光景(きしこうけい)は明治期に活躍した図案家です。

父親の岸雪も図案家であったことから、幼少期より図案(デザイン)の基本を学びました。とくに土佐派、琳派(りんぱ)の影響を大きく受け、近代的なデザインを意識するようになります。やがて内務省や大蔵省の製図掛となり、図案の改良にあたって大きな成果を上げていきます。

主に工業作品のデザインを得意とし、石川県や京都など、漆芸陶芸が盛んな土地へ出向いては、図案の指導に当たりました。また1898年(明治31年)に讃岐漆器(香川漆器ともいう)の技術伝承を目的として作られた 香川県工芸学校(現在の香川県立高松工芸高等学校)の設立にも力を尽くし、国内の美術工芸の振興につとめました。それらの功績を高く評価されて、1906年(明治39年)に帝室技芸員に任命されました。

岸光景の作風は古典ながらも明治期らしいモダンさを感じさせるものが多いです。現在では、岸光景よりも弟子にあたる神坂雪佳のほうが有名ですが、岸光景の斬新性を重んじる作風が雪佳のなかに脈々と息づいているといってもいいでしょう。図案家としては初めて帝室技芸員に任命され、工業デザイナーのさきがけともなった作家で、現在でもその業績は高く評価されています。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 大岡山店
買取福助 大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階

Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリー
ダイヤル