鉄瓶買取なら東京の福助へ

鉄瓶

鉄瓶買取なら東京の買取福助へ
使っていない京鉄瓶・南部鉄瓶はございませんか?
亀文堂・龍文堂などの象嵌鉄瓶はとくに買取強化中しております。
東京都内城南六区、港区・大田区・品川区・目黒区・世田谷区・渋谷区は無料出張査定にも対応

鉄瓶買取価格相場

龍文堂造 替蓋付饕餮文 鉄瓶

買取価格200,000
店頭買取東京都世田谷区
「龍文堂(りゅうぶんどう)」は、京都で作られたブランド鉄瓶です。江戸末期から昭和33年ごろまで8代も続いた老舗で、京都における鉄瓶鋳造は龍文堂から始まった、とも言われています。

「鉄瓶(てつびん)」と聞くと、多くの人が岩手県の「南部鉄器(なんぶてっき」を思い浮かべるのですが、実は京都を含む京阪神も鉄瓶の生産が盛んでした。

ほかの地域の鉄瓶と区別するために「京鉄瓶」と呼ばれることもあります。

「龍文堂」は、江戸末期に初代である四方龍文(しかた りゅうぶん)が、蝋型を使った鉄瓶鋳造を考案したことが始まりです。

蝋型を使った鋳造は、非常に細部にまでこった細工ができるため、龍文堂の鉄瓶は特に目の肥えた数寄者(すきしゃ)が愛用しました。

2代目以降は正式に「龍文堂」を名乗るようになり、とくに明治から大正時代にかけて龍文堂は高級鉄瓶として名をはせ著名な職人も多数輩出。

龍文堂のような京阪神の鉄瓶は、特徴として底に「鳴金(なりがね)」という薄い鉄片を貼ってあることが多く、火にかけると音が鳴るようになっています。

この音がまるで風の音のようだ、ということで、茶席などで非常に愛好されました。

そもそも鉄瓶は、茶道でお湯を沸かすために使用される「茶の湯釜」に、取っ手と注ぎ口を付けたものが原型だと言われています。

そのため現在でも「盆手前(ぼんでまえ)」など、簡略な茶道のお手前で使用されることもあります。

亀文堂造 金象嵌入鉄瓶

買取価格280,000
出張買取東京都港区
「亀文堂」は、幕末のころに初代亀文堂・波多野正平が始めた鋳造製品工房です。

初代亀文は京都鉄瓶の名門・龍文堂で蝋型鋳造の技術を学んだあと、近江・能登川の風景を好んで移り住み、鉄瓶や花瓶、置物などを中心とした鋳造製品の制作に従事したと言われています。

初代亀文堂・波多野正平は、江戸後期の勤王家・頼山陽(らいさんよう)の教えを受けたこともあり、勤皇の志士と交友があったことから、幽閉された経歴を持つという豪放磊落な職人だったようです。

いっぽうで鋳造技術に秀でて、風雅な美的センスもある作品を多く残しており、現在でも近江の湖東地方を中心として「日本亀文」の銘がある鉄瓶が多数残っています。

もちろん鉄瓶に限らず、初代亀文の作った茶釜や火鉢、花瓶などが美術品として高く評価されています。

初代亀文が明治25年(1892年)に亡くなった後は、3代目まで鉄瓶を中心とした高級蝋型銅器などを制作。昭和初期には工場を持ち、大小さまざまな鉄器・銅器を作っていました。

こうして亀文堂の名は広く知られるようになり、現在も古美術市場で見かける「亀文堂」の作品には、3代目のころに制作されたものが多くあると言われます。

その後、昭和20年代に4代めが亀文堂の跡を継ぎましたが、時代の流れから高級鉄瓶の需要がなくなり、そのまま亀文の歴史も終焉を迎えました。

今回のお品物は、亀文堂の「金象嵌入鉄瓶(きんぞうがんいり てつびん)」です。

象嵌(ぞうがん)とは、木板や象牙、金属などの素材の上にタガネなどで刻み目を入れて、そこに異素材を埋め込んで模様や絵柄を作る技法です。象嵌は細かい部分にまで神経を行き渡らせる繊細な細工が可能になりますが、非常に高度な技術が必要な技法でもあります。

こちらのお品のように鉄瓶に金を埋め込み、細かい風景を描き上げるには熟練の職人がいなければ難しいでしょう。

仕上がりの美しさもあり美術品としても高く評価できるお品で、亀文堂の誇った技術力を強く感じとれます。

光玉堂造 芝了善寺 旧蔵品 斑朱銅蓋 鉄瓶

買取価格40,000
出張買取東京都品川区
一般的に、京都など関西で作られる鉄瓶は蓋が銅製のものが多く、こちらの鉄瓶も蓋が銅製で、しかも「朱銅(しゅどう)」のため、朱色の斑紋が浮き上がっています。

「朱銅(しゅどう)」とは、胴に技法を施して色を付ける技法のひとつ。

なかでも「朱銅」は、幕末・明治初期のころに佐渡の鋳金家 (ちゅうきんか)である本間琢斎(ほんまたくさい)が始めたと言われる技法。銅器を松炭で熱してから研磨し、胆礬酢(たんばんす)に浸したあとに鉄漿 (てっしょう) を塗ることで赤い「朱銅」が斑紋になってあらわれます。

銅器に着色する技術は技法と薬品の組みあ合わせから数十種類以上あり、じつに多彩な色合いの銅器が作れます。

なかでも「朱銅」は上品な外見に仕上がるため、主に香炉や花器などの銅製品にほどこされる技法。

こちらの鉄瓶は、現在も東京都港区、芝にある真宗大谷派寺院の「了善寺(りょうぜんじ)」の旧蔵品と伝えられるものです。

鉄瓶はどっしりした形に細かい細工をほどこしたみごとなもの。
持ち手の柔らかな曲線や手になじむ太さなど、目で見ても手でふれても美しいお品です。

金龍堂造 銀象嵌 鉄瓶

買取価格45,000
出張買取東京都大田区
佐伯米子(さえきよねこ)は大正~昭和にかけて活躍した女流洋画家です。

佐伯米子自身の業績に加えて、日本を代表する洋画家・佐伯祐三(さえきゆうぞう)の夫人だったことでも有名です。

夫の佐伯祐三とは、大正10年に結婚。当時、佐伯祐三はまだ学生(東京美術学校)の身でした。翌年には長女が生まれ、大正12年に夫の祐三が美術学校を卒業するのを待って、夫妻は長女を連れてヨーロッパに向かいました。

パリでフォービズムの巨匠ヴラマンクに夫婦で師事し、米子自身は大正14年のサロン・ドートンヌに「アルルの跳ね橋」を出品、入選。

三岸節子らと女流画家協会を創立、また二紀会理事として女流画家の育成につとめました。

買取福助では、油彩画だけでなく、様々な絵画作品をお買い取りしておりますので、作者の分からない絵の鑑定や販売価格の査定など、お困りごとがございましたら気軽にお問い合わせください。

こんな
お悩みございませんか?

  • 作家物の古い南部鉄瓶を売りたい
  • 作者の名前が入った桐箱入りの鉄瓶を鑑定してほしい
  • 龍文堂・亀文堂の銘がある象嵌鉄瓶を高く買い取ってほしい
  • 遺品整理で相続した古い鉄瓶の買取相場を知りたい

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

査定額の高い鉄瓶の種類について

金象嵌入り鉄瓶

鉄瓶は、茶道でお湯を沸かすために鉄で作られたヤカンのことです。鉄瓶はもともと茶道具の茶釜だったと言われており、鉄瓶でお湯を沸かすと味がまろやかになると、茶道の世界では重く用いられています。

古い鉄瓶は江戸時代に製作されており、もちろん手作りです。非常に精巧な細工がほどこされ、美術品としての価値が高いものもあります。骨董品市場での人気もあり、常に一定の需要があります。
ここでは、主な鉄瓶の種類4つをまとめました。いずれも価値の高い骨董品です。

関西エリアの高価な鉄瓶「京鉄瓶」

京鉄瓶とは、京都など関西で作られていた鉄瓶です。
日本における鉄瓶には、大きく分けて東北の南部鉄器と京都などで作られていた京鉄瓶の二種類があります。南部鉄器は日常で使う鉄瓶で、京鉄瓶は茶道の簡易なお点前としても使用される鉄瓶。

どちらも買取価格が非常に高くなりやすく、人気の骨董品です。とくに京鉄瓶は、茶道の世界では重要なお道具ですので、買取価格が高額になりやすい骨董品です。

京鉄瓶の特徴は、蓋が銅製であること。つまみが梅の花の形をしており、釜底には鳴り金という金属片が付いています。鳴り金とは、京鉄瓶の底についている鉄片のこと。鳴り金が付いていると、鉄瓶で湯を沸かした時に、とてもきれいな音を立てます。

美術性の非常に高い鉄瓶「作家物鉄瓶」

金龍堂象嵌入り鉄瓶
作家物鉄瓶とは、作家がデザイン・製作している鉄瓶です。鉄瓶を専門で作っている作家もおり、デザインや形状、誰が制作したのかということによって、市場での評価額が大きく変わります。

新作が多いため、骨董品と言うよりもアート作品として評価されているものも多く、作品によっては数百万円の価格が付くものもあります。箱や由来などがわかる付属品が付いていると、査定額がより高額になります。

作家物鉄瓶はバラエティに富んでいるので、コレクターにも人気があります。素材として金瓶・銀瓶もあり、とても華やか。また、保管状態によって査定価格が上下する傾向がありますから、長期保管には注意が必要です。

象嵌鉄瓶が人気の高い「龍文堂・亀文堂」

龍文堂・亀文堂とは、京都や関西エリアで生まれた鉄瓶屋です。
龍文堂は、江戸末期から昭和33年ごろまで、さまざまな鉄瓶を制作していました。とくに明治から大正にかけては高品質の鉄瓶を数多く制作され、一躍有名になりました。非常に重厚な風合いの鉄瓶が特徴で、華麗な装飾がコレクターの心をひきつけます。

亀文堂も江戸時代がスタートという歴史の古い鉄瓶屋です。初代は、龍文堂の二代目について修行したのち、近江の能登川で鉄瓶を作っていました。こちらの鉄瓶はごく繊細な浮き彫り模様が特徴で、鉄瓶の胴や、つまみ部分に華麗な金銀象嵌がほどこしてあります。

どちらも、現代の写し物が制作されるほどの人気の鉄瓶。写しの新品であっても、販売額は20万円になるなど、かなり高額です。オリジナルは、もちろん買取金額が非常に高価です。

鉄瓶コレクターが見逃さない名器「南部鉄瓶」

最後は、茶道具でない鉄瓶のご紹介です。鉄瓶は昔から東北地方でよく作られており、丁寧に手作りされた南部鉄瓶は、南部鉄器の中でも高く評価されています。時間とともに形状や肌合いが落ち着き、わび・さび・幽玄の心が感じられる骨董品です。

南部鉄瓶の特徴は、蓋も鉄製、つまみも蓋と一体になった鉄製であること。肌は黒いものが多く、使い込むほどに独特の風合いが生まれ、その価値が高まっていきます。鉄瓶の中でもとりわけ人気が高く、高い査定額が付きやすいお品です。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、鉄瓶を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
鉄瓶の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。
思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

査定の流れ ~経験豊富な鑑定士が無料でお見積り~

3STEPでカンタン!

1

査定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

店舗情報・地図

東急目黒線・大井町線

大岡山駅徒歩1分

営業時間
11:00~18:00

クリックして今すぐお電話ください

0120-777-064

店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布駅から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山駅から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川駅から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘駅から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分
詳しい地図・駅からの道順

出張買取対応地域

出張買取可能地域
  • 都心エリア
    • 千代田区
    • 中央区
    • 港区
    • 新宿区
    • 渋谷区
  • 城北エリア
    • 文京区
    • 豊島区
  • 城南エリア
    • 品川区
    • 目黒区
    • 大田区
    • 世田谷区
  • 城西エリア
    • 中野区
    • 杉並区

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

  • 成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

安心してお取引いただくための5つのこだわり

1入りやすいお店作り
入りやすいお店作り
お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
2査定・売却時の手数料無料
手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足いただけることを目指しています。
3査定だけでもOK
査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物を売るかどうか迷っているお客様も多いと思います。 福助は査定だけでも大歓迎。無理に引き止めたりは致しません。
4お取引毎に明細書を発行
お取引毎に明細書を発行
取引内容をお客様に確認していただけるよう、買取価格が記載された取引明細書をお渡ししています。
5即日、現金でお支払い
即日、現金でお支払い
お見積額に納得いただければ、即日現金にてお支払い致します。 急な出費で現金が必要な方にもお手間を取らせません。

鉄瓶買取について

鉄瓶は、鋼鉄などを素材として鋳造された鉄器の一種です。鉄器には鉄瓶のほかに鍋ややかん、釜、文鎮や花瓶などがあり、総称して鉄器と呼ばれています。

鉄瓶や鉄製の急須でお湯を沸かすと微量の鉄分が溶け出し、鉄分補給ができるという説もあり、工芸品や美術品としてだけでなく、健康のために鉄瓶を好む人もいます。

鉄瓶は、アルミをプレスして鋳型を作り大量に生産する生型(なまがた)という方法、金型に製品の型を作りそれを乾燥させて固める金型、あるいは乾燥型という方法、粘土状の型に手作業で模様をつけ、それを素焼きしたものに鉄を流す焼型という方法のいずれかの製法で作られています。

一般的に、高級な鉄瓶は焼型で作られます。鉄瓶につけられた模様が複雑かつ繊細であればあるほど価格は高くなり、一つの型から一つしか製作できない鉄瓶はもっとも高価です。なお、金型(乾燥型)は山形鉄器にのみ見られる製法ですが、高級な鉄瓶はどの生産地であっても焼型で作られることがほとんどです。

日本製の鉄瓶は、特に南部鉄瓶が有名です。南部鉄器は、岩手県南部鉄器協同組合連合会に加盟している業者が製作している鉄器をさし、アラレという独特の模様が特徴。普段使いしやすく、また古美術品、骨董品でもポピュラーな存在です。

鉄瓶の処分や売却を検討している人の中には、鉄瓶の内部に付着した錆びが価値を下げるのではないかと心配する人もいます。鉄瓶内部の錆びは赤い色をしていることが多く、湯垢がついていない状態、つまり使っていない鉄瓶によくつきやすいという特徴があります。

これは一度お湯を沸かし、沸騰させたお湯で錆びを浮かせることでかんたんに取れる可能性があります。タワシなどでこすって落とそうとすると鉄瓶を傷つけてしまうおそれがあるので、避けましょう。

普段使いしている鉄瓶の場合は、お湯を沸かした後、しっかりとか沸かしてから収納することで錆びはつきにくくなります。

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up