亀文堂鉄瓶の買取価格相場

亀文堂鉄瓶の買取

亀文堂鉄瓶の買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な亀文堂鉄瓶の価値を査定いたします。

亀文堂はかつて滋賀県の湖東地方で鉄瓶を作っていた有名工房です。幕末から昭和初期にかけて鉄瓶の本体に浮彫模様のある作品を多数製造・販売し大変な人気がありました。浮彫模様は自然をモチーフにした山水画のような美しい絵柄。さらに鉄瓶のつまみや浮彫部分に銀象嵌をほどこして、華麗な鉄瓶を作り上げました。最近では日本だけでなく中国・台湾の骨董ファンのあいだでも人気が高まり、評価が上がっている古美術品です。
福助では様々な亀文堂鉄瓶の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

亀文堂鉄瓶の買取相場

品名買取相場
亀文堂 初代 波多野正平 鉄瓶 600,000~1,500,000円
亀文堂 日本梅泉造 銀象嵌丸形鉄瓶 220,000~400,000円
亀文堂 淡海秀光作 銀製象嵌丸形鉄瓶 150,000~250,000円
亀文堂 家戊款 鉄瓶 90,000~200,000円
亀文堂 拙家底款 鉄瓶 45,000~130,000円
亀文堂 早期造 銀象嵌 鉄瓶 200,000~360,000円
亀文堂 観水堂造 霊芝銀象嵌 蘭蟹花虫図 鉄瓶 150,000~250,000円
亀文堂 湖巖堂 底款 銀象嵌提手 山水図鉄瓶 140,000~240,000円

亀文堂鉄瓶の買取実績

商品名 買取価格

亀文堂鉄瓶の買取

亀文堂造 金象嵌入鉄瓶

280,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の亀文堂鉄瓶を処分したい
  • 所有している亀文堂の鉄瓶が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた亀文堂鉄瓶の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた象嵌入りの亀文堂鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
亀文堂鉄瓶買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

亀文堂鉄瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

亀文堂鉄瓶を高く売る方法は、買取実績が豊富で、鉄瓶の価値がわかる買取店に売却しましょう。

亀文堂鉄瓶の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

亀文堂の鉄瓶は、その美しさから美術品としての価値と、人気の高い煎茶道具や龍文堂と並ぶ骨董品価値で、高値で取引されることがあります。
精巧な偽物が多い亀文堂鉄瓶の鑑定は、難しいと言われています。鉄瓶の買取経験が乏しい鑑定士に依頼してしまうと、偽物であることを危惧し、査定額を低く提示されることがあります。
高く売却したい際は、亀文堂鉄瓶の買取実績が豊富な目利きの鑑定士に依頼しましょう。

作者の署名・落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

他の高価な骨董品と同じように、高級鉄瓶の亀文堂鉄瓶も、偽物が多く存在しています。偽物の見分け方として、胴や底面にある「日本亀文」などの銘を確認する方法があります。
亀文堂鉄瓶を高めに売却処分したい場合は、鉄瓶だけでなく、付属品と言われている共箱や資料などを、まとめて一緒に出すことです。
付属品を出すことにより、真贋判定などに役立ち、付加価値がプラスされます。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

亀文堂鉄瓶は、売却する買取店により、査定価格が大きく違います。
人気職人(作家)の亀文堂鉄瓶は、高価買取になるケースが高いですが、鉄瓶の買取実績が低く、真贋を目利きできない買取店だった場合、低く見積もりされます。
少しでも損をせず、鉄瓶を高く売却したい場合は、骨董品や鉄瓶を買取している複数のお店から、見積もりをとり、買取価格を比較しましょう。

亀文堂鉄瓶の買取業者の選び方

亀文堂鉄瓶の信頼できる買取業者は、出張買取無料鑑定煎茶道具や鉄瓶を多く買取している業者です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

亀文堂鉄瓶の買取依頼するなら、鉄瓶の価値に見合った査定価格を提示してくれる買取店を選びましょう。鉄瓶や煎茶道具などの買取実績が高く、無料鑑定や無料査定を実施している買取店などが良いでしょう。
買取実績が高い買取店は、有力な転売先があるため、査定料などを取る必要がありません。出張買取の場合は、出張料などがかかる場合があります。事前に、費用が発生しないか確認しておきましょう。

亀文堂鉄瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

高価買取をねらうなら、亀文堂鉄瓶の買取実績が多い業者に依頼することです。高級鉄瓶の亀文堂鉄瓶は、骨董品と美術品としての価値が高く、非常に人気が高いため、精巧な偽物が多いのも事実です。
そのため、鉄瓶の買取経験が豊富な鑑定士に、依頼することが大事になります。亀文堂鉄瓶の買取数が多い買取業者なら、目利きの鑑定士が在籍していることになり、買取相場に見合った査定額を提示してくれます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

亀文堂鉄瓶の買取について

亀文堂鉄瓶の買取

「亀文堂(きぶんどう)」は、江戸時代の後期にルーツを持つ鉄瓶の有名工房。鉄瓶には大きく分けて、東北・岩手県で作られている南部鉄瓶と京都や滋賀県で作られている京鉄瓶の2系統があります。亀文堂の初代は京鉄瓶で有名な京都「龍文堂」で修行をしてから滋賀県の近江地方で手工房を開いたという、いわば正統派の京鉄瓶工房でした。華麗な装飾が特徴の京鉄瓶のなかでも、亀文堂は「蝋型鋳金(ろうがたちゅうきん)」の技法を用いたことが大きな特徴です。蝋型鋳金は松脂・みつろうなどを混ぜた蝋で型を作り、型に金属を流し込んで製品を作ります。原型となる蝋は柔らかいため、ごくこまかい細工をすることが可能。繊細で美しい浮彫模様が作れる技法なのです。山水画のような美しい浮彫装飾をほどこした亀文堂の鉄瓶は、昭和初期にかけて高級鉄瓶としてたいへん人気がありました。しかし生活様式の変化とともに鉄瓶の需要は次第に減少。亀文堂は昭和20年代に工房をしめてしまいました。繊細で華麗な装飾をした亀文堂の鉄瓶は今も人気があり、文人好みの逸品。熱心なファンがとても多く、破損があったりサビが浮いていたりする状態でも買取の対象になります。

高価買取中の鉄瓶

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定