ブリキのおもちゃ 市村商店 自転車をこぐ少女

市村商店 自転車をこぐ少女
品目 ブリキのおもちゃ
価格 13,000円
買取方法 店頭買取
買取地域 東京都港区
作者・ブランド 市村商店
状態 紙箱付き

「市村商店 自転車をこぐ少女」をお買取りいたしました。

日本におけるブリキのおもちゃの歴史はとても古いものです。
最初は明治5~6年ごろ、まず西洋からブリキのおもちゃが輸入されて、日本に初めてブリキ玩具が登場しました。

とくにゼンマイ仕掛けで動くブリキのおもちゃは、子供のみならず大人にも人気があったと言われています。
その後、大正時代・昭和初期とブリキのおもちゃはたくさん製造されましたが、第二次世界大戦によって、いったんおもちゃの歴史は中断します。

そして戦後、ブリキでできたジープのおもちゃなどが製造されて、人気となります。当時は、ジープやセダンなど車のおもちゃを中心として、ゼンマイやゴム動力で動くものが最先端でした。

昭和30年代には、ブリキのおもちゃの動きが高度になり、価格帯も高級化。このころにはプラスチックを素材としたおもちゃも次第にみられるようになりました。
とはいえ、ブリキのおもちゃ人気は依然として高く、プラスチック玩具への本格的な移行は昭和40年代に入ってからの事です。

今回のお品物は、戦後の日本を代表する玩具メーカー「市村商店」のものです。
戦後すぐから昭和30年代にかけては、日本のブリキ玩具は主に輸出のために作られていました。

アメリカ本土などでもおもちゃの数が不足していたため、日本にあった占領軍が日本へ食料を供給する代わりに、おもちゃの輸出を要求してきたことが始まりです。

当時の日本のブリキ玩具は職人の手による高品質なもので、世界中で売れました。そのため今なお各国にコレクターが多く存在し、高額で取引がされています。

今回のお品物は、自転車に乗る少女と犬が動くというユニークな可動式のおもちゃです。
全部がブリキ製ではなく、少女の顔など一部がプラスチック素材になっており、保存状態が非常に良好。
箱もきれいに残っており、高額でお買取りができる条件がそろっています。

ブリキのおもちゃ買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up