ブリキのおもちゃ買取 | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

ブリキのおもちゃ買取

古いおもちゃの買取について

古いおもちゃといってもそのジャンルは多岐に渡ります。おもちゃにはコレクターがいるのも特徴のひとつで、コレクションするために高価で取引がされるのです。

怪獣のソフビ人形や、フィギュア、ミニカー、ブリキ、超合金、ラジコン、プラモデル、キン消しなどの消しゴム人形まで高価買取が期待できる商品です。ビックリマンシールなども買取対象になります。コレクターが多くいる分、買取の幅も果てしなく広がり、思っている以上に高価買取が叶うジャンルです。

昭和の古いおもちゃなどは、汚れていたり、多少破損があっても高く買取られるケースもあります。フィギュアやプラモデルなどは、外箱ありは必須、未使用、未開封と言ったように、新品に近い状態のもおほど高価買取の対象となります。

高価買取対象のおもちゃとは?

国内・海外関係なく、懐かしのブリキのおもちゃ、ソフビ人形は人気が高い買取商品です。

子供の頃、遊んだままでおもちゃ箱にしまったままのレトロなブリキのおもちゃなどはありませんか? コレクターのいるキャラクターと言えば、アトム、キョロちゃん、ケロヨン、鉄人28号、サトちゃん、リカちゃん人形、バービー人形、ウルトラマンや仮面ライダーなどが定番ですが、マイナーなものも実は高価買取の対象になっています。

地域限定、期間限定など限定ものは昔も今も人気がありますよね。
また、天賞堂・メルクリンなどの鉄道模型も高価買取出来ます。

主なおもちゃメーカー

ビリケン商会、ヨネザワ、ト―プレ、バンダイ、イチダ、ダイトー、あんそにい、ヨシヤ(吉屋)、野村トーイ、ASC、ワコー、ATD、アオシン、タカラ、アルプス、タダ、カナメ産業、タイヨー、タカトク、ツクダ、マルサン、モダントイズ、ラインマー、桑原製作所、寺井商店、日光玩具、光球商会、松代玩具、三浦トーイ、マルサン、マーミット、ブルマァク、エクスプラス、CCP、ウエストケンジ、ファイブスタートイ、ポピー、中嶋製作所、浪漫堂、コトブキヤなど

箱があれば買取額アップ!

箱があるだけで買取価格はアップします。鉄道模型やプラモデルなどは、劣化していたり黄ばんでいる箱であっても、箱あり! の方が高く買取されるので、一式持ち込むようにしましょう。

フィギュアなどは新品・未開封が高価買取の第一条件ですが、開封されていても高く買取される貴重な品物もあります。また、シリアルNo.などの付いた限定品も高価買取の対象です。今では製造されていない、というのも価値の上がる要素の1つです。特に、絶版、廃盤メーカーのおもちゃは、高価買取が期待できます。

ブリキやゼンマイ式おもちゃの「ヨネザワ」、超合金の「クローバー」「ポピニカ」、ソフビの「ブルマァク」などは、なかなか取引に登場しないメーカーなので、お手元にある! という方は、一度査定に出すことをおすすめします。

買取できる古いおもちゃの種類

昭和の時代のブリキのおもちゃ、ソフビ人形、ミニカー、プラモデル、リカちゃん人形、超合金などなど、昔のおもちゃの買取をします。現在古いおもちゃが高価買取されている理由のひとつとして、昭和のレトロブームがあげられます。

レトロ玩具メーカーの「野村トーイ」もそのひとつで、1990年代になくなってしまった、幻のメーカーなどと呼ばれています。乗り物や昭和の人気キャラクターなどのおもちゃを扱っていました。アメリカの玩具メーカー、ハズブロに買収されたのですが、「野村トーイ」の名前が残る古いおもちゃは非常に価値がある商品として取引されています。

コレクターがたくさん存在する古いおもちゃは、完全に売り手市場と言えます。もし、お手元に使わないけど古いおもちゃがたくさんある、処分に困っているという場合には、まずは査定にお出しください。気づかない所で高価なものになっているというケースもたくさんあります。古いおもちゃの売却なら、お気軽に買取福助にご相談ください。

■ブリキとは?

ブリキとは、銅板に錫(すず)をメッキしたものです。今では製品化されているブリキのおもちゃは珍しいですが、戦後は日本のメーカーが多数台頭し、重要な輸出品となりました。ブリキの板をロボットや自動車、電車、船舶、航空機のように加工したものは「ブリキのおもちゃ」と呼ばれ、熱狂的なコレクターが多く存在し、今尚高額で取引がされているおもちゃが多数存在します。

1950年代~1960年代(昭和20~30年代)に全盛期を迎え、戦後の復興において日本製のブリキ玩具は「オキュパイド・ジャパン」の刻印で知られ、外貨取得に大きく貢献をしました。有名なところで、アサヒ玩具、バンダイ、イチコー、増田コーポレーションがあります。

長きに渡り、ブリキのおもちゃは玩具の第一線に位置していましたが、時代の流れや人件費の高騰、代替となるコストの安いプラスチックなどの台頭により徐々に市場から姿を消していきました。少数ではあります、今でも高品質なブリキのおもちゃを製造するメーカーは存在し、その伝統を継承しています。

今尚多くの人々に愛されるブリキのおもちゃとは、高度成長期を支えた当時の輝かしい時代の象徴なのかもしれません。

■ソフビとは?

ソフビとはソフトビニールの略で、おもちゃの場合はソフトビニールでできた人形を呼ぶ総称となっています。遡ること人形の素材にセルロイドが使用されていた時代では、可燃性が高いことからアメリカへの輸出ができませんでした。

その後、塩化ビニルが採用されるようになってから、今日に知られるソフビとして大きく世の中に普及をしました。柔らかくて、それでいて耐久性があるため、当時の古いソフビが良い状態で保管されていることがあります。

ブリキのおもちゃと同様に多数のコレクターが存在するため、高額で取引がされていることも珍しくありません。マルサン、ブルマァク、バンダイ、タカトク、マスダヤ、などが今尚高い人気を誇ります。

« 1 2

2 / 2 ページ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階
電話:03-6263-0789
 
買取福助 大岡山店
買取福助大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735

Scroll Up