大礼服の買取価格相場

旧帝国陸軍軍服 大礼服(偕行社製)

大礼服買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な大礼服の価値を査定いたします。

福助では様々な大礼服の高価買取・査定が可能です。
価値の分からない美術品の査定や、処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

大礼服の買取相場

品名買取相場
大礼服 陸軍大将 80,000~230,000円
大礼服 一式 勅任官 30,000~120,000円
大礼服 宮内官 任官 25,000~90,000円
大礼服 上下 陸軍少将 70,000~120,000円
大礼服 日本海軍 大佐 40,000~100,000円
大礼服 奏任文官 一式 25,000~50,000円
大礼服 将官飾緒 金モール  25,000~30,000円
大礼服 用 日本海軍 将官 剣帯 20,000~30,000円

大礼服の買取実績

商品名 買取価格

軍服 海軍大礼服 買取価格 10,000円

軍服 海軍大礼服

10,000円

帝国陸軍軍服 少将用大礼服上下

帝国陸軍軍服 少将用大礼服上下

120,000円

軍服 旧日本軍 陸軍中佐大礼服用正帽(ケース付)

旧日本軍軍服 陸軍中佐大礼服用正帽(ケース付)

14,000円

旧帝国陸軍軍服 大礼服(偕行社製)

旧帝国陸軍軍服 大礼服(偕行社製)

12,000円

旧帝国陸軍軍服 中佐用大礼服一式 (上衣・袴・軍帽・肩章・刀緒・飾帯)

旧帝国陸軍軍服 中佐用大礼服一式 (上衣・袴・軍帽・肩章・刀緒・飾帯)

50,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

大礼服はもちろん、大礼帽など帽子も査定可能!

大礼服(たいれいふく)は、明治時代の礼装です。明治5年11月5日の「大礼服制」によって定められた服装で、明治・大正時代を経て昭和20年の第二次世界大戦の終結まで日本で日本の陸軍、海軍、宮内官の式典用礼装として使用されていました。レプリカが出回るほど今なお人気は高く、買取相場でも、数万円〜20万円以上の査定額となることも。大礼服はもともと、イギリスの高官が着用していた服装とほぼ同一の形です。イギリスでは胸元や袖口に金の刺繍で月桂樹と樫の葉をあしらっていますが、日本では桐花葉と日陰蔓(ヒカゲノカズラ)の模様が使用されていました。華やかさと荘厳さを併せ持つ独特の佇まいが特徴です。明治〜大正時代、昭和にかけての大礼服を保管している、処分したいけれどバチが当たりそう、そんなお悩みをもつ方は、ぜひ福助にご相談ください。破れているもの、状態の良くないものでもお買取いたします。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の大礼服を処分したい
  • 所有している大礼服が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 昔、集めていた大礼服の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた大礼服を、まとめて売りたい
  • 押し入れから見つかった曽祖父の大礼服を買い取ってほしい

ご安心ください!
大礼服買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

大礼服を高く売る方法|買取のポイントは?

明治から終戦まで使用されていた宮廷服「大礼服」を高額査定してもらうためのポイントを解説します。

  • 大礼服の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    大礼服は、明治以降における最大級の清掃で、男爵、華族だけでなく陸軍や華族も着用しました。
    時代によってさまざまな制定がされ、また種類も多いので真贋の見極めや価値査定には専門家の鑑定眼が必要になります。
    手放す際は大礼服の買取経験がある専門の買取業者に依頼しましょう。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    大礼服は人気の高いアイテムで、偽物やコスプレ用に作られた現代の品物も出回っています。そのため、明治〜昭和にかけて実際に着用されていた大礼服と見極めるためには付属品も重要な手がかりになります。
    勲章や手紙、身分証など大礼服にまつわるものは、すべて一緒にそろえて査定依頼をすることをおすすめします。

  • 相見積もりを取って査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    大礼服の買取は得意な買取店とそうではない店舗があり、査定額もそれに応じて変動します。同じ大礼服であっても買取業者の数だけ査定額が変わってくる可能性が高いので、相見積もりを取って比較すると安心です。
    見積もり依頼は、買取店の問い合わせフォームや電話、メール、LINEから気軽に行えます。23区内にも多くの買取店があるので、いくつかの買取業者に連絡してみましょう。

大礼服の買取業者の選び方

大礼服買取業者を選ぶポイントは、「無料査定」と「買取実績」です。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    大礼服買取業者の多くは無料査定を実施していますが、なかには悪質な業者もいます。
    後から鑑定料や査定の手数料と称して高額な経費を請求されることがないよう、事前に査定料について確認しておくようにしてください。
    問い合わせの時に査定の流れや必要な経費について質問し、不明点がないようにしておくと安心です。

  • 大礼服の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    大礼服やアンティーク、古美術品を多く買取している買取業者を探しましょう。多くの買取実績を誇る買取業者は、それだけコレクターの信頼も厚く販路を抱えている可能性があります。
    リスクヘッジをする必要がないので、高額で買い取ってくれるかもしれません。買取実績は、買取店サイトやブログ、SNSから検索することができます。口コミサイトなども活用してみてください。

大礼服買取で福助が選ばれる4つの理由

他社との比較で買取福助がお客様に選ばれる4つの理由

  • 1安心のお取引

    買取価格を透明に
    買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。 お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。
    分かりやすい明細で安心
    後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。
  • 2満足いただける高価買取の仕組みがある

    手数料は無料
    査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
    買取価格日本一に挑戦
    当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。
  • 3お客様目線での対応・お店づくり

    査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。

    査定だけもOK、キャンセル料はいただきません
    思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
    ※クーリングオフ制度により8日以内、キャンセル可能(出張買取のみ)
    即現金化、スピーディーに対応します
    お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。
  • 4東京・大岡山駅徒歩1分、入りやすい駅チカ店舗

    東京・大岡山駅から徒歩1分
    入りやすい店舗づくり
    どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある買取店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。
    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便! ベビーカーや車いすでもアクセスしやすい1階バリアフリー店舗です。
    女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

大礼服について

旧帝国陸軍軍服 中佐用大礼服一式 (上衣・袴・軍帽・肩章・刀緒・飾帯)

「大礼服(たいれいふく)」は主に宮中で使用されていた礼装です。宮中での儀式や饗宴に列席する場合に着用されました。仕様はいわゆる宮廷服と呼ばれるエンパイア・スタイルで、陸軍、海軍だけでなく皇族や華族といった身分の人も着用する最上級の正装でした。1872年までは文官をはじめ、有爵者や宮内官は衣冠束帯を着て朝議に臨んでいましたが、それ以降は洋風の大礼服に変更。1986年には文官用の大礼服ができました。文官は「勅任」「奏任」の2種類に分けられ、大礼服も厳正な規定のもとで細分化。帽子・上衣・下衣・帯剣などは別に決められました。また大礼服には飾章、襟章、肩章、袖章、剣帯、剣緒、飾緒などが付属。着用する人の官位や爵位によって飾章の色・種類が異なるため、一目で官位・爵位が分かるようになっていたのです。同時に軍人など武官にも大礼服と同じランクの正装ができ、陸軍部間の正装、海軍武官の正装が整いました。ちなみに女子の大礼服は1886年に決まり、マント・ド・クールという長い引き裾を持つドレスが今も残されています。なお、大礼服の規定は昭和22年に正式終了。現在は男性の礼装は燕尾服かモーニングコート、女性はローブ・デコルテ、ローブ・モンタント、白衿紋付と決まっています。なお、陸軍武官の場合は大礼服に相当する装いは正装と呼ばれていました。また、海軍武官の大礼服は、大礼服、正服、正装と時代によって呼称がさまざまに改められています。華族と違い、武官の大礼服(正装)は冠婚葬祭などに着用することも許されていました。