蒔絵・漆器買取なら東京の福助

漆器
蒔絵 漆器の高価買取なら、買取福助にお任せください。
創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、輪島塗、堆朱、沈金、螺鈿、彫漆、根来塗など鑑定歴20年以上、相場を熟知した専門の鑑定士が無料で査定いたします。
  • 蒔絵 漆器買取の専門業者『買取福助』は創業から64年、豊富な買取実績
  • 蒔絵 漆器の査定は無料、作家や価値のわからない作品も鑑定士が誠実査定
  • 選べる3つの買取方法、店舗での買取以外に出張・宅配での買取も可能
  • 東京都内(大田区・港区・品川区・目黒区・渋谷区・世田谷区)限定!無料出張

蒔絵 漆器買取実績・価格相場

  • 西勝廣作/昇竜文沈金盃
    作者西勝廣
    品名昇竜文沈金盃
    店頭買取東京都港区
    買取価格 5,000
  • 唐物螺鈿高卓
    品名唐物螺鈿高卓
    出張買取東京都目黒区
    買取価格 50,000
  • 稲忠漆芸堂謹製/輪島塗合鹿椀
    作者稲忠漆芸堂謹製
    品名輪島塗合鹿椀
    店頭買取東京都大田区
    買取価格 12,000

  • 金蒔絵松紋吸物椀
    買取価格
    2,000円

  • 輪島塗 漆芸一后謹製 屠蘇器
    買取価格
    20,000円

  • 梨地葵紋散蒔絵香炉
    買取価格
    80,000円

  • 軍配形蒔絵御硯箱
    買取価格
    40,000円

  • 稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀2客
    買取価格
    20,000円

  • 角好司作 輪島塗蟻の図盆
    買取価格
    23,000円

  • 蒔絵麒麟図印籠
    買取価格
    12,000円

  • 堆朱帯留
    買取価格
    10,000円
もっと見る

  • 輪島塗 蒔絵小箱
    買取価格
    15,000円

  • 輪島塗花器
    買取価格
    18,000円

  • 岡田雄志作 彫漆花器
    買取価格
    100,000円

  • 沈金蒔絵孔雀羽根図花器
    買取価格
    15,000円

  • 彫漆菓子器盆
    買取価格
    15,000円

  • 安村稔作 沈金蒔絵額
    買取価格
    50,000円

  • 御所車図蒔絵硯箱
    買取価格
    25,000円

  • 総梨地盛上蒔絵山水図小箪笥
    買取価格
    540,000円

  • 大西忠夫作 漆絵額
    買取価格
    130,000円

  • 秋草図蒔絵梨地硯箱
    買取価格
    120,000円

  • 秋草に雁図蒔絵梨地硯箱
    買取価格
    18,000円

  • 孝弘作 乾漆漆器鳥置物
    買取価格
    10,000円

  • 朝顔図蒔絵文箱
    買取価格
    100,000円

  • 桜井一良作 輪島塗花器
    買取価格
    13,000円

  • 平安堂漆器 仁清梅蒔絵手文庫
    買取価格
    5,000円

  • 渡辺無涯作 乾漆漆器花瓶
    買取価格
    120,000円

  • 加賀蒔絵文机・文箱セット
    買取価格
    1,200,000円

  • 総梨地盛り上げ蒔絵小箱
    買取価格
    220,000円

  • 漆塗りアンティークの櫛
    買取価格
    15,000円

  • 秋草図漆塗り盛上蒔絵文箱
    買取価格
    120,000円

  • 山田平安堂漆器の扇面五段重
    買取価格
    3,000円

  • 三井家伝来 象彦作・千両箱型蒔絵硯箱
    買取価格
    1,400,000円

  • 彫漆笹文漆塗手箱
    買取価格
    130,000円

買い取りできる蒔絵・漆器の種類

  • 蒔絵
  • 漆絵
  • 卵殻
  • 鎌倉彫
  • 彫漆
  • 螺鈿
  • 沈金
  • 平文
  • 蒟醤
  • 堆朱
  • 乾漆
  • 藍胎

漆器買取で鑑定士がチェックする3つの査定ポイント

漆器は全国の様々な場所で生産されています。種類も豊富ですが、買取の際に鑑定士がチェックするポイントは3つあります。

1産地をチェック!日本三大漆器が人気

全国各地で生産されている漆器ですが、人気が高いのは日本三大漆器と呼ばれる輪島塗・会津漆器・山中塗です。そのほか、飛騨春慶、琉球漆器、浄法寺塗、鎌倉彫、村上堆朱彫などもマニアに人気があります。

2天然・木製が基本!美術品としての価値が高く評価されています

天然木を使用した木製であること。さらに、天然漆を塗布していること。高価買取のキーワードは「天然」「木製」です。買取強化中の漆器には、印籠・菓子器・喰籠・硯箱・文箱・香合・重箱・膳・盆・椀・棗などがあります。茶道で使う棗などは、海外でも人気の高い品物です。

3希少性に付加価値!有名作家の漆器・蒔絵は高価買取

美術品として価値があると評価され、高値で買取されるのは、有名作家の作品です。最近では中国漆器も高価買取の対象になっています。特に堆朱存清など古い中国の漆器をお持ちであれば高額査定が期待できます。

漆器は、木や紙で作った土台に漆を何度も塗り重ねて作られた工芸品です。お椀やお盆など日常使いの食器から、重箱、手鏡、万年筆、根付などさまざまな作品が制作されています。越前漆器や輪島塗、秋田の川連漆器などは特に有名で、結婚祝に贈る夫婦茶碗もよく流通しています。

漆器は、ヨーロッパにおいて「ジャパニング」と呼ばれ愛用されただけでなく、漆の代わりにワニスなどを使った類似品が作られたといわれています。とはいえ、漆器とは日本独自の文化ではなく、中国でもおよそ紀元前7500年前から生活品、装飾品として漆器は作られていました。アジアの広域で見られる文化の一つです。

薄い板状の金・銀を定着させる平文(ひょうもん)あるいは平脱(へいだつ)や、漆器表面に彫った溝に金箔や銀箔を埋め込む沈金、夜光貝やアワビを貼る螺鈿などは、いずれも漆器を装飾するための伝統的な技法です。
そして、装飾として金や銀の金属粉を蒔く技法を蒔絵といいます。蒔絵師が金粉や銀粉を蒔いた後に漆を塗り被せ、乾燥してから磨いて隠された蒔絵層を出す技法である「研出蒔絵(とぎだしまきえ)」、金銀粉を蒔いてから漆で描いた文様の部分だけに摺り漆をして研磨する「平蒔絵(ひらまきえ)」など、蒔絵の技法にもさまざまな種類があります。
漆を盛り上げて浮き彫りのような文様を作る「高蒔絵(たかまきえ)」、研出蒔絵と高蒔絵の技術を併せた「肉合蒔絵(ししあいまきえ)」といった技法もあります。

大量生産の蒔絵は「スクリーン蒔絵」と称するシルクスクリーンを利用した技術によって作られますが、大量生産品においても金銀の粉を蒔く工程は職人の手によってなされます。ちなみに、国内に現存する最古の蒔絵資料は、研出蒔絵によってあらわされた正倉院の「金銀鈿荘唐太刀(きんぎんでんそうからたち)」の鞘「末金縷作(まっきんるさく)」であるといわれています。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、蒔絵 漆器を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
蒔絵 漆器の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

出張買取対応地域

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

蒔絵・漆器について

漆器は、木や紙で作った土台に漆を何度も塗り重ねて作られた工芸品です。お椀やお盆など日常使いの食器から、重箱、手鏡、万年筆、根付などさまざまな作品が制作されています。越前漆器や輪島塗、秋田の川連漆器などは特に有名で、結婚祝に贈る夫婦茶碗もよく流通しています。
漆器は、ヨーロッパにおいて「ジャパニング」と呼ばれ愛用されただけでなく、漆の代わりにワニスなどを使った類似品が作られたといわれています。とはいえ、漆器とは日本独自の文化ではなく、中国でもおよそ紀元前7500年前から生活品、装飾品として漆器は作られていました。アジアの広域で見られる文化の一つです。
薄い板状の金・銀を定着させる平文(ひょうもん)あるいは平脱(へいだつ)や、漆器表面に彫った溝に金箔や銀箔を埋め込む沈金、夜光貝やアワビを貼る螺鈿などは、いずれも漆器を装飾するための伝統的な技法です。
そして、装飾として金や銀の金属粉を蒔く技法を蒔絵といいます。蒔絵師が金粉や銀粉を蒔いた後に漆を塗り被せ、乾燥してから磨いて隠された蒔絵層を出す技法である「研出蒔絵(とぎだしまきえ)」、金銀粉を蒔いてから漆で描いた文様の部分だけに摺り漆をして研磨する「平蒔絵(ひらまきえ)」など、蒔絵の技法にもさまざまな種類があります。
漆を盛り上げて浮き彫りのような文様を作る「高蒔絵(たかまきえ)」、研出蒔絵と高蒔絵の技術を併せた「肉合蒔絵(ししあいまきえ)」といった技法もあります。
大量生産の蒔絵は「スクリーン蒔絵」と称するシルクスクリーンを利用した技術によって作られますが、大量生産品においても金銀の粉を蒔く工程は職人の手によってなされます。ちなみに、国内に現存する最古の蒔絵資料は、研出蒔絵によってあらわされた正倉院の「金銀鈿荘唐太刀(きんぎんでんそうからたち)」の鞘「末金縷作(まっきんるさく)」であるといわれています。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up