完全版「美術品を上手に売る方法3種類」を徹底比較♪メリット・デメリットをプロが解説

自宅にある美術品を上手に売る方法を知りたい!そう思ったら、まずは美術品買取の方法をしっかりと調べましょう。

美術品を売る方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、損をしないで売る方法というのは必ずあります。
一般的な売却方法としては「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3つがあります。

今回は美術品買取のプロから見て、美術品を上手に売る方法を徹底的に比較します。損をしない美術品を売る方法を、ぜひとも知っておきましょう!

美術品を売る方法「店頭買取」のメリット・デメリット

メリット:買取店の雰囲気を自分の目でチェック、納得してから売却

「店頭買取」とは、売りたい美術品を自分で買取店に持ち込む方法です。
「店頭買取」の最大のメリットは、買取店の雰囲気と対応を、自分の目でチェックできること。

評判のいい買取店は、外観が清潔で店に入ってからも接客もていねいです。美術品を売りに来たお客さまに対して、誠意をもって対応している買取店は、買取金額も高いものです。

そしてスピーディにお品物を査定。査定は早さも大事ですが、お客さまの美術品に対する愛情までもくみとって、お品物の価値を正確に査定できるかも大事なポイントです。

こういった接客態度の買取店なら、売る側も買取価格に納得して大事な美術品を手放すことができます。
美術品の売却は、買取価格さえ高ければどんな店でもいい、というわけにいきません。売り手が納得して、安心して売ることができれば、達成感もあります。

店頭買取では、自分の目で買取店を見て納得してから美術品を売るので、精神的な安心につながるのがメリットです。

デメリット:重量・大型美術品も自分で運搬・引取り

では、店頭買取のデメリットは何でしょうか。
それほど大きなデメリットはありませんが、あえて言うなら重い作品・大きな作品であっても、自宅から店舗へ運ばなくてはならない点です。

たとえば、ブロンズ製の彫刻作品は小さいものでも重量があるので持って歩くのは大変ですし、70センチ×70センチ以上ある額縁入りの大型絵画などはかさばって持ちにくい。

店頭買取の場合は、作品を店舗まで運ぶ労力が必要になります。
労力を節約するためにも、なるべく駅から近い店舗を選ぶか、少なくとも駅から徒歩圏内の買取店を選びましょう。

美術品を売る方法「出張買取」のメリット・デメリット

メリット:大量の美術品を処分・予定外の美術品に高値がつく可能性

「出張買取」とは、美術品の鑑定士を自宅に呼び、売りたい美術品を査定してもらう方法です。鑑定士が自宅に「出張」してくるスタイルのため、こう呼びます。

「出張買取」の最大のメリットは、自宅にいながら、大量の美術品を一度に査定・買取してもらえることです。
たとえば生前整理や遺品整理など、種類が雑多な美術品がある場合は、買取店の店頭に持って行くと時間も労力もかかり、査定を待つ時間も長くなります。

自宅での出張買取なら、電話で買取店と打ち合わせるだけ。あとは決まった日時に鑑定士がやって来て、査定・買取額の提示をします。

大量の美術品の「おまとめ査定」で買取額が高くなる可能性もありますから、出張買取のときには、売却しようと思っている美術品をすべて査定に出すことが大事です。

もちろん、当初は査定予定になかった美術品の鑑定も依頼できます。
掛軸を見に来た鑑定士にアンティークのお人形を鑑定してもらったら、そちらに高額な買取額がでたということもめずらしくありません。

出張買取は一気にたくさんの美術品を買い取ってもらえる上に、買取額が高くなり、想定外の美術品買取で売却額が高くなるのがメリットです。

デメリット:鑑定士の交通費など実費が必要なケース

では、出張頭買取のデメリットは何でしょうか。
考えられるデメリットとしては、買取店によっては経費がかかる可能性がある点でしょう。鑑定士が自宅へ行く場合、交通費の実費が必要になるケースもあります。

鑑定士の交通費は、買取店から自宅までの距離などに関係してきます。あらかじめ無料出張買取ができるエリアを提示している買取店なら、利用するにも安心です。
また実費負担があるとしても、ガソリン代換算や公共交通機関を利用しての交通費ですから、それほど高額になることはありません。

買取店のサイトを見て、出張買取が無料か実費が必要になるか不明な場合は、電話連絡時に確認しておきましょう。

no image

美術品の出張買取のメリットは「お得・便利・簡単」!玄関先でも処分できちゃいます

どのご自宅にも、掛軸や絵画など美術品があるものです。もう不要になったし、処分したいと思っている美術品があるなら、「出張買取」はいかがですか。「出張買取」は、自宅に美術品買取の専門家を呼び、その場で査…

美術品を売る方法『宅配買取』のメリット・デメリット

メリット:24時間いつでも査定依頼が可能

「宅配買取」とは、売りたい美術品を宅配で買取店に送り、買い取ってもらう方法です。
「宅配買取」最大のメリットは、24時間いつでも査定依頼ができて、買取額の提示も振込も自宅にいながら済むことです。

仕事が忙しくて、とても自分で美術品を買取店の店頭に持ち込むことができないし、不在がちで自宅に鑑定士を呼ぶこともできない、という場合は、とても便利な方法です。

宅配買取の具体的な方法は、買取店に査定依頼をして、売りたい美術品を撮影した画像をメールやLINEで送ればいいだけです。これで、目安となる買取金額が店から提示されますので、金額に納得できたら美術品を梱包して、コンビニなどから宅配便で送付すれば終わりです。

宅配買取は、査定依頼から実際の美術品の発送まで、すべて売り手側の時間の取れるときにできるので、スキマ時間を有効に活用できるのがメリットです。

デメリット:美術品の梱包や発送の手間・破損のリスク

では、宅配買取のデメリットは何でしょうか。

デメリットとしては2点あげられます。自宅から発送するときの美術品梱包の手間と、輸送時の破損のリスクです。
ひとつめは、自宅から発送するときの時間と手間のことです。

美術品は形が複雑なものが多く、梱包するのも簡単ではありません。
しかも梱包したものをコンビニに持ち込んだり、自宅に宅配業者を呼んで美術品を預けたりする手間があります。
たいしたことではないようですが、それなりに時間が必要な作業です。

ふたつめは、美術品を買取店まで輸送するときのリスクです。
貴重な美術品が輸送中に破損する可能性はゼロではありません。
リスクを避けるためには、美術品を厳重に梱包して、宅配業者に丁寧な輸送を依頼しておきましょう。

美術品買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 美術品
  • 宝石
  • 金・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル