美術品の価値を見分けるコツは、たった3つだけ!失敗しない買取法まとめ 

「美術品の価値?見極めるのが難しそう‥‥」と思っていませんか。
ですが、価値ある美術品を知る基本的なコツは、3つだけです。
買取依頼の前に、ご自宅にある美術品をチェックしてみてください。

歴史的価値のある美術品の価値

美術品には3つの価値があります。
その一つめは「歴史的価値」です。

古い時代のものは希少性があり、価値が高い

一般的に、古い時代の美術品は価値が高くなる傾向にあります。
理由は次の3つです。

  • 現在では作れる人がいない
  • 現在では失われた技術によって作られている
  • 現在では採取できない材料が使われている

著名な作家による絵画や彫刻は、当然のことながら作家が生きている間のみしか生み出されません。また、人間国宝や著名な職人の手仕事による美術品や骨董品にも同じことがいえます。

人の手による美術品は有限のものであり、人や技術が失われてしまってからは価値が高まる一方となります。
さらに、象牙や鼈甲など国際的な条約で輸出入を禁止された材料による美術品、工芸品も同様です。輸出入を許可されていた古い時代の工芸品、骨董品には高い価値があります。

日本から流出してしまった美術品も評価が高い

戦争や、外国の好景気に伴う爆買いなどで日本から流出してしまった作品も、もし国内にあれば価値は高くなります。
特に、戦争で略奪され相手国の美術館、博物館に収蔵されたままになっている作品の類似品、収蔵作品と同じ作家の手による芸術品も高く評価されます。

美術品市場で人気のある美術品の価値

美術品を見極める3つの価値。
その二つめは「市場の流行」つまり人気です。

有名作家の作品は、価値が高い

美術品のジャンルは、絵画、彫刻、書画、伝統工芸品など多岐に渡ります。
ですが、どれにも共通していえるのが「有名作家の作品は価値が高い」ということです。

教科書に載っているような世界的に著名な作家や、重要無形文化財いわゆる人間国宝に指定された作家の手による作品は、市場において非常に高い値段がつきます。

現代アート作家の作品も評価が高い

有名作家、人間国宝というと、岡本太郎、富本憲吉、パブロ・ピカソ、マルク・シャガールなど、すでに亡くなった過去の時代の作家を思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし、現在活躍中の作家が手がける現代アート作品も高く評価されています。
代表的な現代アート作家には、次のような人物がいます。

日本

  • 草間彌生
  • 村上隆
  • 奈良美智
  • 会田誠
  • 山口晃
  • 荒木経惟

特に、草間彌生、村上隆は世界的に名高いアーティストとして知られています。
その人気ゆえに、中国では本人に無許可で作品展が開かれるほど。ちなみにこれは贋作だけを展示した展覧会で、判明した直後から大きな問題になりました。

海外

  • アンディ・ウォーホル
  • キース・ヘリング
  • ジャスパー・ジョーンズ
  • デヴィッド・チョー
  • ゲルハルト・リヒター
  • チャック・クローズ

アンディ・ウォーホルやキース・ヘリングは故人ですが、今なお現代アートの先駆け的存在の一人として人気があります。
海外の現代アートシーンは、セレブリティがパトロンとなって名前をPRする傾向にあり、服役した経験のある作家が一躍時の人になったり、著名人がSNSで紹介することで一気に知名度が上がることもあります。
こうした現代アート作家の作品も、美術業界において非常に価値の高い美術品として扱われています。

保存状態のよい美術品は価値が高い

美術品の価値を決める価値の3つめは、保存状態です。
時代の古い、新しいに関わらず良い状態で保管されていた美術品は価値が高くなります。

欠け・傷・破れのない作品は価値が高い

美術品の多くは繊細なものであり、気をつけて保管していても見た目や性質が損なわれてしまうものも少なくありません。
美術品が損なわれると想定されるマイナスのポイントは次の4つです。

  • 作品の一部が欠けている
  • 一部あるいは全面に大小のキズがある
  • 焼失している部分がある
  • 作品が部分的に破れている

たとえわずかなキズや汚れであっても、それがあることによって美術品は完全な状態ではなくなります。
なおシミや汚れなど、修復の専門家によって改善できる破損もあります。

しかし、修復のコストがかかってしまうので、買取業者は完全な状態の美術品よりも査定額を下げざるを得ません。
また、一度修復するとその美術品は「完全な状態」ではなく「修復済みの状態」になります。作品の元のかたちとは異なってしまうため、美術品自体の価値が下がります。

欠け・キズ・破れのない作品の価値が高いのは、こうした破損に関連したマイナスポイントが一切ない作品であるためです。

付属品一式がそろっている作品も評価が高い

キズや破れとは別のマイナスポイントとして「付属品が揃っていない」という点があります。
特に、細工のこまかい工芸品や伝統的な日用品などパーツの多いものは、完全に揃った状態で保管されていることが少なく、セットで出回ることが難しい作品も少なくありません。

そのため、付属品一式が完全な状態で揃っている美術品は、高く評価されます。
日本や中国の骨董品の場合は、共箱と呼ばれる作品を収める箱も大切な付属品として扱われます。共箱には作家名や作品名だけでなく、収集家の覚書が記されていることもあり、保証書(ギャランティカード)のように扱われています。
売却する場合は、共箱や外箱も必ずつけた状態で買い取ってもらいましょう。

美術品買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 美術品
  • 宝石
  • 金・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル