朝鮮 朝鮮王朝時代(1392~1910年)李朝白磁と青花

中国陶磁をしのぐ完成度 王朝を代表する品格の高いやきもの

ふくよかで安定感のある白磁

朝鮮王朝時代(李朝)における陶磁器は、金銀器に代わる王宮の食器類や祭器として重要な役割をもった。とりわけ白磁は倹約・質素で潔白な気風を尊重する儒教思想に支えられ、官窯を中心に広く地方各地でつくられ、青花とともに主流陶業として発展した。

高麗末期に粗い土で作られた白磁が少量ながら焼かれたが、朝鮮王朝初期の15世紀前半に白磁焼造は軌道にのり、温和な灰白色の白磁が生まれた。

陶磁器の製造は、司饔院(しよういん)という王宮の飲食物供給を担当する中央官庁によって運営・管理されたが、15世紀中ごろに京畿道の広州に分院が設立され(広州官窯)、各地方の陶工が交替で動員された。やがて市場の拡大にともなって民窯に移行していった。

15世紀中頃、広州官窯では、量感があり安定した器形に淡青色をした優美で完成度の高い白磁も焼かれ始めた。少し遅れて青花も開始される。

しかし16世紀後半には白磁は質の粗いものしかみられなくなり、壬辰・丁酉倭乱(じんしん・てんゆうわのらん)(1592~1598年)によって停滞した。17世紀に入ると隆盛をみた粉青沙器は姿を消す。いっぽう、白磁は復興し、やがて青花の盛期をむかえることになる。

風韻に富む青花

白磁の発展のなかで開花した青花の初期は、中国からコバルト顔料を輸入し、明初の青花の影響を受けた。しかし17世紀後半から18世紀にかけて四君子文・秋草文・山水文を面取りした器肌に繊細な筆致で描く文人趣味を反映した製品に変貌していく。

さらには18世紀後半にはふくよかな器形に筆線太く多様な文様が描かれ、民画を取り入れて庶民の嗜好にあった製品が作られた。これらの作品には面取壺、扁壺や筆筒・硯・筆洗などの文房具の多くがみられる。

民窯の鉄砂と高麗茶碗

鉄絵具で文様を表す鉄砂の焼き物は、17世紀に地方の民窯で、盛んに作られた。雲龍文、草花文、竹文などを力強い筆致で奔放に描いた壺類がある。また青花と辰砂釉の組み合わせは、色絵磁器を持たない朝鮮王朝陶磁のなかでは唯一華やかなものである。

特異な焼き物として、日本の侘びの茶碗に見立てられた高麗茶碗がある。舶戴品のほかに、17世紀中頃から18世紀前半まで釜山の倭館窯で日本から注文の御本茶碗などが描かれた。

白磁の推移

●15世紀前半 灰白色の白磁が作られる

●15世紀中ごろ 淡青色の優美な白磁

●16世紀後半 質の悪い粗い白磁

●1592~1598年 壬辰・丁酉倭乱

●17世紀 白磁が復興する 青花が盛んに作られる

●18世紀 ふくよかな器形となり、民画を導入したのびやかな青花で、文房具が多く作られる

●18世紀後半 広州分院が焼きもの中心地となる

●20世紀 分院は松薪が枯渇し、また日韓併合により衰退

関連リンク