会津八一の掛軸買取

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

会津八一の掛軸買取相場

会津八一の掛軸買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ



会津八一について

万葉集に親しんで育ち仏教美術にも傾倒した歌人

会津八一(あいづ やいち 1881-1956年)は、歌人、美術史家、書家です。なお、本人の署名や伝記などでは「會津」の表記が用いられています。また、秋艸道人(しゅうそうどうじん)、渾斎(こんさい)という雅号を用いました。東京と新潟の住まいにも、雅号にちなんだ名前をつけています。新潟県新潟市に生まれた八一は、「万葉集」や良寛に親しむ少年時代を過ごしました。東京専門学校(現早稲田大学)に入学してからは、坪内逍遥(つぼうち しょうよう)、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)らの講義を聞き、「東北日報」の俳句選者となるなど、積極的に学び、活動していきます。卒業後は英語の教師として新潟に戻り、教員として生活しながら多くの俳句を創作しました。
その後、坪内逍遥の推薦により早稲田中学校の英語教員として再び上京します。ここから早稲田中学校の教頭、早稲田高等学院教授、早稲田大学文学部講師を歴任しました。美術史に関連する講義を受け持ったことから奈良県の仏教美術に興味をもち、度々研究旅行へ赴くようになります。しかし東京大空襲で住まいが焼けて新潟へ帰り、なくなるまで同市で暮らしました。当時から道を極める厳しい孤高の学者として知られていましたが、情に厚い面もあり、早稲田の同僚や歌人との交流は長く続いていました。ちなみに、新潟県の地方紙である「新潟日報」は、八一があらわした題字を用いています。代表的な歌集および著作は「會津八一全歌集」、「渾齋随筆」、「東洋美術史」などです。また、手紙や書、掛軸も残されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定