ノリタケ 買取

ノリタケ あやみなも 桜金銀彩 カップ&ソーサー

ノリタケの買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いノリタケを処分したい
  • 所有しているノリタケが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたノリタケの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたノリタケを、まとめて売りたい

ご安心ください!
ノリタケ買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

ノリタケを高く売る方法

人気のノリタケ食器を高く売るには、国産洋食器の価値を知り
最新の買取相場で査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

ノリタケの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
「ノリタケ」は、名古屋市にある高級陶磁器ブランドです。明治37年に創業し、高級洋食器の製造を開始。

大正3年には日本初のディナーセットを作り上げ、アメリカへの輸出も好調になりました。

今もノリタケの食器は華麗な絵付から、国内外で大変な人気があります。

お手元にノリタケ食器があり、売却をお考えなら、国産洋食器の歴史に詳しく、買取相場に精通している目利き買取業者に査定を頼みましょう。


購入時の箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
国内外で人気のあるノリタケ食器。買取店の無料査定を受けるときは箱や保証書などの付属品一式も付けて出しましょう。

貴重なオールドノリタケに限らず、ノリタケの食器は高価買取の対象です。製造時期によっては大変な鑑定額が出ますから、購入時の外箱やノリタケの保証書が重要になります。

目利き鑑定士でも査定時には付属品を参考にしているものです。手元にある付属品はすべてつけて査定を受けるといいでしょう。


評判の良いノリタケの買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
ノリタケの食器を売却する前に、複数の買取業者から見積もりを取りましょう。ノリタケ製品はアイテムの種類が豊富です。

ティーカップ、マグカップ、皿などさまざまな食器類を無料鑑定してもらうと、買取価格が違うのが分かります。

買取店によって付加価値をつけ、査定額に上乗せされるケースもあるからです。実際の買取価格は見積もりを取ればわかります。

見積もりの金額を比べて、高い店に売りましょう。


信頼できるノリタケの買取業者の選び方

信頼できるノリタケの買取業者は無料で査定して、
過去にノリタケ製品の買取を豊富にしている業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
昭和レトロなところが女性に人気のノリタケ食器は、無料鑑定をしている買取店に依頼しましょう。

鑑定料がかからない店の査定は正確か?と思うかもしれませんが、良心的な買取店ほど無料鑑定を実施しています。出張買取でも無料でおこなう業者もあるくらいです。

逆に、高額な出張費や鑑定料を請求する業者は悪質。査定を依頼するときにはかならず「鑑定にかかる費用はありませんか?」と確認しましょう。


ノリタケの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
アンティークのノリタケ食器の売却先に迷ったら、買取実績の多い店に頼みましょう。ノリタケは買取相場が高い食器です。

さらに廃盤になっているものはコレクターが高価でも買いたい品物。実績豊富な業者は高く売れる食器をよく知っていますから、鑑定額も高くなるのです。

業者の買取実績はホームページで確認できますから、査定依頼前にいちどは目を通しましょう。いっしょに業者のクチコミも見ておくと安心です。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

ブランド食器の買取品目

ノリタケについて

「ノリタケ」は、愛知県名古屋市に本社がある高級陶磁器ブランドです。

正式名称を「株式会社ノリタケカンパニーリミテド」といいますが、一般的にはノリタケで通用します。創業地である名古屋市中村区則武(のりたけ)から社名を取りました。

1904年に始まったノリタケは、国産の美しい磁器をつくる目的で、1914年に日本で初めてディナーセットを製造。

その後は国外への輸出も始まり「ノリタケチャイナ」の愛称で世界中に知られるようになりました。

カップとソーサー、プレートセットなどが有名で、どれも美しい絵付が特徴です。

また創業から約60年のあいだのノリタケ製品は「オールドノリタケ」といい、一点ずつハンドメイドで作られた高級品。

販売当時からヨーロッパを中心として人気が高く、いまも国産食器としては異例の高額で売買されています。

オールドノリタケの食器は、バックスタンプ、裏印の種類が多いのも特徴です。

本物のオールドノリタケの裏には必ずバックスタンプが付いており、当時の販売先や製造時期、材質、食器の用途などにより使い分けられています。

100種類以上のバックスタンプがあるといわれ、正確に見分けをつけるには目利き鑑定士の知識が必要でしょう。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談