竹籠の買取・査定相場

竹籠 買取

竹籠買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な竹籠の価値を査定いたします。

日本の竹籠・竹細工には人気作家が多く、飯塚 琅玕斎、飯塚小玕斎などの作品は国内外での需要があり、買取価格も上昇するいっぽうです。

価値の分からない竹籠の査定や、不要な竹籠の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

竹籠の買取相場

品名買取相場
初代 田辺竹雲斎 手付花入竹籠 20,000~35,000円
鈴木旭松斎 網代手付花籠 12,000~18,000円
籠師 和田鱗司 唐物写籠双耳六角形花竹籠 12,000~25,000円
堀之内豊明 豊斎造 松葉編み竹籠 8,000~15,000円
西中竹清 細密細工 手付竹籠 4,000~6,000円

竹籠の買取実績

                  立軒作 竹籠
  • 蛤谷空齋作 竹籠
    蛤谷空齋作 竹籠 買取価格 10,000円
  • 竹籠・竹白作
    竹籠・竹白作 買取価格 40,000円
  • 立軒作 腰高花籃竹籠
    立軒作 腰高花籃竹籠 買取価格 30,000円
  • 竹籠 前田竹房斎 手付花籠
    竹籠 前田竹房斎 手付花籠 買取価格 40,000円
  • 竹籠 前田竹房斎作 舟形竹花籠
    竹籠 前田竹房斎作 舟形竹花籠 買取価格 35,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 家財整理で見つかった作銘入りの竹籠を買い取ってほしい
  • 裏千家の花押が入った竹の花入れを査定してほしい
  • 漆塗りの竹籠などまとめて買取してほしい
  • 桐箱に入った古い竹籠を鑑定してほしい

ご安心ください!
竹籠買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

竹籠を高く売る方法

竹籠を高く売るには買取相場を知る目利きに依頼し、相見積もりで高値買取の店を探すことです。

竹籠の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

竹籠(たけかご)は、素朴な美しさのある骨董品。国産の虎竹のかごには味わいがあり、国内外の人気が高いものです。そのため籠のサイズにかかわらず買取相場は非常に高額。
古い竹籠でも予想以上の価値がありますから、無料査定は目利きの鑑定士に依頼しましょう。適正な買取価格が出せますし、高価買取が可能です。
大型の作品を売却する時は、買取業者に自宅へ来てもらう出張買取を依頼するといいでしょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

茶道の花入れなど高額査定される竹籠は、作家の落款入りの箱や鑑定書などの付属品がついています。付属品がそろっている竹籠は価値が高く、高価買取が可能です。
付属品の有無で見積もり額が変わることもあるので、引越し時に箱や書類を処分しないこと。
すべて取っておき、買取店の無料査定時に付属品らしきものをすべて見てもらうのが大切です。目利き鑑定士なら付属品込みで高額査定になるでしょう。

評判の良い竹籠の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

竹籠は、生け花に使う作家物から弁当箱まで多種多様。それだけに売却時には、複数の評判のいい買取店から見積もりをとって、買取価格が一番高い店を探しましょう。
鑑定士によっては鑑定書付きの作品でも見積もりが低いかもしれません。骨董品の価値は買取業者が独自に判断するため、同一作品でも鑑定額は共通ではないからです。
見積もりを比べれば高値買取の買取店がわかりますから、損のないように売却しましょう。

信頼できる竹籠の買取業者の選び方

信頼できる竹籠の買取業者は、無料査定・無料鑑定で、買取実績をホームページに多数掲載している業者です。

査定は無料のお店を選びましょう

骨董品の竹籠は価値の見分け方が難しいのですが、いい買取店は無料で査定します。茶席で使う竹籠には鑑定書付きの作家物もあり、かなりの高値買取。無料査定だけでも受けましょう。
手提げやキッチンに置くかごなども目利き鑑定士がひとつずつ見積もりしますから、高価買取の作品だけを売却することも可能です。
ただし、なかには鑑定料のいる買取業者もあります。出張買取の前に、無料鑑定か確認することです。

竹籠の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

竹籠の売却では、これまでの実績が多い買取業者に頼むのがコツです。
竹籠の鑑定額には幅があり、日本・海外のアンティーク竹籠を多数売買したことのある買取店なら適正な見積もりを出せます。目利き鑑定士だからこそ、高値買取が可能です。
業者の実績は、ホームページに記載された作品の買取価格や買取数で確認しましょう。実績が高い買取店なら、安心して出張買取を依頼できます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

竹籠買取でよくある質問

竹籠買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

竹籠買取について

竹籠は重要な茶道具であり、日常生活でも使えるインテリア雑貨でもあります。しなやかな竹を編んで作った籠は網目の隙間から光を透かし見ることができ、さわやかな印象。抹茶道・煎茶道のどちらでも人気があり、茶道では5~10月の茶席をいろどるものです。日本では中世から「唐物」と呼ばれる中国からの竹製品が珍重されてきました。近世までは中国伝来の唐物が一世を風靡していましたが、幕末から明治にかけて日本独自の竹細工が次々に登場します。明治から大正時代にかけて活躍した竹細工の名工・田辺竹雲斎は、煎茶道や華道にも精通した粋人。弟子や職人を多数育成し、作品はドイツやフランスに輸出されるまでになりました。現在の竹籠は茶道の「花入」だけでなく、日常生活にも溶け込んでいます。ナチュラルでシンプルな竹籠は、和洋どちらの花を入れても形が定まるアイテム。茶道にならって季節の花々を生けたり、洋花のフラワーアレンジメントを楽しんだりと自由な使い方ができるため、若い世代にも受け入れられています。時代のある竹籠、独創的な造形の竹籠は特に人気が高く、買取相場も高額。さまざまな用途に使用できるため、今後も人気が続くと見込まれる古美術品です。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定