ビスクドール買取|人形買取・鑑定なら創業62年の実績【福助】へ

ビスクドール買取

ビスクドールの買取なら福助におまかせください

アンティークビスクドールビスクドールと聞いてその姿をパッとイメージできる方は意外と少ないかもしれません。ビスクドールは、その名前からも分かるように、西洋の人形です。19世紀のヨーロッパで、上流階級の貴婦人やご令嬢の間で大変流行した人形で、ビスクドールの始まりは1840年代のドイツで作られていた陶器で出来た人形だと言われています。

現在は、アンティーク・ドールとしてコレクターの間で大変人気があり、素焼きの磁器のお人形ということで、ポーセリン・ドールとも呼ばれている西洋人形です。コレクターのたくさんいるビスクドールは高額買取の対象となります。
眠っているビスクドールはありませんか? 引っ越しや部屋の模様替えで、不要になったビスクドールはありませんか? 

ビスクドールの売却をご検討中なら、東京都内23区(品川区・世田谷区・大田区・目黒区・文京区・新宿区・台東区・渋谷区・港区)・横浜市へ無料出張!高額買取に自信の「買取福助」にお任せください。

ビスクドールの買取に関するご相談はお気軽にどうぞ

ビスクドールの買取なら福助に任せて安心

「買取福助」は、沢山のビスクドールを買い取りした実績がございますので、「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩まずに、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はもちろん無料です。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

ビスクドールとは?

ビスク、聞き慣れない言葉ですよね。お菓子のビスケットと由来が同じなのです。ビスクドールは、人形の全身、頭部、手が二度焼きされた素焼きの磁器製でした。

二度焼きはフランス語でビスキュイと言います。そこから二度焼きの人形、ビスクドールとなったわけです。ビスクのには2つの制作技法があります。ひとつは型に陶土を押し込んで作られる“プレスドビスク”、もう1つは液状のポーセリンを流し込んで作られるポアードビスクです。
ポアードビスクは1885年頃に登場した技法で、量産が可能になったのもこのスタイルになってからと言われています。

ビスクドールはファッションドール

ビスクドールは、もともとファッションの宣伝のために衣装を着せる目的で作られた人形で、その姿は大人の女性をモデルにしていました。

いわゆるファッションドールとして誕生したのです。1855年にパリ万国博覧会で、同じく現在、コレクターの間で大人気の高額買取人形のひとつ“市松人形”が展示されたことなどが背景となり、また、上流階級の貴婦人やご令嬢以外にも、ビスクドールを愛でる新富裕層が出現して来た社会状況の変化もあり、ベベドールが登場したのです。ベベドールとは、その名の通り、子供の姿をしたビスクドールです。

ビスクドール量産時代

ビスクドール黄金時代は、19世紀末のジュモー、ブリュといったフランスの工房が支えていました。その頃には、ビスクドールは、玩具として量産されるようになっていました。

20世紀になると、フランスの工房はドイツのビスクドールと競争しながら量産を行っていました。廉価ビスクドールの生産へとシフトしていったことから、1920年代にはいわゆる子供用玩具として広く普及していきました。一般用に販売されるようになったのです。

ビスクドール量産時代からコンポジションドール時代を経て、ゴム製、セルロイド製などさらに廉価の人形が量産される時代へと移っていき、1930年代には、ビスクドールの製造はほとんどされなくなっていきました。ビスクドールが高額買取される理由がここにあるというわけです。

希少性の高さから高額取引されるビスクドール

このような歴史を経て、ビスクドールは希少価値が高い品物とされています。

現在でもコレクターを中心にビスクドールは根強い人気を誇っており、ビスクドールの始まりとされているドイツ製のもの、量産された時期のフランス製のものであれば、手頃なお値段で入手することも可能ですが、フランスの人気工房、ブリュやジュモー(ジュモートリステ、ロングフェイスジュモー)であれば、希少性はさらにアップし、芸術的観点からも、そして骨董的価値もプラスされ、超高額取引されているという背景があります。

ビスクドールには日本製もあり

ビスクドールはフランス、ドイツといったヨーロッパ産の人形がメインなのですが、実は日本製のビスクドールもあります。本場であるドイツ製のものを真似て、外貨獲得のためにアメリカへと輸出したことが始まりだと言われています。

よく知られているのはモリムラ社のビスクドールですが、生産は1915年からわずか7年程度の期間だけでした。というのもビスクドールは壊れやすいものであり、輸出した頃には需要もなくなっていたからという背景があります。しかし、100年程前に、とても短い期間に作られた和製ビスクドールは、『さくらビスク』の名称で親しまれ、オークションなどでも高額取引されているのが現状です。

ビスクドールは、17世紀以降そして19世紀の全盛期まで、ファッションドールとして、“ファッションを伝える”というとても重要な役割を果たして来ました。フランスではクチュリエと呼ばれる仕立て屋、服装デザイナーが人形をモデルに衣装を作っていました。これは顧客用の受注サンプル的な役割を果たしていたため、贅沢な素材をふんだんに使用してオリジナリティやモード、そして“美”を追求していました。だからこそ、ビスクドールは、高額買取されるのです。当時のファッションの歴史も読み取れる貴重な資料ともなるわけです。

ご自宅に眠っているビスクドールはありませんか? 美しい人形は、飾って愛でてあげたいものです。コレクターが喜ぶ、美しいビスクドールの売却をお考えなら、高額買取に自信ありの「買取福助」におまかせください。査定のみでも承ります。

鑑定・買取方法のご案内

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

ビスクドールの出張買取は無料です。

無料出張買取いたします。

受付の手順

東京23区・横浜市へビスクドールの無料出張買取いたします!
大岡山店近郊の品川区、目黒区、大田区、世田谷区及び、銀座店近郊の中央区、港区、渋谷区は最短30分でお伺いします。

*成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 大岡山店
買取福助 大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階

Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリー
ダイヤル