ビスクドールの買取価格・査定相場

ビスクドール

東京都内でビスクドールの買取なら福助におまかせください。
コレクターを中心にビスクドールは根強い人気を誇っており、ビスクドールの始まりとされているドイツ製のもの、フランスの人気工房、ブリュやジュモー(ジュモートリステ、ロングフェイスジュモー)など希少価値の高いビスクドールは特に強化買取中です。
査定はもちろん無料、作家や価値のわからないビスクドールでも鑑定士が誠実に査定いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

ビスクドール買取価格相場

フランスのジュモーやブリュ、ゴーチェ、ドイツのケストナーなど、人気のアンティークドールの高価買取実績多数。

【ビスクドール】ベベ・ジュモー 13号買取価格140,000

東京都港区
ジュモー(JUMEAU)は、1842年頃から1899年にかけ、親子二代でビスクドールを製造した工房です。フランスを代表するビスクドールの工房であり、ドイツから大量に比較的安価なドールが流入してくる以前の1880年代には、ブリュと並び、フランスのみならずヨーロッパで圧倒的なシェアを誇る黄金期を迎えています。
フランスでは、もともと仕立て屋がサンプルを着せるために大人の体型をしたミニチュアサイズのビスクドール(ファッションドール)を用いていました。
その文化と、パリ万博でヨーロッパに上陸した日本の市松人形がミックスされ、さらに富裕層が多くなったことから子どもの体型をしたビスクドール、いわゆるベベドールが誕生しました。
ベベドールは6〜7歳くらいの女の子をイメージして製造されていて、あどけない表情と健康的でなめらかな体型が特徴です。
当時、ビスクドールは白い陶器の肌が美しい高級品で、上流階級や裕福な家の子女たちの間で流行しました。
こうしたビスクドールのドレスを着替えさせて遊ぶことは、衣装を作るために裁縫を覚えたり、着こなしを学んだりする上で役に立つと考えられていたため、良家の親は子どもにビスクドールを与え、ままごとや着替えをするファッションドールで遊ばせたのです。

【ビスクドール】ゴーチェ FG/BEBE JUMEAU 67cm買取価格160,000

東京都品川区
ゴーチェは1860年ごろからビスクドールのヘッド製造を始め、1872年にはヘッドの製造方法で特許を取得。
当時人気のドール工房であったジュモー社、ブラムポワ社、A.T.などにヘッドを提供していました。
のちにフランス最大規模のビスクドール工房として、ヘッド供給だけでなく他社からボディの供給を受けて、オリジナルのドール製造にも乗り出します。
ゴーチェのビスクドールの特徴は、赤ちゃんのようなふっくらとした輪郭に、少女のような整った顔立ちというアンバランスさです。
こぼれ落ちそうなくらいに大きな瞳は美少女のようでありながら、顔の輪郭は四角いほどにふっくらとしていて、赤ちゃんのようなえくぼのついた二重あご。
ギャップとアンバランスさが独特の魅力を生み出し、見る人を強く惹きつけます。
今回のお品物は、首の裏に「FG」の刻印がついたゴーチェのビスクドールです。
ボディ背中には「BEBE JUMEAU(べべジュモー)」の刻印がついており、サイズは約67センチ。ビスクドールの標準サイズである50~65センチを超えた大きなドールです。
製造年代も古いものですが非常に保存状態が良いお人形でした。

【ビスクドール】テートジュモー・デポゼ クローズマウス買取価格240,000

東京都世田谷区
陶磁器の頭部を何度も焼きしめて人間の肌に近い質感を生み出したフランスのビスクドールには、ジュモー、ゴーチェ、ブリュなどの有名工房がありました。
なかでもジュモーはコレクターにとって「ジュモーにはじまり、ジュモーに終わる」といわれる人気工房です。
ジュモーはピエールとエミールの父子が運営していた工房で、1885年に息子のエミール・ジュモーが「ジュモー」の名前で登録(Depose)。
翌年の1886年にはDEPOSE TETE JUMEAU(デポゼ テート ジュモー)の製作が始まりました。
ジュモーのビスクドールの特徴は、美しい顔立ちです。
存在感のある強い表情は、透明感のある肌と本物のようなガラスの眼から生まれてきます。
とくにペーパーウェイトアイと呼ばれる練りガラス製の目には、まるで吸い込まれそうな力があります。
ジュモーのようなアンティークドールの価値は、保存状態と工房名、制作年代によって決まります。
制作年代を見分けるにはアンティークドールについての広範な知識が必要ですから、経験豊富な鑑定士の在籍する買取店に査定依頼するのがいいでしょう。

【ビスクドール】増渕緑のブリュ・ジュン買取価格27,000

東京都大田区
増渕緑(ますぶちみどり)は、フランス人形を製作する日本のビスクドール作家です。
2010年からはイギリスのGDS(グローバルドールソサエティー)コンペティションで金賞などを受賞、2012年にはスイス ルシェルン ドールコンペティションで金賞やコスチューム賞を受賞、2013年のイギリス ブリストル ドールコンペティションでも金賞やコスチューム賞を受賞するなど、国際的にも高く評価されています。
ブリュは、1866~1899年に活躍していたフランスのビスクドールメーカー。
アンティークビスクドールにはゴーチェやジュモーといった有名メーカーがありますが、ブリュは当時から高貴な表情で人気がありました。
きりりとした表情にほんのすこし開いた口が少女のかわいらしさと幼さをもたらし、明るさと朗らかさが感じられるビスクドールです。
ブリュには、ブルブテ(Bebe Brevette)、サークル・ドット(Circle and Dot)、テトゥー(Teteur)、ブリュ・ジュン(Bru Jeune)というベベドールがあり、ここから派生モデルとして「Bebe Modele(モデル)」、「Bebe Gourmand(グルメ)」も発売されています。「Bebe Gourmand(グルメ)」は舌がついた口が開くようになっており、食べ物を食べさせるとボディを通って足の裏から出てくるという当時としては非常に珍しいタイプのビスクドールでした。
ブリュやゴーチェなどアンティークドールの査定は福助へお問い合わせください

【ビスクドール】シモン&ハルビック デポゼ キャビネットサイズ買取価格20,000

東京都目黒区
ビスクドールといえばフランスが有名ですが、のちにはドイツでも数多く製造され、ケストナー、シモン&ハルビック、ハンドベルグなどの有名工房がありました。
「シモン&ハルビック(Simon&Halbig)」は、ドイツのチューリンゲンにあったドールメーカーです。
1870年代より陶器の人形ヘッドを作り始め、ドイツ国内はもちろんフランスやアメリカのビスクドール工房にも頭部を提供。
そのためヘッドモールドの種類がたくさんあり、他のドールメーカーのロゴが併記されたヘッドも多数残されています。
シモン&ハルビックの特徴は、高い技術力です。
とくに1896年に考案された「スリーピングアイ」システムは、ビスクドール業界に革命をもたらしました。
「スリーピングアイ」システムとは、お人形を横にしたり起こしたりするタイミングで、目が開閉する仕組みです。今では珍しくないものですが、この「スリーピングアイ」のビスクドールは、シモン&ハルビックが生み出したものだと言われています。
ビスクドール本体のクオリティが高いにもかかわらず、フランス製のドールよりもお値打ちということでシモン&ハルビックの評価が高まり、1890年頃からは6~7歳の女の子をモデルとした「べべドール」の量産を始めて、世界中で人気となりました。

ビスクドールの査定・買取実績


  • 東京都品川区
    ビスクドール ブリュ・ブルブテ
    買取価格
    16,000円

  • 東京都世田谷区
    ビスクドール コレクターズドール AG 67cm
    買取価格
    24,000円

  • 東京都目黒区
    ビスクドール オープンマウス 63cm
    買取価格
    12,000円

  • 東京都大田区
    ビスクドール エデン・ベベ 11号
    買取価格
    35,000円

  • 東京都港区
    ビスクドール ハインリッヒ・ハンドベルク スリーピングアイ 55cm
    買取価格
    20,000円

  • 東京都世田谷区
    ビスクドール シモン&ハルビック スリーピングアイ 63cm
    買取価格
    8,000円

  • 東京都大田区
    ビスクドール デポゼ ジュモー 42cm オープンマウス/スリーピングアイ
    買取価格
    12,500円

  • 東京都品川区
    ドイツ製 フェルト貼り ヴィンテージドール
    買取価格
    20,000円

  • 東京都世田谷区
    ビスクドール ジュリアン オープンマウス
    買取価格
    60,000円

  • 東京都港区
    ビスクドール アンティークジュモー SFBJ 5号
    買取価格
    32,000円

  • 東京都大田区
    オルゴール付きオートマタ メリーゴーラウウンド
    買取価格
    120,000円

  • 東京都品川区
    ジュモータイプ・ビスクドール
    買取価格
    20,000円

  • 東京都世田谷区
    ビスクドール Baud・ジュモー/オートマタ人形「手紙を書く少女」
    買取価格
    28,000円

  • 東京都港区
    ビスクドール いくさ工房のオートマタ人形『化粧する貴婦人』
    買取価格
    25,000円

  • 東京都目黒区
    アンティークビスクドール
    買取価格
    40,000円

  • 東京都大田区
    ビスクドール 古関くに子作 E.Jジュモー 50cm
    買取価格
    50,000円

  • 東京都世田谷区
    ビスクドール 古関くに子作 A.T.(アー・テー) 47cm
    買取価格
    46,000円

  • 東京都品川区
    ビスクドール 大塚和子作 43cm
    買取価格
    53,000円

  • 東京都大田区
    ビスクドール ADOLF WISLIZENUS スリープアイ・オープンマウス63cm
    買取価格
    16,000円

  • 東京都目黒区
    ビスクドール 古関くに子 47cm
    買取価格
    35,000円

  • 東京都港区
    ビスクドール 古関くに子 seeley body
    買取価格
    28,000円

  • 東京都世田谷区
    リプロ ビスクドール vernon seeley AT 61cm
    買取価格
    6,000円

その他の人形の査定・買取相場

人形

人形 買取

人形の買取なら、東京の福助にお任せください。創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、御所人形・木目込みなどの日本人形や西洋人形まで、相場を熟知した専門の鑑定士が無料で査定いたします。不要なお人形の…

高額査定中の主なビスクドール製造会社・工房

  • ジュモー
  • ゴーチェ
  • ブリュ
  • アーモンドマルセル
  • シモン&ハルビック
  • A.T.(アー・テー)
  • シュタイナー
  • ケマー&ラインハート
  • Baehr&Proeschild
  • Kaemmer&Reinhart
  • Bahr&Proschild 
  • Franz Schmidt
  • Fleischmann & Bloedel
  • モリムラ
  • ハインリッヒ・ハンドベルク

一般的な傾向として、ドイツ製のビスクドールは比較的安価です。
19世紀ヨーロッパにおいて、ビスクドールの最高級品とされていたのはフランスのジュモーやブリュ、ゴーチェといった工房の作品でした。
ちなみにこれらの工房は、ドイツの安価なドールに対抗するためS.F.B.Jという合同会社を設立しています。
とはいえ、アンティークのビスクドールで状態の良い人形であれば、ドイツ製であっても鑑定の結果高額査定が出ることもあります。
また、リプロダクションの中でも、専門会社や専門の人形製造工場が製作したものはコレクターズ・ドールと称され、買取価格は高額傾向にあります。
ドールの口には開いた形のオープンマウスと、口が閉じているクローズドマウス、実際に穴が空いていなくても口が開いたようにみえるオープンクローズドマウスの3種類がありますが、閉じた口のビスクドールは古い時代によく作られていたため、クローズドマウスの方が高額なケースがみられます。
なおオープンマウスであっても、開いた口に歯が見えているデザインは高額査定される可能性があります。
小さなビスクドールの口に歯をつけることは、非常に高度な技術を要するためです。

ジュモー

ジュモーのビスクドールフランス人形としても知られるジュモーは、ドールの愛好家だけでなく、TVのなんでも鑑定団などでもビスクドールの名ブランドとしてよく知られています。
1840年代前半に設立されたジュモーは、アーモンド型の瞳とふくよかな頰をしています。その気品とあどけなさを併せ持つ表情が美しく、高級ビスクドールとして人気を博していました。
創業者ピエール・ジュモーは、大人の女性の形をしたファッションドールを製作していました。当時のビスクドールは上流階級の子女たちのものであり、彼女たちは着せ替えを楽しみながら、社交界で必要な着こなしを身につけるよう教育されました。

息子のエミール・ジュモーが工房を継ぐ

1877年からは息子のエミールが工房を継ぎ、ビスクドールを製作しました。現在もっとも査定額や買取価格が高価になりやすいのは、エミールの作品として人気と評価を得ているジュモー・トリステです。これはロングフェイスジュモーとも呼ばれていて、伏し目がちに憂いを含んだ大人びた少女の表情が印象的です。
高価で繊細なジュモーのビスクドールは出張買取や査定も実施しています。

ゴーチェ

ゴーチェのビスクドールゴーチェのビスクドールは、大きな瞳と気品のあるしとやかな表情が特徴です。熱心なコレクターも多く、出張買取も各地で実施されています。
ゴーチェは、1860年頃から1916年まで、ファッションドールやベベドールを製作していました。とりわけ、ビスクドールの命の源ともいえるヘッドの製造に長けており、製作方法で特許を取得、ジュモーなどにヘッドを提供していたこともあります。
その高い技術により、1873年にはパリ万国博覧会で銀メダルを獲得しました。
ほかのビスクドールと比較すると肌の色がより白いこと、そして眉が細い傾向にあり、査定や鑑定の際はこれらが決め手になることもあります。

1899年からはS.F.B.J傘下に

フランス屈指の高価な人形メーカーだったゴーチェですが、1899年からはS.F.B.Jという合同会社に加わっています。
S.F.B.Jは、安価なドールを売り出したドイツにフランスが対抗する形で設立されました。ちなみに、ゴーチェと同じくジュモーやブリュもこの合同会社に属しました。

ブリュ

ブリュのビスクドールブリュは人形コレクターの間で愛好され、高い買取価格で取引されるフランスのビスクドールブランドです。
創立から初期の時代、1867年から1877年までは外部からビスクヘッドを提供されファッションドールを製作していました。
1878年からは、ベベドールの製作をスタートさせブルベテやサークル・ドット、テトゥー、ブリュ・ジュンなど高価査定されるドールを次々と世に送り出しました。
1880年代は、木製ボディにブルベテやサークルドットのヘッドを用いたモデルや、オープンマウスモデルの「べべ・グルメ」などが製作されます。これはブリュの人形にビスケットなどを食べさせる「おままごと」ができる人形です。
食べさせたものは体の中の管を取って足から出てくるというからくりになっており、非常にレアなブリュドールとして知られています。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、ビスクドールを誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
ビスクドールの査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。
思わぬ物がお宝に! 思わぬ物がお宝に!

出張買取対応地域

下記地域は最短30分で無料出張いたします。

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

宅配買取(全国対応)

  • 北海道
  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 岡山県
  • 鳥取県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 香川県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 熊本県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

ビスクドール買取について

ビスクドールは、19世紀ヨーロッパにおける上流階級の間で流行した人形です。フランス語で二度焼きを意味する「ビスキュイ」が語源で、その名の通り、初期のビスクドールは二度焼きされた素焼きの磁器で作られていました。磁器製であるために「チャイナ・ドール」と呼ばれた歴史もあります。当時製造されたドールは100年以上が経過しているためアンティークドールにカテゴライズされ、その多くはドールミュージアムや個人の収集家にコレクションされています。
ビスクドールが黄金期を迎えたのは1880年代のことで、フランスのジュモーやブリュといったビスクドールメーカーが多くのドールを製造しました。
当時は、フランス製と比較してドイツ製のビスクドールが安価なことで知られており、子どものおもちゃとして人気を集めました。
洋服の宣伝用に作られたという背景もあり、ファッションドールとして大人の体つきをしていましたが、1855年のパリ万博で市松人形が出品された影響などから、ベベドール(ベビードール)という子どものボディをしたドールも製作されるようになりました。
日本国内のビスクドールには、従来のビスクドールにくわえてキャラクタードールというジャンルもあります。これは、漫画やゲームに登場する人気キャラクターをドール化したもので、ファンの間で高い人気を誇ります。
このようなビスクドールのうち、自由にポーズを取ることができる人形は球体関節人形といいます。これは人間の関節に相当する部分が球体でできていて、ゴム紐の力で自由に曲げられるようになっているものです。
ビスクドールは、完成品を購入して着せ替えを楽しむだけでなく、ヘッドのウィッグやメイク、瞳を取り替えるといったカスタムが可能です。ドール作家の草苅尚代によるビスクドールの型紙やキットは、自分好みのビスクドールの製作を希望する愛好家から人気を集めています。

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up