宝冠章の買取・査定相場

宝冠章の買取

宝冠章買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な宝冠章の価値を査定いたします。福助では様々な宝冠章の高価買取・査定が可能です。不要な宝冠章の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

宝冠章の買取相場

品名 買取価格相場
勲一等宝冠章・宝冠大綬章 600,000円~1,200,000円
勲二等宝冠章・宝冠牡丹章 450,000円~850,000円
勲三等宝冠章・宝冠白蝶章 300,000円~800,000円
勲四等宝冠章・宝冠藤花章 120,000円~180,000円
勲五等宝冠章・宝冠杏葉章 60,000円~110,000円
勲六等宝冠章・宝冠波光章 40,000円~60,000円
勲七等宝冠章 35,000円~48,000円
勲八等宝冠章 20,000円~30,000円

宝冠章の買取実績

                  宝冠章の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 親族から譲り受けた宝冠章を売却したい
  • 所有している宝冠章の価値を知りたい・無料で査定してほしい
  • 宝冠章の買取相場が知りたい
  • 亡父の勲章コレクションにある宝冠章を出張買取に来てほしい
  • 祖母が受勲した宝冠章を引き取ってほしい

ご安心ください!
宝冠章買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

宝冠章を高く売る方法|買取のポイントは?

宝冠章を高く売る方法

宝冠章を高く売るには、宝冠章の価値がわかる鑑定士に依頼し、複数見積りを比較することです。

宝冠章の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

宝冠章は女性だけに授与される日本の勲章です。勲章は美術品であり、貴重な工芸品でもあるため世界中にコレクターが多く、とくに授与数の少ないものは希少価値から高額で売買されます。
戦前の宝冠章にはプレミアがついて鑑定額は上がる一方です。
宝冠章には6等級あり、高位のものほど高額査定。しかし価値を知らない買取業者は安く見積りするので、売却時は目利きに依頼しましょう。

保管箱・勲記など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

宝冠章などは勲記や略綬とともに額装ずみのものが多いです。額装してしまうと授与時の保管箱を処分してしまうことがありますが、捨ててはいけません。
保管箱や勲記は勲章の真贋を保証する鑑定書のようなものですから、残っていれば価値が上がります。
遺品整理や家財整理で宝冠章が見つかったら付属品ごと、勲章にくわしい専門家の出張査定を受けましょう。査定額が上がるはずです。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

勲章が収集家やマニアに売れると知っている人は多くありません。ですから最初の査定で満足してしまうのですが、損をしないためには複数店舗から査定を取るのがコツです。
骨董品や古美術品に強い買取店なら、勲章の保管状態が良くなくても、買取相場にしたがって高く買ってくれます。
オークションで売るより高額査定になることもありますから、必ず複数の見積りを比較後に売りましょう。

宝冠章買取業者の選び方

宝冠章買取業者の選び方

信頼できる宝冠章の買取業者は、勲章を無料査定できて、買取実績が多数の店です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

宝冠章を鑑定してもらう場合は、無料査定の店舗を選ぶべきです。
勲章の査定はむずかしいものですが、良心的な買取業者なら無料で見てくれて買取価格も高額。宝冠章の最新相場に応じて見積りをしてくれます。
いっぽう悪質な業者は査定が低く「売却しないなら出張費を」と請求されることがありますが、勲章の査定は基本的に無料です。依頼時に「有料」という業者は避けましょう。

宝冠章の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

宝冠章はコレクターの多い高価な勲章です。引っ越しなどで売る時は、ホームページで買取実績を多数掲載している業者に頼むのが正解。
保管状態や授与時期によって価値が異なる宝冠章をたくさん買取できる業者は、アンティークや骨董品に強い店です。専門家がプレミア価格で買うので売り手も安心し、多数の買取実績が上がります。
つまり買取実績が豊富=安心で良心的な店なのです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

宝冠章買取について

宝冠章買取について

「宝冠章(ほうかんしょう)」は、日本の勲章の一つです。日本における初めての勲章は、明治8年(1875年)に制定された「旭日章(きょくじつしょう)」ですが、しだいに勲章の種類が不足したため、明治21年(1888年)に「宝冠章」「瑞宝章(ずいほうしょう)」があらたに制定。制定当初は「旭日章」「瑞宝章」は男性が授与対象であり、「宝冠章」は女性を受賞者とするものでした。宝冠章は明治29年(1896年)に8等級となり、平成14年(2002年)に6等級に整理されて現在に至ります。

  1. 宝冠大綬章(ほうかんだいじゅしょう)
  2. 宝冠牡丹章(ほうかんぼたんしょう)
  3. 宝冠白蝶章(ほうかんしろちょうしょう)
  4. 宝冠藤花章(ほうかんとうかしょう)
  5. 宝冠杏葉章(ほうかんきょうようしょう)
  6. 宝冠波光章(ほうかんはこうしょう)

勲章デザインは6等級ともほぼ共通で、中心に古代の女帝の冠「宝冠」を縦長の楕円に配し、宝冠のまわりを「竹枝」が囲み、勲章外輪に桜の花・葉がついています。「宝冠波光章(はこうしょう)」以外の勲章は、楕円形と外輪のふちに天然真珠をつけた華やかなものです。また勲章と、勲章をつけるためのリボンである「綬(じゅ)」のあいだには、鈕(ちゅう)という金具がついており、これは勲章の等級ごとにデザインがことなります。宝冠大綬章には「桐花」がつき、それ以下の宝冠章は、それぞれの勲章の名前から「牡丹の花」、「白い蝶」、「藤の花」、「杏の葉」、「波」の綬です。なお、宝冠章は平成15年(2003年)より「日本の女性皇族への叙勲」および「外国人女性賓客への儀礼叙勲」にのみ運用されるようになりました。同年から女性も「旭日章」「瑞宝章」の授与対象となったために、一般の女性へ授与する必要がなくなったからです。最近では2011年に秋篠宮眞子さまが、2014年に佳子さまが成年皇族になられたときに授与され、外国人としては2016年にベルギー国王妃であるマティルド妃が来日時に叙勲されました。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定