ホーロー看板・木製看板の買取・査定相場

明治期木製看板 参天堂薬房 健通丸

ホーロー看板・木製看板買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なホーロー・木製看板の価値を査定いたします。

福助では様々なレトロ看板の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ホーロー看板・木製看板の買取相場

品名買取相場
グリコ 戦前 琺瑯(ホーロー)看板 10,000~30,000円
昭和 たばこ 電動看板 8,000~25,000円
大塚製薬 大村崑 オロナミンC 琺瑯(ホーロー)看板 8,000~18,000円
コカ・コーラ 看板 2,000~20,000円
金鳥キンチョール 美空ひばり 看板 6,000~20,000円

ホーロー看板・木製看板の買取実績

                  津村順天堂 ヘルプ木製看板
  • 仁丹 戦時中の廃品回収箱
    仁丹 戦時中の廃品回収箱 買取価格 10,000円
  • 仁丹 ホーロー企業看板
    仁丹 ホーロー企業看板
  • ツルマルマッチ ホーロー看板
    ツルマルマッチ ホーロー看板 買取価格 8,000円
  • 藤澤樟脳 木製両面看板
    藤澤樟脳 木製両面看板 買取価格 20,000円
  • 大正製薬栄養剤 ネオネオギー ノベルティ看板
    大正製薬栄養剤 ネオネオギー ノベルティ看板 買取価格 40,000円
  • ブルトーゼ 販促人形看板
    ブルトーゼ 販促人形看板 買取価格 10,000円
  • 仁丹 大型木製看板
    仁丹 大型木製看板 買取価格 26,000円
  • 津村順天堂 ヘルプ木製看板
    津村順天堂 ヘルプ木製看板 買取価格 12,000円
  • 明治期木製看板 参天堂薬房 健通丸
    明治期木製看板 参天堂薬房 健通丸 買取価格 40,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 木製の古い看板を査定してほしい
  • 所有している昭和レトロ看板が幾らくらいで売れるか知りたい
  • コレクションしていた昭和初期のホーロー看板を、まとめて売りたい
  • 古いブリキの看板を処分したい

ご安心ください!
ホーロー看板・木製看板買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ホーロー看板・木製看板を高く売る方法|買取のポイントは?

独特の風合いが人気の、レトロ看板を売却する方法のご紹介です。

ホーロー看板・木製看板の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

実際に見たことはないのにどこか懐かしい看板「レトロ看板」は、海外のものも高値で売却できる可能性があります。
琺瑯看板(ホーロー看板)、ブリキ看板などレトロ看板をお持ちの方は、いくらになるか査定してみましょう。
古い看板に詳しい専門の買取業者に依頼すると、驚くような価格で売却できるかもしれません。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

レトロ看板は、付属品もそろえて査定してもらうのが高額で売却するコツです。ゴミと認識していたものが、実は真贋を見極めるのに重要な手がかりになることもあります。
レトロ看板を査定に出す時には、琺瑯看板(ホーロー看板)、ブリキ看板本体だけでなく、付属しているアイテムもそろえて買取依頼を出しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

レトロを感じさせる懐かしい看板は、元々販売されていたものではないので定価はありません。また、新しく生産されているものでもないので希少なレトロ看板は年々価格が高騰していく可能性もあります。
今最も高い金額で売却するためには、専門知識がありレトロの業界動向やトレンドをしっかり追っている買取業者に依頼することです。
そうした買取店に巡り合うまで、複数店で相見積もりを取ってみてください。

信頼できるホーロー看板・木製看板の買取業者の選び方

レトロ看板を売却したい時は、買取実績豊富な査定無料の業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京23区内で、無料査定を実施してる買取店は多くあります。しかし、査定した後から法外な手数料を要求してくるトラブルも報告されているので、事前にしっかり確認しておきましょう。
査定の流れ、査定にかかる費用(鑑定書発行料、出張査定の交通費実費)について納得した上で、レトロ看板を売却するのがおすすめです。

ホーロー看板・木製看板の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

レトロ看板やアンティークアイテムを買取実績としてPRしている買取業者は、知識豊富、販路豊富で査定額アップも期待できます。
買取業者のサイトやブログ、SNSをチェックして買取実績を検索してみてください。レトロアイテムのコラムや解説記事を掲載している買取店も要チェックです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ホーロー看板・木製看板について

仁丹 大型木製看板

昭和は、昭和天皇が即位した1926年から1989年の1月7日までの年号です。第二次世界大戦があったり高度経済成長期があったりと、日本にとっても激動の時代。そんな昭和文化の雰囲気をよく表しているのが「レトロ看板」です。レトロ看板は1950年代から1970年代ごろまでに作られていた広告看板。屋外に置いて商品や企業をPRするもので、古いものは明治時代から作られていました。以後、大正・昭和40年代にかけて広告の主流として制作され、建物の壁や田畑のなかに置かれていたのです。
企業および商品の広告が目的ですから、図柄は直感的にわかるようにデザインされています。商品そのものをダイレクトに描いたオロナミンCや金鳥 かとりせんこうの看板、企業ロゴを生かしたエビスビール、サクラビールの看板。企業キャラクターを起用した不二家ミルキーやカルピスなどが有名です。屋外に設置されることが前提だった昭和時代の看板の多くは、ホーローで作られていました。ホーローは金属板の上にガラス質の釉薬を焼き付けたもの。耐久性は高いものの、屋外に設置された看板はサビがでたり破損があったりしていることが多く、きれいな状態で残っている昭和レトロな看板は高価買取が期待できます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定