陸軍軍服の買取・査定相場

陸軍軍服98式上衣 中尉襟章付

陸軍軍服買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な陸軍軍服の価値を査定いたします。

旧日本軍の陸軍軍服の買取相場は、1.5万円~12万円と希少性や流通の多寡によって大きく変動します。特に明治時代は軍装が大きく変更された期間であり、明治3年制式、明治6年制式、明治12年制式、明治19年制式、26年、37、38、39年、45年など陸軍軍服に詳しくないとお手持ちの軍服がどれに該当するか分からない方も多いかと思います。また陸軍軍服というと日本軍のものというイメージが強いかもしれませんが、ミリタリーファンにはドイツ連邦軍、イタリア軍などのヨーロッパ地域の陸軍軍服、アメリカ軍の陸軍軍服も需要があり、大きなマーケットとなっています。陸軍の軍服は階級によってさまざまな種類があり、階級章や装備の一部でも鑑定可能な場合があります。自宅で陸軍軍服が眠っているという方、陸軍軍服や日本軍の軍服を手放そうと検討している方は、軍服買取に実績豊富な福助へお問い合わせください。
福助では様々な陸軍軍服・制服の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

陸軍軍服の買取相場

品名買取相場
陸軍軍服 旧日本軍 少将 三式制服  60,000~120,000円
陸軍軍服 旧日本軍 少将 98式軍衣 25,000~70,000円
陸軍軍服 旧日本軍 大尉 肋骨服 上着 20,000~39,000円
陸軍軍服 旧日本軍 士官 四五式軍衣上下 20,000~35,000円
陸軍軍服 旧日本軍 昭五式 士官用 上下 13,000~22,000円
陸軍軍服 旧日本軍 中尉 上下 昭五式 14,000~24,000円
陸軍軍服 騎兵 大尉 大礼服 上下 65,000~130,000円
陸軍軍服 幼年学校 上衣 30,000~65,000円

陸軍軍服の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の陸軍軍服を処分したい
  • 所有している陸軍軍服が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 実家の押し入れに仕舞ったままの陸軍軍服の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた陸軍軍服を、まとめて売りたい

ご安心ください!
陸軍軍服買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

陸軍軍服を高く売る方法|買取のポイントは?

陸軍軍服を高く売却するときのポイントは、軍モノを得意とする実績が多い買取店に依頼しましょう。

陸軍軍服作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

陸軍軍服は、軍モノで根強い人気のあるコレクターズアイテムです。
大日本帝国陸軍・東ドイツ軍などの陸軍軍服を、高く売却したい場合は、陸軍軍服に関して価値がわかる目利きのプロ鑑定士に依頼しましょう。
生地・デザイン、階級など陸軍軍服に関しての専門知識がある鑑定士なら、適正価格を提示してくれます。階級が高いもので、保存状態が良い軍服は、高価買取になる傾向があります。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

大日本帝国陸軍などの陸軍軍服を、買取業者や買取店で査定をお願いする場合、軍服だけではなく、軍装品や戦争資料などがあれば、一緒に出すことをおすすめします。
付属用品などで、真贋を見分け、何年制式のものなのかなど判断することができます。
また、査定額は、陸軍軍服のみだけではなく、総合的に判断されるため、査定額が上がる可能性もあります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

各買取店は、それぞれ販売ルートや強みが異なるため、独自の買取価格を提示します。
そのため、陸軍軍服の買取価格や買取相場を知りたい場合は、評判が高い複数の買取店から、見積もりをとりましょう。
手元に届いた見積もりの中から、高額買取を提示した買取店で相談しましょう。

信頼できる陸軍軍服買取業者の選び方

陸軍軍服の売却は、軍モノの買取実績豊富出張査定、無料鑑定・査定を実施している業者を選びましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

帝国陸軍などの陸軍軍服の売却を考えたとき、必ず鑑定料や査定料が無料なのか確認しましょう。良心的な買取店や買取業者は、無料鑑定や無料査定を実施しているところが多いです。
なかには、査定後に高額請求を出してくる業者がいますので、陸軍軍服を売却する際は、必ず鑑定料などの有無を確認しておきましょう。

陸軍軍服の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

陸軍軍服を高く買取してくれる業者を見つけたい場合は、陸軍軍服を今まで多く買取している買取業者を見つけましょう。
買取数が多いということは、帝国陸軍やロシア陸軍などの陸軍軍服に関しての、専門知識をもっている鑑定士がいるということになります。
買取実績を確認したい場合は、各買取店のホームページで掲載されている、買取実績を見ましょう。売却する事前に、チエックしておきましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

陸軍軍服について

陸軍軍服外套(マント ポンチョ)中尉襟章付

陸軍軍服は、世界各国にさまざまなデザインの軍服があります。ドイツ連邦軍、イタリア軍、アメリカ軍などの陸軍軍服も多く出回っていますが、一般に陸軍軍服というと買取市場では主に、明治時代~1945年にかけて用いられていた旧日本軍の軍服を意味します。とはいえ、その種類はさまざまで明治時代、大正時代とさまざまな変遷を経て着用されてきました。通常の軍装だけでなく、正装や礼装や略装まで含めるとすさまじいバリエーションがあります。帝国陸軍(日本軍)の軍服は、当初フランス陸軍のデザインを参考に作られました。これは、軍制そのものもフランスを手本としていたためです。
しかし、普仏戦争(プロイセン=フランス戦争)でプロイセンが勝利したことから、ドイツの軍制や軍服の意匠に倣うようになります。とはいえ、丸ごと真似たわけではもちろんなく、意匠は列強各国の影響が混ざり合って反映され日本の陸軍軍服として確立されていきました。軍服というと着こなしもキッチリと決められていたように思われがちですが、大正から昭和にかけては、若年層の将校准士官たちいわゆる青年将校らの間でウェストを絞ったり着丈のボタン配列を短く詰めて足長に見せたりする、垢抜けた着こなしが流行したことも。颯爽と見せたいという気持ちは、誰しも同じだったようです。

高価買取中の軍服
海軍 陸軍 大礼服

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定