七宝焼の買取・査定相場

七宝焼の買取

七宝焼買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な七宝焼作品の価値を無料で査定いたします。福助では幅広いジャンルの七宝焼作品の高価買取・査定が可能です。不要な七宝焼の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

七宝焼の買取相場

品名 買取相場
七宝焼 明治期 一対瓶 50,000~1,000,000円
七宝焼 田村七宝花器 3,000~30,000円
七宝焼 服部良三作 花瓶 6,000~15,000円
七宝焼 安藤七宝花瓶 3,000~100,000円
七宝焼 無名有線 花瓶 1,000~15,000円
七宝焼 安井幸晴作 花紋大花瓶 50,000~110,000円
七宝焼 田村幸夫作 七宝焼 花紋大花瓶 15,000~25,000円
七宝焼 権田七宝 白龍園作 23,000~40,000円

七宝焼の買取実績

                  七宝焼の買取実績
  • 安藤七宝製 灰釉紋入り花瓶

    安藤七宝製 灰釉紋入り花瓶 買取価格 15,000円

  • 七宝焼 蓮池双鯉図花瓶(ヒビあり)

    七宝焼 蓮池双鯉図花瓶(ヒビあり) 買取価格 5,000円

  • 田村幸夫作 七宝焼花瓶

    田村幸夫作 七宝焼花瓶 買取価格 10,000円

  • 林八左衛門作 七宝焼銅壷網代模様花瓶

    林八左衛門作 七宝焼銅壷網代模様花瓶 買取価格 30,000円

  • 七宝焼 紺釉菊図花瓶

    七宝焼 紺釉菊図花瓶 買取価格 60,000円

  • 安藤七宝 南天図花瓶一対 高さ24.5cm

    安藤七宝 南天図花瓶一対 買取価格 20,000円

  • 安藤七宝製・鳳凰麒麟文一輪挿し

    安藤七宝製・鳳凰麒麟文一輪挿し 買取価格 30,000円

  • 七宝焼 黒花図花瓶

    七宝焼 黒花図花瓶 買取価格 15,000円

  • 七宝焼 紫陽花文花瓶

    七宝焼 秋景図花器 買取価格 5,000円

  • 七宝焼 秋景図花器

    七宝焼 秋景図花器 買取価格 15,000円

  • 七宝焼 赤地菊花文花瓶 高さ31cm

    七宝焼 赤地梅木菊花文花瓶 買取価格 18,000円

  • 七宝焼 赤地梅木菊花文花瓶

    七宝焼 赤地梅木菊花文花瓶 買取価格 6,000円

  • 七宝焼 竹に雀図花瓶

    七宝焼 竹に雀図花瓶 買取価格 20,000円

  • 七宝焼 抽象文花瓶

    七宝焼 抽象文花瓶 買取価格 20,000円

  • 七宝焼 梅の図花瓶

    七宝焼 梅の図花瓶 買取価格 3,000円

  • 七宝焼 富士に桜の図花瓶

    七宝焼 富士に桜の図花瓶 買取価格 20,000円

  • 七宝焼 緑釉花器

    七宝焼 緑釉花器 買取価格 28,000円

  • 七宝焼 松島図花生け

    七宝焼 松島図花生け 買取価格 25,000円

  • 七宝焼 百合の図花瓶

    七宝焼 百合の図花瓶 買取価格 10,000円

  • 有線七宝淡緑地遊双鯉図花瓶

    有線七宝淡緑地遊双鯉図花瓶 買取価格 25,000円

  • 尾張七宝 極細密花鳥図銀線七宝花瓶

    尾張七宝 極細密花鳥図銀線七宝花瓶 買取価格 75,000円

  • 安藤七宝製 鈴蘭図花瓶

    安藤七宝製 鈴蘭図花瓶 買取価格 20,000円

  • 錦雲軒稲葉七宝製 菊図大花瓶

    錦雲軒稲葉七宝製 菊図大花瓶 買取価格 50,000円

  • 盛上七宝 双鯉図花瓶

    盛上七宝 双鯉図花瓶 買取価格 800,000円

  • 双鯉図七宝花瓶

    双鯉図七宝花瓶 買取価格 80,000円

  • 安藤重兵衛作 七宝焼藤図花器一対

    安藤重兵衛作 七宝焼藤図花器一対 買取価格 800,000円

  • 七宝焼 盛り上げ緑釉尊式花器

    七宝焼 盛り上げ緑釉尊式花器 買取価格 260,000円

  • 安藤七宝製 梅に鶯図小箱

    安藤七宝製 梅に鶯図小箱 買取価格 120,000円

  • 鳳凰紋七宝蓋透彫脚付ボンボニエール

    鳳凰紋七宝蓋透彫脚付ボンボニエール 買取価格 30,000円

  • 黄地鳳凰図七宝花入

    黄地鳳凰図七宝花入 買取価格 10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

高価買取中の七宝焼製造工房・有名作家
濤川惣助 並河靖之
その他高価買取中の七宝焼製造工房・有名作家
安藤重兵衛 三輪富三郎 加藤耕三 本多興三郎 服部唯三郎 稲葉七穂(錦雲軒) 竹内忠兵衛 梶常吉 梶佐太郎 林喜兵衛 柴田宗三郎 太田良治郎 林谷五郎 川出柴太郎 粂野締太郎 林小傳治 川口文左衛門 富木庄兵衛 田村幸夫 塚本貝助 太田甚之栄

こんなお悩みございませんか?

  • お祝いで貰った七宝焼の花瓶を売りたい
  • 先祖代々伝わる、明治工芸の七宝焼花器を買い取ってほしい
  • 作者の分からない七宝作品を鑑定してほしい
  • 使ってない七宝焼きを処分したい
  • 古そうな七宝焼があるが高齢で片付けや搬出ができない
  • 七宝焼を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
七宝焼買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

七宝焼買取をご利用いただいたお客様の声

  • 七宝焼 紫陽花文花瓶の買取事例

    60代女性

    60代女性

    祖母から受け継いだ七宝焼きの花瓶を数点手放すことに決め、おすすめの買取店として掲載されていたこちらにお願いしました。 事前に調べてはいたのですが、調べた通りに店舗のアクセスも良く、対応していただいた方も気さくな雰囲気でスムーズに買取が進みました。七宝焼きの相場や、七宝焼きの価値判断がどこかなど、細かく説明をしてもらえたので、売却する際も納得して手放せたと思います。 骨董品の買取に長けた歴史ある買取店さんということで、七宝焼きのような古い美術品も見ていただけたのかなと思います。買取価格の算出は客観的な判断に基づいて出されている印象で、公平感がありました。

  • 七宝焼きの器、大皿の買取事例

    40代男性

    40代男性

    七宝焼きの器や皿があり、買取をお願いしました。 相場なども分からず、買い取ってもらえるかどうかも知らずにポンと申し込んでしまいましたが、上品な鑑定士さんが対応してくださり安心してお任せすることができました。査定の前に、鑑定の流れや、無理に売却する必要はないことなどを丁寧に説明していただきました。買取が終わってから、無理やり買取を行う悪質な業者もいるということをニュースを知り、誠実な業者さんと巡り会えて良かったとしみじみ感じているところです。 年齢的に実家の片づけを必要としている知人も多いので、買取に悩んでいる方にはおすすめしたいと思っています

  • 鳳凰紋七宝蓋透彫脚付ボンボニエールの買取事例

    50代女性

    50代女性

    七宝焼きは昔の貴重品というイメージがあり、買取価格はあまり期待していませんでした。値段がつかないのでは‥‥という危惧もあり、半信半疑で買取の申し込みをしました(スミマセン)。 こちらにお願いしたのは、骨董品や古美術の買取実績が多く、美術品に造詣が深いことをアピールしていたからです。七宝焼きもこういったところでならもしかしたら、と思い、手放したい七宝焼きの工芸品も持ち込みました。 結果的に、七宝焼きの価値を見極めてくれる買取店であるということが分かりました。過去の経験から買取店にあまり良い印象がなかったのですが、こちらは知識があり、対応も素晴らしかったので、今後は何かあったらこちらにお願いしたく思います。

七宝焼鑑定のポイント

鑑定士がチェックする七宝焼査定ポイント
  1. 傷や割れの有無
  2. 付属品の有無
  3. 刻印、窯印の確認

1.傷や割れの有無

    傷のある七宝焼

骨董品としての価値が高い七宝焼きの製品は、保存状態が良いことが高額買取のポイントになります。

傷、汚れ、欠け、割れなどは大幅な減額の対象になります。日頃より取扱いや保管には気を配りましょう。

2.付属品の有無

    付属品の有無

共箱、保証書、略歴、栞(しおり)のような付属品がある場合は一緒に査定に出しましょう。

3.刻印、窯印の確認

    刻印、窯印の確認

底面などに刻印・窯印などあるものは作者や工房を特定する手がかりとなり、高価な七宝焼作品の可能性が高まります。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

七宝焼買取でよくある質問

七宝焼買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

七宝焼について

安藤七宝 南天図花瓶一対 高さ24.5cm

七宝焼きとは金属工芸の一種です。下地に金、銀、銅、鉄、青銅などを使い、釉薬を乗せたものを摂氏800度で焼き、美しい彩色を施した焼き物です。釉薬がガラス質のため、磁器製品よりも光沢や透明感があることが特徴です。日本では鉄に釉薬を施したものを琺瑯、英語ではエナメルと呼ばれています。七宝の名前の由来は、宝石を材料に使うためという説や法華経の七宝ほどに美しいためという説があります。七宝焼は、作る職人の技術によって作品の良し悪しが左右されます。安いものでは数千円から、形や色彩が非常に美しいものは骨董品として高い価値を持つため、数十万円でお買取りさせていただくことも珍しくありません。骨董品としての価値が高い七宝焼きは、保存状態が良いことが高額買取のポイントになります。傷、汚れ、欠け、割れなどは大幅な減額の対象になります。日頃より取扱いや保管には気を配りましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定