陶磁器買取・鑑定なら東京の骨董品買取専門店【福助】

陶磁器買取

陶磁器買取なら 「買取福助」へ。

陶磁器買取なら福助へ
査定無料、鑑定は相場を熟知した専門の鑑定士が担当致します。
お気軽にお問い合わせください。

陶磁器買取・鑑定なら福助へ

陶磁器買取なら創業63年の買取専門業者、東京の福助におまかせください。
雅な美しさを湛える京焼、九谷焼、「わびさび」の備前焼、唐津、萩、常滑焼、人気の高い伊万里焼や瀬戸・美濃焼きの花瓶や皿など日本の陶磁器はもちろん、西洋陶磁・中国・李朝の古陶磁など焼き物をどこよりも高く買取致します。
買取福助では、専門知識を持った熟練の鑑定士が買取価格相場の限界に挑戦して、高価買取いたします。
価値のわからない陶磁器や、売りたい陶磁器の処分でお困りなら、お気軽に買取福助にご相談ください。

陶磁器の買取実績

  • 中里隆作/唐津南蛮扁壺
    中里隆作/唐津南蛮扁壺
  • 十三代中里太郎右衛門/絵唐津額皿
    十三代中里太郎右衛門/絵唐津額皿
  • 清水六兵衛/瀬戸唐津花瓶
    清水六兵衛/瀬戸唐津花瓶
  • 人間国宝・濱田庄司作/マグカップ共箱付
    人間国宝・濱田庄司作/マグカップ共箱付
  • 高橋誠作/色絵郡雀図大壺
    高橋誠作/色絵郡雀図大壺
  • 前田正博作/色絵洋彩鉢
    前田正博作/色絵洋彩鉢
  • 十代三輪休雪作/萩焼き角花入
    十代三輪休雪作/萩焼き角花入
  • 十二代坂高麗左衛門作/萩焼扇面組皿
    十二代坂高麗左衛門作/萩焼扇面組皿
  • 杉浦康益作/ホオズキ
    杉浦康益作/ホオズキ
  • 渡辺国夫作/色絵金銀彩線紋鉢
    渡辺国夫作/色絵金銀彩線紋鉢
  • 島岡達三作/益子焼象嵌赤絵草加文角皿
    人間国宝・島岡達三作/益子焼象嵌赤絵草加文角皿
  • 浅野治志作/色絵とんぼ図陶筥
    浅野治志作/色絵とんぼ図陶筥
  • 李朝・染付面取草花文壺
    李朝・染付面取草花文壺
  • 河本礫亭造/染付草花文花瓶
    舜陶窯・河本礫亭造/染付草花文花瓶
  • 蓮に鷲の図白磁置物
    蓮に鷲の図白磁置物
  • 加守田太郎/益子焼壺
    加守田太郎/益子焼壺
  • 新垣栄三郎/壺屋焼・赤絵壺
    新垣栄三郎/壺屋焼・赤絵壺
  • 新垣栄三郎/壺屋焼・赤絵壺
    古越前・お歯黒壺

陶磁器買取で福助がお客様に選ばれる「6つのポイント」

買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント

  1. 高価買取!

    高価買取!

    国内大手オークション会社顧問を勤める陶磁器鑑定に精通したスタッフが市場調査を徹底して行い、適正価格を把握しているため高価買取が可能です。

  2. 鑑定力に自信あり!

    鑑定力に自信あり!

    美術品の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の代表が、陶磁器を誠実に鑑定いたします。

  3. 63年の実績!

    63年の実績!

    昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた63年続く信頼の実績で確かな鑑定を行います。

  4. 査定料・出張費無料!

    査定料・出張費無料!

    陶磁器の査定はもちろん無料!
    お客様のご都合に合わせて、ご自宅までお伺い致します。東京都心・城南六区は無料で出張!

  5. 便利な駅チカ!

    便利な駅チカ!

    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカで便利!

  6. 現金払い!

    現金払い!

    高額商品でも、査定金額にご満足いただけましたら、その場で現金買取させていただきます。


高価買取できる理由

陶磁器を売りたいお客様、
こんなお悩み
ございませんか?

  • 価値の分からない古い陶磁器を鑑定してほしい
  • 故人が大切にしていた陶磁器を買い取ってほしい
  • 陶磁器を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は、陶磁器の買取に関するどんな些細なお悩みにも、丁寧にわかりやすくお答えいたします。
お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取福助ならご要望に応じて
2つの買取方法が選べます。

店頭買取
出張買取

鑑定士がチェックする3つのポイント!陶磁器買取価格はこうして決まる!

ご自宅に眠ってる陶磁器の売却をお考えなら、買取価格を左右する3つのポイントをチェック!

高価査定のポイント!陶磁器の作家はおわかりですか?

きちんと鑑定します。焼き物の場合でも絵画や骨董と同様にどのような作家の作品かが、買取価格左右する査定のポイントになります。有名な作家の作品は、底の部分に銘が入っているので確認してみましょう。

作家の記載とサイズが決め手!共箱はありますか?

空箱でも買い取りできます。作品が入っていた桐箱はございますか?桐箱と作品のサイズとはぴったり合っていますか?箱に作品の銘と同じ作家の記載がある場合は高価買取になる可能性が高くなります。桐箱そのものが古く、歴史がありそうな佇まいをしていると古い年代の品物であることが予想されるため高価買取につながります。

傷、ヒビ、欠けはない方が良い!保管状態も重要です

陶芸作家の画像作品そのものに傷や欠けなどがある場合は減額の対象となります。保管には十分注意をしましょう。一見傷が無いように見えても、カンニュウ(ヒビ)や、ホツ(欠け)がある場合もございます。陶磁器は壊れやすいので取扱に十分注意しましょう。

高価買取につながる陶芸作家一覧

陶芸作家

板谷波山・富本憲吉・北大路魯山人・楠部彌弌・加藤唐九郎・荒川豊蔵・藤本能道・金重陶陽・河井寛次郎・石黒宗麿・加藤土師萌・清水六兵衛・三輪休和・濱田庄司・中里無庵・楽吉左衛門・宮川香山・藤原啓・近藤悠三・岡部嶺男・永楽和全・三輪休雪・清水卯一・諏訪蘇山伊東陶山・八木一夫・浅蔵五十吉・青木龍山・清水六和・酒井田柿右衛門・吉賀大眉・三浦小平二・清風与平・中里逢庵・井上良斉・松井康成・徳田八十吉・河合誓徳・山本陶秀・河村蜻山・宮之原謙・今泉今右衛門・田村耕一・上出喜山・島岡達三・藤原雄・森野嘉光・山田常山・辻常陸・鈴木治・青木木米・野々村仁清・尾形乾山・中里太郎右衛門・井上萬二・川喜田半泥子・隠崎隆一・三浦竹泉・深見陶治・福島武山・伊東翠壺・伊勢崎淳・坂高麗左衛門・加守田章二

この他の作家の作品も高価買取が出来ます!ぜひ一度無料鑑定をお試しください。
知ってると便利!鑑定士との会話も弾む?!→陶磁器用語解説はこちらでチェック

買取強化中の陶磁器

青磁買取

青磁の高価買取は買取福助におまかせください。品のある青さが根強い人気の青磁は中国の皇帝のために作られたのが始まりと言われています。青磁の特徴でもある高貴な青色は、ヒスイの色をイメージしたと言われていま…

伊万里焼買取

伊万里焼の高価買取は、東京の買取福助におまかせください。鮮やかな色絵とつるりとした手触りで人気の伊万里焼は、世界中にファンを持つ美術品です。一般的に「伊万里焼」とは明治以降に佐賀県伊万里市で作られた陶…

九谷焼買取

九谷焼の買取・査定は東京の買取福助にご相談ください。伊万里焼と並び、日本時期の代表的存在で海外にもファンを多く持つ九谷焼誕生の歴史は16世紀にまで遡ります。石川県南部を中心に生産されていた九谷焼ですが、…

備前焼買取

備前焼の買取・査定は東京の買取福助におまかせください。日本六古窯の中でも最も古い歴史を持つ備前焼。日本の焼き物の原点とも言うべき備前焼の特徴は、釉薬(うわぐすり)や絵付けもしないこと。土と炎が作り出す…

陶磁器買取をご利用頂いたお客様の声(感想・口コミ)

画像

70代女性

陶磁器の整理で利用

実は、主人自身が陶器・磁器の壺、花瓶、皿、置物などの正確な価値・値段を知らないようで‥。しかも種類が京焼、九谷焼、唐津、萩、伊万里焼など、たくさんあるとのこと。とりあえず、プロの方にしっかりと鑑定・査定をしてもらってから、買取してもらうことにしました。

専門知識を持った鑑定士がしっかりと説明してくれたので、主人も納得、一部だけ買取して頂きました。

もっと見る

画像

60代男性

譲りうけた陶器・磁器の処分

祖父の骨董品コレクションの中から、自分が好きな陶器・磁器を譲り頂き、現在の価値が知りたくて、問い合わせたところ、無料で出張買取して頂けるとのことで、依頼しました。担当の鑑定士がとても話しやすく、いろいろな情報を聞けて良かったです。

鑑定は丁寧と査定は適正でとても安心しました。しばらくして、また買取の依頼をする際には、福助さんにお願いしようと思います。

陶磁器を高く売るなら鑑定力のある業者がおすすめ

お客様の大切なお品物は
私たちが鑑定します。

鑑定士のご紹介はこちら

陶磁器の買取・査定方法

買取福助ならご要望に応じて
2つの買取方法が選べます。

店頭買取
出張買取

陶磁器の出張買取は簡単4ステップ

陶磁器を処分したいけれど、重くて持ち運びが大変!
そんな方には、「陶磁器の出張買取」サービスがおすすめです。

東京都内の出張買取地域

港区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区

買取の流れ

3STEPでカンタン!

  • Step 1
    鑑定

    ステップ1

    鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

  • Step 2
    お見積り

    ステップ2

    『古い品物の価値を知りたい・・・』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

  • Step 3
    買取成立・
    お支払い

    ステップ3

    査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

陶磁器関連のおすすめ記事

あわせて読みたい
陶磁器用語解説 ・安南焼(あんなんやき) ベトナムで焼かれたやきもの。安南染付・安南赤絵など。滲んだ線の染付は絞り手といって茶人に好まれた。 ・...

陶磁器買取について

陶磁器は粘土を固め、焼いて作った器の総称です。セラミックの一種であり「やきもの」と呼ばれることもあります。陶磁器の前身は、土器と呼ばれる素焼きのやきもので、縄文土器などもこれにあたります。土器には釉薬を用いませんが彩色されることはあり、すべての土器が土色ということはありません。土器から進化した陶器と磁器には、それぞれに特徴があります。陶器は、厚手で重く、叩くと鈍い音がする器です。光の透過性はありませんが、吸水性が高いという特徴があり、土の素朴な風合いを楽しむことができます。高台は茶色でざらざらしています。和食器では美濃焼、瀬戸焼、伊賀焼、大谷焼きなどが有名です。特に、美濃焼は全国の陶磁器生産量の半数を占めており、和食器だけでなく洋食器も生産しています。英語では、陶器をアーザン・ウェアといいます。対する磁器は、陶器に比べると薄手で、叩くと鋭い金属音がするのが特徴です。光の透過性があり吸水性が低く、素地の色はほぼ白一色です。高台は白く、なめらかな質感になっています。磁器は、焼成温度によって、さらに軟質磁器と硬質磁器に分類できます。英語では磁器をポーセリンといい、軟質磁器はボーンチャイナと称して区別されています。 国内では、絵付けの美しい伊万里焼や有田焼、九谷焼がよく知られています。陶器や磁器のどちらか一方ではなく、両方を焼いている窯元もあります。それが、有田焼の下請けや陶器の製造からスタートした波佐見焼です。波佐見焼は、もともと陶器を生産していましたが、現在では磁器作りもおこなっています。また、土器と陶磁器の中間の性質をもつものとしてよく知られている陶磁器に、常滑焼があります。常滑焼は、大正期にフランク・ロイド・ライトによって設計された帝国ホテルの建築陶器を生産したことでも有名です。光の透過性、吸水性はともになく、叩くと澄んだ音がするのが特徴です。これは英語でストーンウェアと呼ばれており、ウェッジウッドのジャスパーウェアというシリーズが有名です。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル