掛軸買取・査定なら東京の福助へ

掛軸買取

掛軸の高価買取なら、東京の買取福助にお任せください。
色紙・短冊・屏風・水墨画や中国掛け軸など、鑑定歴20年以上、相場を熟知した専門の鑑定士が無料で査定いたします。

  • 掛軸買取の専門業者『買取福助』は創業から64年、豊富な買取実績
  • 掛軸の査定は無料、作家や価値のわからない掛軸も鑑定士が誠実査定
  • 選べる3つの買取方法、店舗での買取以外に出張・宅配での買取も可能
  • 東京都内(大田区・港区・品川区・目黒区・渋谷区・世田谷区)限定!無料出張

掛軸買取実績・価格相場

中国掛軸、仏画、花鳥画、水墨画、山水画、美人画などさまざまな掛軸の買取実績を公開しております。
ご自宅に眠る掛軸で思い当たるアイテムがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

仏画(タンカ・曼荼羅)

 
仏画は、本来は仏像のように礼拝されるもので、仏教の諸仏の姿を描いたものや曼荼羅図(まんだらず)を指します。
仏教世界をわかりやすく描いた作品も多く、人が死後に行く極楽や地獄を描いた極楽地獄絵図も仏教伝説図のひとつです。

水墨画・山水画

 
水墨画は日本画のなかでも非常に人気が高いものです。基本的には墨の黒一色だけを使い、墨の濃淡やにじみ方、かすれを技法として使いこなします。
もともとは中国から伝わったもので「唐絵」と呼ばれた絵画のひとつでした。唐絵として、ともに伝来した数々の技法が消えていく中、水墨画は思想性を感じさせる画風が日本人に好まれました。

日本の山水画は、当初は中国の山水画に倣って描かれていましたが、鎌倉時代に変化が起きます。雪舟が、中国から模倣した「再構成した創造の風景」ではなく実際に日本にある自然の景色をそのまま山水画であらわすことによって、新たな山水画の様式がうまれ、これは日本独自の技法として広まりました。

墨跡

花鳥画

 
花鳥といっても花と鳥類のみに限定されているわけではなく、草花や水生生物、虫、小動物もそのモチーフに含まれます。日本では、狩野派をはじめとした多くの画家が花鳥画の作品を残しています。

その他の掛軸