盆栽鉢の買取価格相場

盆栽鉢の買取

盆栽鉢買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な盆栽鉢の価値を査定いたします。有名作家の盆栽鉢の買取価格は1万円~80万円程度になることもございます。作家や価値の分からない盆栽鉢の査定や、不要な盆器・水盤の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

盆栽鉢の買取相場

品名買取相場
盆栽鉢 月之輪涌泉 25,000~800,000円
盆栽鉢 平安香山 18,000~600,000円
盆栽鉢 伊藤月香 15,000~150,000円
盆栽鉢 佐野大助 15,000~250,000円
盆栽鉢 藤掛雄山 10,000~260,000円
盆栽鉢 市川苔州 10,000~70,000円
盆栽鉢 水府散人 10,000~120,000円
盆栽鉢 植松陶翠 30,000~500,000円

盆栽鉢の買取実績

                  盆栽鉢の買取実績
商品名 買取価格

盆栽鉢 三琇一陽 鈞釉緑釉四方鉢 買取価格 25,000円

盆栽鉢 三琇一陽 鈞釉緑釉四方鉢

25,000円

盆栽鉢 葛明祥造 海鼠釉四方鉢 買取価格 10,000円

盆栽鉢 葛明祥造 海鼠釉四方鉢

10,000円

盆栽鉢 東福寺 梨皮泥角鉢 買取価格 55,000円

盆栽鉢 東福寺 梨皮泥角鉢

55,000円

盆栽鉢 平安香山 鈞窯耳付鉢 買取価格 24,000

盆栽鉢 平安香山 鈞窯耳付鉢

24,000円

盆栽鉢 梅漢詩彫刻三方鉢 買取価格 20,000円

盆栽鉢 梅漢詩彫刻三方鉢

20,000円

盆栽鉢 鈞窯辰砂釉丸鉢 買取価格 15,000円

盆栽鉢 鈞窯辰砂釉丸鉢

15,000円

盆栽鉢 平安東福寺 斑釉鉢 買取価格 130,000円

盆栽鉢 平安東福寺 斑釉鉢

130,000円

盆栽鉢

盆栽鉢 白磁染付雲龍図丸鉢 箱

20,000円

盆栽鉢

盆栽鉢 大日本高岡住通雄造 黄銅製 楕円水盤

8,000円

盆栽鉢

盆栽鉢 銅製楕円水盤 77.0×44.0×3.5cm

10,000円

盆栽鉢

盆栽鉢 大日本文政年整珉鋳 古銅四陣図水盤

6,000円

盆栽鉢 漢詩彫 朱泥獅子鐶耳付四方鉢

盆栽鉢 漢詩彫 朱泥獅子鐶耳付四方鉢

130,000円

盆栽鉢 東福寺造 梨皮泥長方水盤

盆栽鉢 東福寺造 梨皮泥長方水盤

85,000円

盆栽鉢 初代・平安東福寺造 青交趾四方鉢

盆栽鉢 初代・平安東福寺造 青交趾四方鉢

25,000円

盆栽鉢 平安東福寺 晩年作 鈞釉鈞窯青釉四方鉢

盆栽鉢 平安東福寺 晩年作 鈞釉鈞窯青釉四方鉢

30,000円

盆栽鉢 平安東福寺の買取

盆栽鉢 平安東福寺 梨皮朱泥紫砂鉢

80,000円

盆栽鉢 平安東福寺 斑釉

盆栽鉢 平安東福寺 斑釉

145,000円

盆栽鉢 平安東福寺 染付四君子図長方鉢

盆栽鉢 平安東福寺 染付四君子図長方鉢

120,000円

盆栽鉢 平安東福寺造 染付山水図鉢

盆栽鉢 平安東福寺造 染付山水図鉢

240,000円

盆栽鉢 平安香山の買取

盆栽鉢 平安香山 黄釉長方鉢

28,000円

盆栽鉢 平安香山について

盆栽鉢 初代平安香山 緑釉四方筒鉢

40,000円

盆栽鉢 初代平安香山造 朱泥紫砂四方鉢

盆栽鉢 初代平安香山造 朱泥紫砂四方鉢

35,000円

盆栽鉢 古薩摩焼花鳥極彩色蘭鉢

盆栽鉢 古薩摩焼花鳥極彩色蘭鉢

25,000円

盆栽鉢 月之輪湧泉について

盆栽鉢 月之輪湧泉 白釉四方鉢

50,000円

盆栽鉢 月之輪湧泉 朱泥七宝透かし鉢

盆栽鉢 月之輪湧泉 朱泥七宝透かし鉢

110,000円

盆栽鉢 月之輪湧泉 極細密山水染付長方鉢

盆栽鉢 月之輪湧泉 極細密山水染付長方鉢

400,000円

盆栽鉢 月之輪涌泉の買取

盆栽鉢 月之輪湧泉 赤絵雲龍図蘭鉢

200,000円

盆栽鉢 浅井茶山の買取

盆栽鉢 龍翁庵 浅井茶山作

13,000円

盆栽鉢 浅井茶山について

盆栽鉢 浅井茶山作 呉老賢人

10,000円

盆栽鉢 浅井茶山作 富嶽三十六景程ヶ谷

盆栽鉢 浅井茶山作 富嶽三十六景程ヶ谷

10,000円

買取価格をもっと見る

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

高価買取中の有名盆栽鉢作家

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の盆栽鉢を処分したい
  • 所有している盆栽鉢が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 祖父が集めていた蘭鉢や花台の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた盆栽鉢を、まとめて売りたい
  • 実家の蔵にある盆栽鉢や水盤を引き取ってほしい

ご安心ください!
盆栽鉢買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

盆栽鉢を高く売る方法|買取のポイントは?

画像

盆栽鉢を売りたい時は、骨董や陶器の有名産地についてよく知る鑑定士に依頼しましょう。

  • 盆栽鉢の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    盆栽は「BONSAI」で通じるほど、海外にもよく知られた日本文化です。
    盆栽鉢は、素焼きの陶器や常滑焼、有田焼、信楽焼などが人気で、おしゃれなインテリアとしてカジュアルに盆栽を楽しむ人も増えています。
    骨董の盆栽鉢にもニーズが集まっているので、手放す時には価値を鑑定できる買取業者に相談しましょう。

  • 作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    常滑焼や有田焼、信楽焼といった有名陶器の盆栽鉢は、共箱に入っていたり骨董の証明書となる但し書きがついていたりします。
    これらの付属品も、鑑定の際に重要なアイテムとなるので、査定を依頼する時には忘れずにつけて価値を見極めてもらうようにしましょう。

  • 相見積もりを取って査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    盆栽鉢は、盆栽の文化に通じていて骨董の価値をよく知る買取店に依頼した方が、高額査定につながりやすくなります。
    まずは現在の中古の相場を知るために、複数の買取店で無料見積もりを取ってみましょう。
    複数の買取額を比べることで、お得に盆栽鉢を売却することができます。

盆栽鉢の買取業者の選び方

画像

盆栽鉢を売却する場合は、無料鑑定を実施している実績豊富な買取業者に依頼しましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    無料鑑定を実施している買取店は多くありますが、なかには査定後に法外な手数料を要求する悪質業者も紛れています。
    トラブルに遭遇しないよう、事前の確認はしっかりしておきましょう。
    問い合わせ時に「査定の流れ」、「買取時に必要な費用」をチェックしておけば安心して盆栽鉢を任せられます。

  • 盆栽鉢の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    見積もりを依頼する買取業者を見つけるためにまず行いたいのが、買取実績のリサーチです。
    盆栽鉢買取の経験が豊富で、多くの価値ある盆栽鉢を鑑定してきた経験のある買取店を見つけましょう。
    買取店のホームページやSNSにアクセスすると、買取実績を検索することができます。

買取で福助が選ばれる4つの理由

他社との比較で買取福助がお客様に選ばれる4つの理由

  • 1安心のお取引

    買取価格を透明に
    買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。 お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。
    分かりやすい明細で安心
    後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。
  • 2満足いただける高価買取の仕組みがある

    手数料は無料
    査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
    買取価格日本一に挑戦
    当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。
  • 3お客様目線での対応・お店づくり

    査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。

    査定だけもOK、キャンセル料はいただきません
    思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
    ※クーリングオフ制度により8日以内、キャンセル可能(出張買取のみ)
    即現金化、スピーディーに対応します
    お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。
  • 4東京・大岡山駅徒歩1分、入りやすい駅チカ店舗

    東京・大岡山駅から徒歩1分
    入りやすい店舗づくり
    どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある買取店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。
    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便! ベビーカーや車いすでもアクセスしやすい1階バリアフリー店舗です。
    女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

盆栽鉢について

盆栽鉢について
盆栽を美しく引き立てる盆栽鉢は、ただの園芸用品ではありません。
骨董品や美術品として、日本だけでなく海外からも大人気です。
中古市場で高額査定されやすいのは、江戸時代〜大正中期に輸入された中国製の古渡、中渡といった盆栽鉢、そして平安東福寺、月之輪涌泉、平安香山といった有名作家による盆栽鉢です。
盆栽鉢は、縁、胴、尻、足の各部から成り立っていて、胴には模様や彫刻が入ってきます。盆栽のしつらえに合わせて高さもさまざまなものが作られています。

盆栽鉢の価値は産地、形、作者で決まる

盆栽は日本独自の文化・芸術であり、長い歴史があります。
盆栽鉢も盆栽と同じように鑑賞用として愛好されていて、1〜80万円で買取されることも!
盆栽というと高齢者の趣味と思われがちですが、おしゃれなインテリアとして海外の若者にも人気があります。

盆栽鉢は、

  • 産地(どこで焼成されたものか)
  • 形(サイズ)
  • 作者(工房)

でその価値が決まります。

盆栽鉢の価値は産地で決まる

盆栽鉢は陶器製のことが多く、素焼き、染付、中国製など大きくジャンルを分けることができます。

素焼きの主な産地

  • 信楽焼
  • 常滑焼

染付の主な産地

  • 有田焼
  • 薩摩焼
  • 万古焼

これらの有名な産地で作られた盆栽鉢は、高額査定の可能性があります。

ほかに、中国製の盆栽鉢も高価なものがたくさんあります。
中国製の鉢は、日本に輸入されてきた時期によって呼び方が次のように変わります。

古渡 江戸時代に輸入された中国製の盆栽鉢
中渡 明治〜大正時代中期に輸入された中国製の盆栽鉢
新渡 大正時代末〜太平洋戦争前に輸入された中国製の盆栽鉢

明治期までは、高価な盆栽鉢といえば中国製という認識が一般的でした。
現在では、骨董品としての価値が高まっていて、古い状態の良いものは高値で取引されています。

盆栽鉢の価値はサイズや形で決まる

盆栽鉢は、鉢を上から見たときの形を見ます。長角や楕円のほかに、六角や八角など多様な形があり、縁(えん)や胴にもさまざまな呼び名があります。

また、盆栽鉢の本体だけでなく下部についた足にも切足、雲足、鬼面足といった名称があり、個性ある見た目を作り出すモチーフになっていることもあります。

ちなみに、盆栽鉢の大きさは外寸で表します。
「号」で表されている場合は、号数に3cmをかけると外寸が分かります。

例:8号の外寸 8×3=24cm

これは、一寸が約3cmであることから求められる式で、ケーキのサイズも同じように求めることができます。

盆栽鉢の価値は作者で決まる

中国製の盆栽鉢は、骨董品としての価値をよく見出されます。
一方で、日本製の盆栽鉢は有名な産地、そして作者によって作陶されたものが高値とされる傾向にあります。
明治頃まで、盆栽鉢といえば中国製のものが至高という考え方が一般的でした。
ですが、徐々に日本の盆栽鉢作家が控えめな美しさを特徴とした盆栽鉢を作陶するようになり、現在では作家ものの日本製盆栽鉢は高く評価されるようになっています。

なお、盆栽鉢は巧妙に作られた偽物が多く出回っています。
査定の際は銘や全体の作りなどを鑑定して、真贋を判断するのが重要です。

盆栽鉢の著名な作家

日本の盆栽鉢作家で、特に高価買取されやすい作家です。

平安東福寺

平安東福寺は、盆栽好きが高じて鉢を焼くようになりました。
素朴な佇まいは、東福寺の活躍した明治よりも現代の方が評価が高くなっています。
緑釉で深みを出しつつも、素朴な鉢にまとめられているのが特徴です。

月之輪涌泉

月之輪涌泉は、現代の鉢作家を代表する名工です。
状態の良い盆栽鉢は、25万〜80万円の高額査定が期待できます。

平安香山

平安香山も、月之輪涌泉に並び称される現代の盆栽鉢作家です。
査定額は18万円〜60万円と高額傾向にあります。

盆栽鉢の各部名称と種類

盆栽鉢は、へりの部分を縁(えん)といい、胴、尻、足と続いています。
鉢の隅はそのまま「隅」といい、それぞれの形状にも名称があります。

盆栽鉢の縁

盆栽鉢の縁には、外側にせり出した「外縁」、内側に縁が入り込んでいる「内縁」、まっすぐな「切立」の3種類の形状があります。
また、外縁が丸みを帯びているものは、「玉縁」と呼びます。

盆栽鉢の胴

胴には太鼓、南蛮、陣笠、碗方など見た目に応じた名称があります。
また、胴の模様も、額入、窓入、帯、彫入などと呼んでそれぞれを区別します。彫入の中には、山水画の彫刻を施したものもあり、華やかな見た目になります。

盆栽鉢の隅

盆栽鉢の隅は、尖ったものだけでなく模様の入ったもの、丸みを帯びたものなど形状が多種多様です。
隅入、撫角、隅切などと呼んでそれぞれ区別します。

盆栽鉢の足(高台)

盆栽鉢の足には、オーソドックスな切足、段足、富士足のほか、雲の模様を施した雲足、鬼の面をかたどった鬼面足などがあります。

盆栽鉢の高さを表す名称

盆栽鉢は低い順に、このように高さ(深さ)を表現します。

  1. 陶盤(もっとも低い)
  2. 中浅
  3. 中深
  4. 大深
  5. 懸崖
  6. 蘭鉢(もっとも高い/深い)

ちなみに、盆栽でいう「懸崖」とは茎や枝を根よりも下に垂れ下がるように仕立てる技法をいいます。しっかりと垂れ下がりを作るために盆栽鉢にも高さが必要なのですね。

盆栽鉢は、釉薬によってさまざまな色を出すことができます。
また、釉薬をかけていない盆栽鉢も、色合いによって烏泥、朱泥、桃花泥、緑泥、磨き、梨皮と呼ばれその違いを味わうことができます。

迷ったらまずは査定を!盆栽鉢の鑑定や買取なら専門家へ

盆栽鉢は、国内だけでなく海外からも需要の高い注目の骨董品です。
中国製の古い盆栽鉢や、日本の著名な作家による盆栽鉢だけでなく、釉薬の美しいものや珍しい盆栽鉢も高額査定が期待できるかもしれません。

「自宅に使わない盆栽鉢がある」、「盆栽鉢を持て余しているけれど捨てるのはもったいない」とお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に盆栽鉢査定をお試しください。