仏画掛軸の買取・査定相場

仏画掛軸の買取

仏画掛軸買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な仏画掛軸の価値を査定いたします。福助では釈迦涅槃図、高僧の肖像画など様々な仏画掛軸の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない仏画の査定や、不要な仏画の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

仏画掛軸の買取相場

品名 買取相場
仏画掛軸 江戸期 大幅涅槃図 60,000~200,000円
仏画掛軸 室町時代 絹本 愛染明王   70,000~120,000円
仏画掛軸 鎌倉期 阿弥陀来迎図 70,000~300,000円
仏画掛軸 石川晴彦 観音菩薩座像 30,000~200,000円
仏画掛軸 李朝 200,000~600,000円
仏画掛軸 五大明王像 室町時代 130,000~200,000円
仏画掛軸 無落款 中国 不動明王像 大幅 60,000~110,000円
仏画掛軸 弁財天曼茶羅 中国画 50,000~125,000円

仏画掛軸の買取実績

                  仏画掛軸の買取実績
商品名 買取価格

仏画・普賢菩薩 買取価格 15,000円

普賢菩薩

15,000円

仏画の名手・木村武山『聖観世音』 買取価格 45,000円

仏画の名手・木村武山『聖観世音』

45,000円

江戸期 金彩・阿弥陀三尊図

45,000円

釈迦涅槃図掛軸 買取価格:35,000円

釈迦涅槃図

35,000円

地獄図絵巻

地獄図絵巻

100,000円

黄檗宗 雲門禅師画賛 買取価格:30,000円

黄檗宗 雲門禅師画賛

30,000円

大威徳明王図掛軸

大威徳明王図掛軸

150,000円

十六羅漢図掛軸

十六羅漢図掛軸

18,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

関連買取品目

こんなお悩みございませんか?

  • 不要な仏画掛軸を売りたいけど、どこの店に持ち込んでいいか分からない
  • 故人が大切にしていた遺品の仏画掛軸を引き取ってほしい
  • 物置に仕舞い込んだ仏画があるけど、高齢で片付けや搬出ができない
  • 古くて価値が分からない仏画掛軸を査定してほしい

ご安心ください!
仏画掛け軸買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

仏画掛軸を高く売る方法

仏画掛軸を高く売るには、仏画にくわしい鑑定士に依頼し、複数の見積りを比較することです。

仏画掛軸の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼
仏さまの姿を描いた仏画は、幅広い年代のコレクターがいる人気骨董品です。
作品によって買取価格に差があるため、目利き鑑定士に査定依頼するのが心でしょう。
古美術相場に精通した目利きなら、作者不明の古い仏画でも査定ができます。
遺品整理・引越し前の家財整理・生前整理の時は、価値のわかる買取業者に出張査定してもらい、損のないように売却しましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

貴重な美術品でもある仏画掛軸は、作家の落款入り桐箱などに保管されています。
高価な仏画には必ず箱や鑑定書などの付属品があるので、査定前にそろえておくのが高額査定のコツ。
仏画掛軸の真贋を見る専門家は、付属品の有無で買取価格を変えるからです。
有名作家の署名入り箱があればプレミアがつき、高額査定になります。コレクションと付属品は必ず一緒に査定に出しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較
仏画掛軸を売却する時は、複数の買取店から見積りを取って買取価格を比較することです。
仏画は店舗ごとに見積り額が大きく違います。これは買取業者それぞれに、得意分野があるからです。
仏画掛軸買取の経験が豊富で、希少価値や収集家に人気のある仏画をよく知る店は、高い査定額をつけます。高額買取でもすぐに売れるので、査定額も高額になるのです。
複数の見積りを比べて、お得に売却しましょう。

高く売れる仏画掛軸とは?

「仏画」とは、仏教関係のテーマを描いているものを指し、本来は仏像のように礼拝されるものです。
仏教が中国大陸から伝わった当初は、口頭で教えが伝えられていました。しかし言葉では説明が難しい部分があり、内容を伝えやすくするために仏画や仏像が作られたのです。
ですから仏画の主な目的は寺院や個人宅での布教・礼拝用で、骨董品・美術品としての評価されるようになったのは明治時代以降のことなのです。

1時代が古く、 絵画としての価値が高いもの

仏画は、制作された時代が古ければふるいほど、骨董品としての価値が高くなります。
とくに平安時代から鎌倉時代までの仏画掛軸は、作家名などがはっきりしない掛軸であっても、古美術品としての希少価値があります。
自宅から出てきた仏画があまりにも古いという場合でも、処分しないで買取業者に鑑定・査定を依頼されるのがいいでしょう。
ただ、古い掛軸では保存状態も買取価格に大きく影響してきます。鎌倉時代の掛け軸などでは、絵画部分にシミがあったりカビが生えていたりすることもありますが、古いままの状態で査定に出すのが重要です。
掛け軸の表装部分などから、仏画の製作年代を判定できる場合もあるからです。

2有名作家が描いたもの

有名作家の描いた仏画掛軸は、やはり人気が高いものです。テーマにかかわらず特定の作家の掛軸を集めているコレクターがいますので、市場での需要がなくならないからです。
なかにはプレミアがつくような仏画もありますから、作家名がはっきりとわかる作品については、買取相場のわかっている専門家の査定・鑑定→売却をお願いしましょう。

仏画掛軸買取業者の選び方

信頼できる仏画の買取業者は、どんな仏画も無料査定でき、買取実績多数の店です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

仏画などの骨董品・古美術品の査定は、基本的に無料です。売却のための査定ですから、あえてコレクターから査定料をいただく必要はありません。
また鑑定士がうかがう出張査定でも、決まったエリア内なら無料です。安心して保管している仏画コレクションの査定を依頼しましょう。
ただし、なかには「有料査定」の業者もいますので、要注意。以来依頼時に費用の確認することが大事です。

仏画掛軸の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

仏画を売るときは、買取実績が豊富な店舗に頼むのがおすすめ。
多数の仏画買取をしている業者は、作家不明・鑑定書なしの作品でも価値がわかり、最新の美術相場にみあった金額で高価買取ができます。
専門家ほどお宝作品に詳しく、遺品整理や家財整理の時にたくさんの仏画を買取るため、実績が豊富なのです。
大切な仏画掛軸を売るときは、先に業者のホームページで買取実績を確認しましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

仏画掛軸買取でよくある質問

仏画掛軸買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

仏画掛軸について

釈迦涅槃図掛軸 買取価格:35,000円

日本人の心の奥底にある仏様への崇拝の念。普段は宗教に関心がないという人でも、仏様を描いた仏画を見ると、ふと心がなごむ瞬間があります。仏画はもともと、仏像と同じく礼拝に使われたり、崇拝されたりしてきた絵画です。描く絵師によって技法が異なり、描かれている仏様もとても多様です。たおやかな観音様から荒々しい毘沙門天まで、仏画掛軸は見事な美術作品として見るものを圧倒します。作家によっては展覧会が開かれるものもあり、骨董の世界では宗教の種類を問わず根強い人気の絵画です。仏画掛軸は、本来は仏像のように礼拝されるもので、仏教の諸仏の姿を描いたものや曼荼羅図(まんだらず)を指します。骨董の世界でいう仏画とは、掛け軸などに仕立てた仏様の絵のことですが、正確に言えば寺院の内部に書かれた荘厳(しょうごん)画も含みます。仏教を広めるために作られた絵画なので、仏様の姿だけでなくいろいろな仏教的モチーフを描いたものも仏画に含まれます。仏教世界をわかりやすく描いた作品も多く、人が死後に行く極楽や地獄を描いた極楽地獄絵図も仏教伝説図のひとつです。仏教が日本に伝わったのは飛鳥時代です。それ以後、帝や有力者たちの保護もあって仏教は栄え、平安時代には数多くの仏像や仏画が作られました。とくに仏画は平安時代以降の密教画の盛り上がりを受けて、両界曼荼羅(りょうかいまんだら 胎蔵曼荼羅と金剛曼荼羅をあわせてこう呼びます)や大日如来の姿を描いた仏画が盛んでした。また平安時代の中期は浄土信仰が貴族を中心に広まり、阿弥陀来迎図(臨終の人を迎えに、阿弥陀如来がそのほかの仏を連れて現世にやってくること)が大流行しました。先にあげた極楽地獄絵図なども、平安末期から鎌倉時代にかけて生まれた歴史のあるものです。仏画は基本的に日本画の肉筆画です。仏様の顔はもちろん、花びらや蓮台(仏様の座るところ、蓮の花の形をしています)まで、細部にわたって繊細に描き込まれています。非常に見ごたえのあるものですが、美術館ならともかく自宅に飾っておくのはむずかしい。こう感じる方も少なくありません。最近はマンション住まいで和室がないお宅も多く、受け継いだ仏画掛軸を買い取ってほしいという依頼がたくさんあります。江戸時代以前の仏画掛軸などは非常に人気があって高値で売買されていますので、鑑定士による査定をお受けになってはいかがでしょうか。

高価買取中の掛軸

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定