古銭買取・無料出張査定なら63年の実績

古銭買取・無料出張査定なら63年の実績

古銭の高価買取なら福助へ!大手オークション会社顧問を務め鑑定歴20年以上の確かな実績と経験を重ねた鑑定士が、お客様の大切な古銭の価値を査定いたします。福助では、幅広いジャンルの古銭の買取・査定が可能です。価値の分からない古銭の鑑定や、不要な古銭の処分・売却をお考えなら是非、福助へお問い合わせください。古銭買取は東京都内(港区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区限定)の無料出張やLINE査定にも対応。迅速な対応と高価買取をお約束致します。

目次

古銭買取で福助がお客様に選ばれる「6つのポイント」

買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント

  1. 高価買取!

    高価買取!

    国内大手オークション会社顧問を勤める古銭鑑定に精通したスタッフが市場調査を徹底して行い、適正価格を把握しているため高価買取が可能です。

  2. 鑑定力に自信あり!

    鑑定力に自信あり!

    美術品の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の代表が、古銭を誠実に鑑定いたします。

  3. 63年の実績!

    63年の実績!

    昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた63年続く信頼の実績で確かな鑑定を行います。

  4. 査定料・出張費無料!

    査定料・出張費無料!

    古銭の査定はもちろん無料!
    お客様のご都合に合わせて、ご自宅までお伺い致します。東京都心・城南六区は無料で出張!

  5. 便利な駅チカ!

    便利な駅チカ!

    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカで便利!

  6. 現金払い!

    現金払い!

    高額商品でも、査定金額にご満足いただけましたら、その場で現金買取させていただきます。


高価買取できる理由

古銭の売却で、
こんなお悩み
ございませんか?

  • 価値の分からない古い古銭を鑑定してほしい
  • 故人が大切にしていた古銭を買い取ってほしい
  • 古銭を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は、古銭の買取に関するどんな些細なお悩みにも、丁寧にわかりやすくお答えいたします。
お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取福助ならご要望に応じて
2つの買取方法が選べます。

店頭買取
出張買取

古銭にも種類がある!6種類を紹介

ひと口に「古銭」といっても、さまざまな種類があることをご存知でしょうか?
古銭とは、現在では使用できない古いお金のことです。コインや貨幣、つまりはお金です。近年では、日本国内だけではなく、海外からも注目されており、高額買取につながるケースが増えています。種類が細分化されているため、それぞれの相場が異なります。特に、発行数量の少ないものは、高い骨董価値があり、高額買取になる場合があります。

ここでは、以下の6種類の古銭をご紹介します。

・記念硬貨
・穴銭
・金貨・銀貨
・大判金・小判金
・古金銀
・古紙幣

お客様がお持ちの古銭がどれに当たるのか、思い出しながら読んでいただくといいかもしれません。

もちろん、お持ちの古銭の種類がわからなくても問題ありません。
査定後に該当する古銭の種類をお伝えすることができますので、ご安心ください。

それでは6種類の古銭について、それぞれ見ていきます。

記念硬貨

記念硬貨とは、国を挙げた行事の際に発行される硬貨のことをさします。
昭和の東京オリンピックのときに作られた「東京オリンピック記念硬貨」が有名ですね。
記念硬貨は額面以上の金額で販売されているため、それ以上の価値があります。

穴銭

穴銭とは、中央に穴の開いている硬貨のことをいいます。
現在は使用できない硬貨なので、手放す際は業者での買取がおすすめです。
買取価格はものによってまちまちなので、穴銭をお持ちのお客様はまず査定を。

もっと見る

皇朝十二銭(こうちょうじゅうにせん)

唐の開元通宝を手本にして、日本で鋳造された銅銭です。708年(和銅元年)から963年(応和3年)の間に12種類が作られました。有名なのが、和同開珎(わどうかいちん)です。非常に歴史的価値があり、大変貴重なため、古銭の買取では高額買取されています。

寛永通宝(古寛永・新寛永)

江戸時代から明治の初期まで、流通していた通貨です。特に古寛永と新寛永に大別されます。種類は、数百種類に及ぶと云われています。

永楽通宝

永楽通宝は、室町時代に、中国・明から大量輸入された銅貨です。穴銭の一種で、中央に正方形の穴が空いています。織田信長が旗印にした古銭ということで有名です。

金貨・銀貨

金貨、銀貨は、文字通り、金や銀から作られた硬貨のこと。
金貨に関しては、日本金貨と外国金貨に分けられ、特に「日本金貨」は古いものが多く、価値があります。
金銀なので手放す際は「貴金属買取」に出しがち。
しかし古銭としての価値の方が高いものがあるので、まずは古銭としての査定がオススメです。

大判・小判

大判金、小判金とは、昔ばなしにもよく出てくる「大判」「小判」のこと。
ものによっては金が含まれているものもありますが、貴金属としての価値よりも古銭としての価値が高いです。
特に江戸時代や、明治以降の「近代銭」は希少価値があります。

大判

骨董品の中でも、特に人気が高い大判です。年代により、天保大判、慶長大判、明暦大判、慶長大判、元禄大判、享保大判などと種類も多く、価値があるため、高額買取になることが多いです。

小判

天保小判大判同様に、骨董品の中でも、人気が高い小判です。年代により、正徳小判、慶長小判、元禄小判、享保小判、宝永小判などと種類が異なります。価値があるため、高額買取になることが多い品です。

古金銀

古金銀とは、判金や朱銀のことをいいます。
古いものが多く、古銭としての価値が高いのが特徴です。
古銭コレクターからの人気が高いため、高価買取が期待できます。

古紙幣

古紙幣とは、現在の紙幣のような紙でできた貨幣をさします。
ただし、100円紙幣~1万円紙幣は流通量も多く、高価買取が期待できません。
印刷面がズレている、いわゆる「エラー銭」であれば価値があるので、お持ちの方は査定をご依頼ください。

一方、100円未満の紙幣は、古銭としての価値がかなり高く、高価買取が可能です。

古銭を査定に出す際に感じる3つの不安

古銭の査定をお申込みのお客様から伺うことの多い、3つの不安をご紹介します。

大量の古銭がある。仕分けた方がいい?

まず質問されるのが、「古銭の仕分けをした方がいいか」ということ。

遺品整理や断捨離などで様々な種類の古銭を発見し、量も多いため「迷惑では?」と不安に感じる方が多いようです。
少しでも買取福助の負担を軽減しようと、多くのお客様が仕分けを申し出てくださいます。

しかし、古銭の仕分けは「不要」です!

大量にある古銭を仕分けるには多くの時間がかかります。
素人目には判別することが難しい古銭も多く、仕分けのためにお客様の時間を使うのはもったいないです。

・箱に無造作に入っている
・かごにバラバラに入っている
そのままの状態でお持ち込みいただければ、こちらでひとつずつ確認して査定いたします。

汚いから洗った方がいい?

次に多いのが、「出てきた古銭が汚いから洗った方がいいか」ということ。

古銭は、古ければ古いほど、多くの人の手を渡っているため汚れが目立ちます。

買取業者を利用して手放す場合、高価買取の秘訣として「きれいであること」が多く言われていますよね。
そのため、汚れた古銭をきれいに洗おうとするお客様がいらっしゃいます。

しかしこれは「逆効果」!

古銭を洗ってしまうと、逆に価値を落としてしまうことに繋がるので、絶対にやめましょう。

コレクターのなかには、古銭がもつ「独特の汚れ」に魅力を感じる方もいるんですよ。

多少汚れが気になっても、そのままの状態でお持ち込みいただければ、そのときにできる最高の査定額を提示させていただきます。安心してお持ち込みください。

買取業者に依頼したことがなく不安

そして、お客様から一番伺うことの多い不安が「買取業者の利用が初めてで不安」ということです。

買取業者と聞くと、
・悪徳業者なのではないか
・安く買いたたかれるのではないか
・強引に他のものも買い取られるのではないか
と、不安に感じるお客様が多いようです。

買取福助なら、お客様に信頼いただき、安心してお売りいただけるよう、査定後のキャンセルもお受けしています。

もちろん、査定料・出張料、査定後のキャンセルも無料です。
納得してお売りいただきたいからこそ、無理強いはいたしません。

そんな実績を評価いただき、60年以上にわたって多くのお客様にご利用いただいています。

ご自宅に伺っての出張査定が不安というお客さまには、店頭での査定もお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

古銭の高価買取・査定ポイント

古銭の高価買取・査定ポイントは、古銭の保管状態と希少価値にあります。古い銭貨・貨幣でも、発行数量が多ければ、希少価値は低くなります。また、古銭の保管状態も重要となりますので、正しく保管しておきましょう。例えば、アルバム型ビニールホルダーやペーパーホルダー、スラブケースなどを利用すると良いでしょう。古銭は、決して洗わない、磨かないのが鉄則です。製造時の状態を、いかに保つかが、高価買取の大きなポイントとなります。

古銭を高く売るなら鑑定力のある業者がおすすめ

お客様の大切なお品物は
私たちが鑑定します。

鑑定士のご紹介はこちら

買取・査定方法

買取福助ならご要望に応じて
2つの買取方法が選べます。

店頭買取
出張買取

古銭の出張買取は簡単4ステップ

古銭を処分したいけれど、重くて持ち運びが大変!
そんな方には、「古銭の出張買取」サービスがおすすめです。

東京都内の出張買取地域

港区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区

買取の流れ

3STEPでカンタン!

  • Step 1
    鑑定

    ステップ1

    鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

  • Step 2
    お見積り

    ステップ2

    『古い品物の価値を知りたい・・・』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

  • Step 3
    買取成立・
    お支払い

    ステップ3

    査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

買取品目

古銭買取について

銀貨や金貨といった硬貨だけでなく、さらに古い江戸時代の大判小判、丁銀など、古銭買取ではありとあらゆる時代や国の古銭や古札が取り扱われています。初めて国内で大々的に流通した通貨である穴銭の和同開珎、江戸時代の古金銀、判金、面丁銀、面大黒丁銀、寛永通宝、明治から大正にかけて発行された旧5円金貨、旧20円金貨など歴史的にも価値のあるものだけでなく、東京五輪をはじめとする記念コインやメダルも古銭買取で取引されるアイテムです。記念メダルの多くは発行枚数が限定されているため、現在ではプレミアがついているものがほとんど。購入した当時から価値がはねあがっているケースも少なくありません。昭和や平成に発行されたそれほど古くない紙幣や硬貨であっても、番号がゾロ目の紙幣、「エラー銭」と呼ばれるプリントミスのある紙幣や、刻みのついた10円硬貨いわゆる「ギザ10」は、発行年によって実際の貨幣価値以上の査定額が算出されます。古銭買取といえは、銀行券や、聖徳太子、板垣退助、伊藤博文、岩倉具視、紫式部が描かれた旧紙幣(古紙幣)も重要な取引アイテムです。これらの旧紙幣の中でもエラー銭やゾロ目紙幣は特に希少度が高い古札で、額面以上の査定に期待大です。このような通常の硬貨や紙幣、コインのほかにも、さらに珍しい貨幣があるのをご存知でしょうか。たとえば、特殊銀行の銀行券。日本が戦前に設立した特殊銀行である「株式会社朝鮮銀行」が発行した朝鮮銀行券も古銭買取の対象商品です。発行済の貨幣だけでなく、価値の高いものには未発行の貨幣というものもあります。第二次世界大戦末期の金属不足によって考案された陶貨は、民間の工場に委託されて多くの試作品が作られましたが、結局未発行になった幻の貨幣。種類は1、5、10銭の3種類でアルミなどの金属ではなく陶器で作られており、一般に「不発行陶貨」と呼ばれています。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル