瑞宝章買取なら東京の福助

勲四等瑞宝章

瑞宝章買取なら東京の福助にお任せください。
瑞宝大綬章・瑞宝中綬章など様々な瑞宝章を高価買取中です。
店頭での査定のほか、東京都内限定の無料出張査定にも対応。
港区・大田区・品川区・世田谷区・目黒区・渋谷区は最短30分でお伺いします。

瑞宝章買取価格

瑞宝章の買取価格相場と事例の紹介

勲二等瑞宝章 桐箱入りの買取価格

勲二等瑞宝章 桐箱入り
勲二等瑞宝章 桐箱入り勲章をお買取りいたしました。
今回のお品物には、二つの瑞宝章それぞれに漆塗りの桐箱が付いており、つややかに漆塗りされた霧箱のふたには、金色の桐の紋が三つ、配置されています。
この桐紋は「五七桐」とよばれるもので、数ある桐紋のなかでも最上位といわれるほど格式のある紋です。歴史上の人物でいえば、豊臣秀吉がこの「五七桐」を使用しており、そこから諸国の有名武将に伝わっていったと言われています。
勲章本体の保存状態も非常によく、豪華な桐の箱がついているため、非常に格調高い勲章セットです。
買取価格相場110,000

勲二等瑞宝章の買取価格

勲二等瑞宝章
「瑞宝章(ずいほうしょう)」は、明治21年の「勲章増設の詔」によって増設・制定された勲章です。
長年にわたって国家に貢献した人に授与される勲章で、制定当初は勲一等から勲八等の8等級に分かれており、今回お買取りした勲二等は、二番目に高い等級です。
なお日本の勲章制度は平成15年に栄典制度改正がおこなわれ、勲章の名称から「勲一等」などの勲等を取り除くことになりました。それによって、瑞宝章の等級は改正前の8等級から6等級にかわりました。
したがって、「勲二等瑞宝章」は制度改正前に授与されたことになり、現行の勲章でいえば「瑞宝重光章(ずいほうじゅうこうしょう)」にあたる勲章です。
買取価格相場45,000

勲一等瑞宝章の買取価格

勲一等瑞宝章
「勲一等瑞宝章」は現行の勲章でいえば「瑞宝大綬章」にあたる勲章です。
瑞宝章のデザインは、古代の貴重な財宝であった鏡がモチーフです。勲章の中央にはあざやかなブルーの七宝に浮かび上がるように鏡が配置されています。
「勲一等」という高い等級のため、本勲章のほかに副章と略綬(りゃくじゅ・小型勲章)、幅の広い綬(じゅ・勲章を着用するためのリボン)がついています。
栄典制度改正前の勲一等瑞宝章は、社会に貢献した大企業の経営者に授与されたことも多く、状態のいいお品が多いので、査定額も高い傾向にあります。旧日本軍の勲章買取なら福助にご依頼ください。
買取価格相場180,000

勲三等瑞宝章の買取価格

勲三等瑞宝章
瑞宝章はデザインがとても美しくて人気のある勲章です。
勲章の中央にある銀色の鏡のモチーフが、印象的で、四方または八方に光線が伸びているデザイン。
この光線は白い七宝で着色されていて、銀・赤・白のカラーが華やかです。
勲章・略綬・箱ともに非常に良い保存状態でした。
買取価格相場28,000

瑞宝章の種類

  • 勲一等瑞宝章
    勲一等瑞宝章・瑞宝大綬章
  • 勲二等瑞宝章
    勲二等瑞宝章・瑞宝重光章
  • 勲三等瑞宝章
    勲三等瑞宝章・瑞宝中綬章
  • 勲四等瑞宝章
    勲四等瑞宝章・瑞宝小綬章
  • 勲五等瑞宝章
    勲五等瑞宝章・瑞宝双光章
  • 勲六等瑞宝章
    勲六等瑞宝章・瑞宝単光章
  • 勲七等瑞宝章
    勲七等瑞宝章
  • 勲八等瑞宝章
    勲八等瑞宝章

参考:勲章の種類(瑞宝章)- 内閣府

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、瑞宝章を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
瑞宝章の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

出張買取対応地域

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

瑞宝章について

瑞宝章(ずいほうしょう)は、長年にわたって公共に対する功労がある人物に授与される勲章です。もともとは男性のみが授与対象でしたが、1919年(大正8)からは男女共通に授与されています。
1888年(明治21年)に制定され、当初は勲一等から勲八等までの8等級でしたが、2003年(平成15年)に改訂されたあとは6等級になりました。それぞれ瑞宝大綬章(ずいほうだいじゅしょう)、瑞宝重光章(ずいほうじゅうこうしょう)、瑞宝中綬章(ずいほうちゅうじゅしょう)、瑞宝小綬章(ずいほうしょうじゅしょう)、瑞宝双光章(ずいほうそうこうしょう)、瑞宝単光章(ずいほうたんこうしょう)に分かれています。
瑞宝章のデザインは等級ごとに多少違いがありますが、勲章の中央には鏡のモチーフがあり16個の連珠が鏡を取り巻いて、連珠から先は四方もしくは八方に光線が伸びているのが基本のデザインです。
この鏡のモデルは諸説ありますが、有力なものに「八咫鏡(やたのかがみ)」という説があります。八咫鏡は伊勢神宮の奥に奉納されていて一般には見られませんが、日本の国家が長年の功労をたたえるために授与する勲章のモチーフにふさわしいでしょう。
この中央の鏡の周囲には、大小16個の赤色連珠が置かれており、白い光線が伸びています。
勲章の裏側には「勲功旌章(くんこうせいしょう)」という文字が彫られています。流麗な篆書身体(てんしょたい)といわれる字形で、一般的にみられる文字ではありません。同じ字体が勲二等瑞宝章の箱の表面にも金色に彫ってありますが、こちらもなかなか読み取れない文字です。
ちなみに「勲功旌章(くんこうせいしょう)」と言う言葉の意味は「勲功=国に対する功績」であり、「旌章=明らかにする、ほめる」というような意味をあらわしますから、国家への長年の功労を称える勲章にふさわしい言葉です。

参考:瑞宝章 – Wikipedia

その他の勲章

勲章買取価格ページ

実は種類がたくさん! 日本軍の勲章・記章について解説

実は種類がたくさん! 日本軍の勲章・記章について解説

勲章にどれくらいの価値があるかを知ることは難しいものです。 この記事では、豊富に制定されている勲章...

この記事を読む

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up