仏像の買取・査定相場

仏像の買取

仏像買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な仏像の価値を査定いたします。福助では仏像や厨子、舎利などなど様々な仏教美術の高価買取・査定が可能です。家財整理などで処分に困っている仏像がございましたらお気軽にお問い合わせください。

仏像の買取相場

品名 買取相場
仏像 元田五山作 10,000~35,000円
仏像 井波彫刻 20,000~100,000円
仏像 喜多敏勝作 60,000~80,000円
仏像 佐々木大樹 8,000~15,000円
仏像 先崎栄伸作 青銅千手観音 100,000~300,000円
仏像 長田晴山作 聖観世音菩薩 50,000~150,000円
仏像 尾形喜代治作 15,000~100,000円
仏像 澤田政廣 ブロンズ 観音菩薩 60,000~110,000円

仏像の買取実績

                  仏像の買取実績
  • 仏像 古銅観音坐像
    仏像 古銅鍍金観音坐像 買取価格 600,000円
  • 仏像 高村光雲原型製作 純金製観音菩薩
    仏像 高村光雲原型製作 純金製観音菩薩 買取価格 2,500,000円
  • 仏像 鍍金如来坐像
    仏像 鍍金如来坐像 買取価格 50,000円
  • 仏像 乾漆 百済観音立像
    仏像 乾漆 百済観音立像 買取価格 100,000円
  • 仏像 徳力製・平田宗道作 純金観音
    仏像 徳力製・平田宗道作 純金観音像 買取価格 450,000円
  • 仏像 観音菩薩半跏思惟像
    仏像 観音菩薩半跏思惟像 買取価格 50,000円
  • 仏像 鍍金チベット仏 大威徳明王
    仏像 鍍金チベット仏 大威徳明王 買取価格 40,000円
  • 仏像 松久宗琳作 銅製阿弥陀如来坐像
    仏像 松久宗琳作 銅製阿弥陀如来坐像 買取価格 200,000円
  • 仏像 木造彩色愛染明王坐像
    仏像 木造彩色愛染明王坐像 買取価格 65,000円
  • 仏像 鍍金チベット仏坐像
    仏像 鍍金チベット仏坐像 買取価格 30,000円
  • 仏像 江戸期 阿弥陀如来立像
    仏像 江戸期 阿弥陀如来立像 買取価格 160,000円
  • 仏像 鍍金ヤマーンタカ像
    仏像 鍍金ヤマーンタカ像 買取価格 25,000円
  • 仏像 古銅製観音立像
    仏像 古銅製観音立像 買取価格 130,000円
  • 仏像 宗珉作 弥勒菩薩半跏思惟像
    仏像 宗珉作 弥勒菩薩半跏思惟像 買取価格 30,000円
  • 仏像 鍍金チベット仏 輪王座像
    仏像 鍍金チベット仏 輪王座像 買取価格 15,000円
  • 仏像 古銅釈迦如来坐像
    仏像 古銅釈迦如来坐像 買取価格 160,000円
  • 仏像 鍍金チベット仏・大威徳明王像
    仏像 鍍金チベット仏・大威徳明王像 買取価格 100,000円
  • 仏像 鍍金 大聖歓喜天坐像
    仏像 鍍金 大聖歓喜天坐像 買取価格 30,000円
  • 仏像 明時代・古銅仏
    仏像 明時代・古銅仏 買取価格 200,000円
  • 仏像 木造観音置物
    仏像 木造観音置物 買取価格 160,000円
  • 仏像 鍍金観音座像
    仏像 鍍金観音座像 買取価格 160,000円
  • 仏像 増長天立像
    仏像 増長天立像 買取価格 20,000円
  • 仏像 木造玉眼入 日蓮上人坐像
    仏像 木造玉眼入 日蓮上人坐像 買取価格 36,000円
  • 仏像 黄楊観音立像
    仏像 黄楊観音立像 買取価格 20,000円
  • 仏像 鋳銅達磨大師立像
    仏像 鋳銅達磨大師立像 買取価格 70,000円
  • 仏像 地蔵菩薩立像
    仏像 地蔵菩薩立像 買取価格 18,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 先祖代々伝わる古い仏像の価値を査定してほしい
  • 所有している仏像が幾らくらいで売れるか知りたい
  • お祖父ちゃんが大切にしていた仏像を引き取ってほしい
  • 埃かぶった仏像を処分したいが高齢で片付けや搬出ができない
  • 仏像を売りたいけど、どこに売ればいいか分からない

ご安心ください!
仏像買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

心の拠り所だけでなく美術的価値も 日本における仏像とは

仏像は、如来や菩薩など仏(ブッダ)のさまざまな姿を形取った像の総称です。信仰のよすがとしてだけでなく、美術的な価値もみとめられています。
仏像には、金属製、木造、石造、塑造(粘土などで像の形をモデリングして作られた像)などの技法によるものがあります。

仏像の主なつくり方

巷で見かける仏像でもっともポピュラーな存在といえるのが、土とロウで型を作って金属を流し込む「鋳造像」です。銅製、鉄製が一般的ですが、銀や金を用いたもの、金メッキで仕上げをした像などもあります。金メッキできらびやかな装飾をするのは、この世のものではない神々しさをあらわすためといわれています。

また、日本で古来から馴染み深い造形方法は、「木像」です。自然豊かで材料が確保しやすかったのが普及の理由と考えられています。一本の木からつくり出すものを「一木造」、それ以外のものを「寄木造」といいます。

粘土製の仏像は、「塑像」といいます。精密な形を作り出せる技法ですが、ほかのつくり方と比較すると脆いという点に注意が必要です。軽く丈夫なのは、漆の樹液を固めてつくる「乾漆像」です。粘土で原型をつくる像は「脱活乾漆(乾燥させてから原型を抜き取る)」、木彫りで形をつくる「木心乾漆」の二種類があります。

国によって独自の進化を遂げた仏像彫刻

美の基準が世界各国で異なるように、仏像の美しさや神々しさの表し方には数多くのバリエーションがあります。

インド

世界で始めて仏像がつくられたのは、紀元1世紀のインドといわれています。
いわばインドは仏像発祥の国で、シンボルであった蓮の花や、釈迦の足のみを象った仏足石なども親交を深める対象になっていました。
これは、当初、仏の姿をそのまま象るのは恐れ多いと考えられていたためです。

中国

中国は、仏教を広く世界に伝えるために仏像をつくりました。
日本に仏教が伝来した際にも、百済より仏像がもたらされ人々が仏の教えや姿を理解することを助けました。

日本で見られる仏像の主な種類

日本には、飛鳥時代前後に仏教と仏像がもたらされました。
仏像を専門に彫刻し、あらわす人は仏師と呼ばれ、美術的価値の高い博物館所蔵級の仏像から、家庭で信仰の対象として大切にされるような仏像まで、あらゆる像を作ってきました。江戸時代〜現代の日本で特に有名な仏師には円空、高村光雲、西村公朝などが挙げられます。
円空は、生涯に12万体もの仏像を彫ったといわれる江戸時代の修験僧、仏師、歌人です。特に、素朴ながら強い存在感をもつ円空仏という木彫りの仏像が有名です。
高村光雲は、江戸時代末〜昭和を駆け抜けた彫刻家で、詩人高村光太郎の父としても知られる人物です。仏像以外には、明治時代にシカゴ万博で絶賛された「老猿」が有名です。
西村公朝は、大正4年生まれの僧侶で、仏師としてだけでなく修理技師としても活躍しました。東京芸術大学名誉教授、勲三等瑞宝章の受章者です。仏像の啓蒙活動にも造詣が深く、一般向けの仏像解説書などもあらわしていました。

日本の骨董品や仏教、美術品としてよくみられる仏像には、次のような種類があります。

如来像

    松久宗琳作 銅製阿弥陀如来坐像

如来像は、悟りを開いた仏が真理の世界から現世へやって来た時の姿をあらわしています。人々を苦しみから救うことを役割としていて、蓮華座に座る坐像で描写されます。螺髪や白毫の姿で、手は施無畏印(せむいいん)という恐れを除き願いを聞く形に結ばれています。
釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来など種類があります。

菩薩像

    木彫 地蔵菩薩立像

菩薩像はほっそりとして、インドの王族を思わせる装飾品で飾られていて、女性の姿のように見えることもあります。如来に次ぐ存在として位置しており、千本の手を持っていたり複数の顔を持っていたりすることがあります。

明王像

    木造彩色愛染明王坐像

もっとも有名なのは不動明王像でしょう。
明王像は、忿怒の表情をしていて怖いと感じる人が少なくないかもしれませんが、実は宇宙の真理をあらわす存在である大日如来の化身です。
古くは古代インドのヒンドゥー教の神でしたが、密教を経て仏教にも取り入れられました。仏の教えが届かないほど煩悩におかされた人々に教えを届けるために奮闘する様子を表しています。
光を表現する光背があり、剣やどくろをたずさえています。立像、坐像の両方が見られます。

天部像

天部も、明王像と同じように古代インドの神々として祀られていた存在です。釈迦と仏教の教えを守る役割があり、弁財天、梵天、吉祥天、帝釈天、毘沙門天などがよく知られています。
なお金剛力士像も、天部の一員で仏法を守護する存在です。夜叉や龍など人のかたちをしていない神々も、「八部衆」として天部の一員に数えられています。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

買取中の仏像・仏教美術

買取福助では仏像だけでなく、舎利塔、厨子、数珠など仏具・宝具の買取にも力を入れております。

釈迦如来 阿弥陀如来 薬師如来 大日如来 阿閦如来 宝生如来 文殊菩薩 普賢菩薩 地蔵菩薩 虚空蔵菩薩 弥勒菩薩 聖観音菩薩 勢至菩薩 日光菩薩 月光菩薩 如意輪観音菩薩 馬頭観音菩薩 魚藍観音菩薩 千手観音菩薩 十一面観世音菩薩 不動明王 降三世明王 軍荼利明王 大威徳明王 金剛夜叉明王 愛染明王 孔雀明王 大元帥明王 毘沙門天 梵天 帝釈天 吉祥天 弁財天 金剛力士 阿修羅天 大黒天 歓喜天 持国天 増長天 広目天 厨子 木製常花 瓔珞 具足 密教法具 独鈷杵 三鈷杵 五鈷杵 金剛杵 錫杖 曲録 鏧子 鏧子台 磬台 常香盤 梵鐘 喚鐘 鰐口 如意 払子 仏画・曼荼羅 数珠 舎利塔 チベット仏 木彫像 石像 塑像 乾漆像 金銅仏

仏像をお売りいただいたお客様の声

  • 木彫観音菩薩半跏思惟像の買取事例

    50代女性

    50代女性

    祖母が熱心な仏教徒だったため、自宅に木彫りの古い仏像、仏具などがたくさんありました。亡くなって随分と年月が経ち、祖母と暮らしていた二世帯の実家を壊すことになったので、思い切って仏像買取をお願いしました。 仏具は売れるかどうか分からない状態で申し込んだのですが、古い仏像などは美術的な価値、骨董品としての価値があると教えていただき、数体引き取っていただけることとなりました。 また、買い取りできない仏像は供養という形があることを教えてもらい、買い取りでいただいたお金をそれに充てることにしました。祖母の数珠などは手元に残しているので、引き続き家族の思い出の品として大切にしたいと思います。 親切にご対応いただき感謝しております。

  • 木造彩色愛染明王坐像の買取事例

    60代男性

    60代男性

    仏像を売買するというイメージが湧かなかったのですが、古い仏像は骨董品として価値があるという話を聞き、依頼しました。出張買取をお願いしましたが、調整もスムーズで申し込んでからトントン拍子に査定となったので助かりました。急なお願いだったので相場は特に調べませんでしたが、古いものに価値があるというのは本当なんだなと知る、良い機会となりました。 当日お越しいただいた鑑定士の方は清潔な出で立ちで、TVや漫画からイメージする初老の鑑定士、とは違うなーとへんな感想を抱きました(ゴメンなさい)。こちらは専門外なので、美術的な視点からみた仏像の美しさ、価値の高さなどをさらりと教えてくださり、楽しい時間になったと思います。

  • 鍍金如来坐像の買取事例

    60代女性

    60代女性

    初めて仏像買取という文言を見た時は、バチがあたりそうな気がして敬遠していましたが、止むに止まれぬ事情もあって一度相談してみることに。 問い合わせの際に、迷っていることや仏像を売ることに抵抗があると正直に話したところ、古い仏像の価値や買取店さんでの仏像の扱い、買い取りした仏像がどのようなルートを辿っていくのかなどを分かりやすく解説してくれ、罪悪感が薄くなりました。 店頭に持ち込んだ時も気持ちよく応対してくださり、高級品というわけではありませんが丁寧に鑑定してくれました。問い合わせの段階から親切にご対応いただきまして、誠にありがとうございました。

仏像を高く売るポイント!

仏像は、仏さまの種類が多い美術品。
海外からの品もあるため、経験豊富な鑑定士に依頼するのが安心です。

仏像の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼
仏教の仏さまには多くの種類があり、人気の高い仏像は骨董品市場で高額取引されています。また時代が古い仏像ほど価値が高く、サビやカビなどがついていても査定額が高いものです。

ただし多種類の仏像があるために、鑑定士の目利きレベルによって買取額が大きく違ってきます。
古くから受け継いできた仏像を買取に出す場合は、かならず「仏像買取の実績が多い専門店」を探して、正確な査定額を提示してもらいましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

仏像の査定額は、作者によっても左右されます。作者名が入っている仏像は制作年代の鑑定もしやすいですし、真贋鑑定の重要なポイントです。

ご自宅の仏像が「桐箱に入っている」「箱に文が書いてある」「落款(印)が押してある」「来歴の証明書がある」などは、かならず箱や書類も査定してもらいましょう。
また、桐箱の中にもうひとつ別の箱がある「二重箱(にじゅうばこ)」は、高価な仏像である可能性が高いです。

破損はそのままに!修復は減額対象になるケースあり

万が一破損した場合は、元々の塗装の雰囲気や経年で増した味わいを損なう可能性もあるため、ご自身では修復をしないようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較
古くて有名作家の仏像であっても、買取額は店によってまちまちです。
そもそも、仏像買取をしていない店舗もありますから、まずは買取専門店に仏像の取り扱いがあるか確認しましょう。

そのうえで、鑑定・査定額の見積りを取ることが重要です。
仏像は、買取後の販売ルートがない店舗が査定すると、ごく安い金額にしかなりません。
かならず複数の買取店に査定してもらい、正確な査定をしてくれる専門店を選びましょう。

仏像買取業者の選び方

信頼できる仏像買取業者は、「仏像の買取実績が豊富」「仏像の知識が豊富」なところです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

また、信頼できる業者の目安として、買取実績のほかに「査定は無料」のお店を選ぶのも大切なこと。
現在は、さまざまな買取店・リサイクルショップが仏像の買取もしていますが、「鑑定料・査定料は別にかかります」という店舗があります。

しかし、買取実績の多い店のほとんどは、鑑定・査定料が無料です。
どれほど貴重な仏像でも買取前の鑑定・査定にはお金がかからないのが主流ですから、事前に確認をしておきましょう。

仏像の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

仏像の売却で失敗しないためには、仏像の本当の価値がわかる業者を探すことが大切です。仏像の知識が豊富で、これまで多数の仏像を買い取った実績のある専門店がおすすめ。

買取店の実績は、店のホームページを見るとよくわかります。
ホームページ上に画像付き・査定額つきで、買い取った仏像をたくさん公開している業者は、買取実績が多く、お客様と良好な取引が出来ているという証拠です。査定を依頼するうえでも、安心でしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

仏像買取でよくある質問

仏像買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

仏像買取について

「仏像」は仏教の仏の姿を彫刻したものです。世界ではじめての仏像は、紀元1世紀ごろにインドで作られた釈迦如来像だといいます。日本へは、飛鳥時代に朝鮮半島の百済という国から仏教とともにやってきました。その後、空海が中国から密教という仏教の一派を日本へ持ち帰り、観音菩薩や明王などの仏像が増えていったのです。なお、仏教においては仏像にも身分の上下があります。もっとも尊ばれているのが、釈迦の姿をうつした「如来(阿弥陀如来)」。次が「菩薩(観音菩薩)」で、悟りを開いて釈迦になるための修行中です。仏教を守護する「明王」がその下に来て、最後が「天」。有名な阿修羅像は「天」に入ります。仏像の主な素材は金属・木材・粘土・石・漆をぬった木や紙の5種類です。仏教が伝来したばかりの飛鳥・奈良時代には金属製の仏像が主流でしたが、平安時代以降は木材が主役になります。日本にはもともと木材が多く、木の種類も豊富なので仏像にしやすかったのです。飛鳥時代はクスノキ、奈良時代はカヤ、平安時代の終わりごろにはヒノキを使った仏像が次々に作られました。仏像は、形も種類も表情もさまざま。見るほどに奥が深く、多くの人に愛されている人気の古美術品です。

関連記事

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定