浮世絵買取なら東京の福助へ

浮世絵

浮世絵の買取なら、東京の福助にお任せください。
創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、木版・肉筆の浮世絵・錦絵・春画を、鑑定歴20年以上の相場を熟知した鑑定士が査定いたします。東京都内は無料の出張買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

浮世絵の買取価格相場

【浮世絵】月岡芳年 月百姿 金時山の月

買取価格1,000~200,000
  • 【肉筆浮世絵】歌川豊国 美人図

    【肉筆浮世絵】歌川豊国 美人図
    買取価格 80,000円
  • 【浮世絵】豊原国周 華競三幅対 市川團十郎

    【浮世絵】豊原国周 華競三幅対 市川團十郎
    買取価格 10,000円
  • 【浮世絵】月岡芳年 月百姿傑作撰集 石山月

    【浮世絵】月岡芳年 月百姿傑作撰集 石山月
    買取価格 11,000円
  • 【浮世絵】富嶽三十六景悠々洞出版

    【浮世絵】富嶽三十六景悠々洞出版
    買取価格 20,000円

こんなお悩みございませんか?

  • 所有している浮世絵の価値を査定・鑑定してほしい
  • 故人が集めていた春画や浮世絵を引き取ってほしい
  • 不要な浮世絵を処分したいが、高齢で片付けや搬出ができない
  • 浮世絵を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
骨董品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

浮世絵の買取実績

【浮世絵】歌川豊国の役者絵

買取価格12,000
店頭買取東京都世田谷区

【浮世絵】葛飾北斎 富嶽三十六景

買取価格36,000
出張買取東京都品川区

【浮世絵】歌川広重 蔦屋版東海道五十三次 日本橋・曙の図

買取価格26,000
店頭買取東京都港区

買取強化中の浮世絵師一覧

■江戸時代/浮世絵(肉筆・版画)
楊洲周延の浮世絵
売れる浮世絵は、人気の歌舞伎役者や花魁の絵姿などの美人画だけではありません。今見ても、構図が斬新でデザイン性が非常に高いものが多いのです。

浮世絵を描いていたのは、専門の画家である浮世絵師。
彼らは職業として浮世絵を描いており、その時々の流行をすばやくキャッチして、人目を惹く構図を工夫しました。

浮世絵の中には着物の柄や装飾品などの商品PRとして作られるものもあったので、浮世絵師は単に絵画としていいだけでなく、商業デザイナーとしての能力も求められたのです。

ビジネスと絵画を一体化するセンスが、江戸時代にも必要だったのです。

岩佐又兵衛葛飾北斎東洲斎写楽喜多川歌麿
懐月堂安度司馬江漢菱川師宣宮川長春
鳥居清長勝川春章鳥文斎栄之亜欧堂田善
安藤広重懐月堂度辰懐月堂度繁鈴木春信
磯田湖龍斎奥村政信鈴木春重鳥居清信
鳥居清倍俵屋宗理古山師政菱川師房
石川豊信西村重長北尾重政栄松斎長喜
窪俊満歌川豊国鳥居清広西川祐信
桃田柳栄小川破笠二代清倍長陽堂安知
石川師香奥村利信歌舞伎堂艶鏡歌川国芳
宮川一笑勝川春潮鳥高斎栄昌二代歌麿
宮川長亀鳥居清元鳥居清満歌川国政
歌川国貞三代豊国

浮世絵を高く売る方法

浮世絵を高く売るには、目利き鑑定士に査定を頼み、複数の見積りを比べて売るのがコツです。

浮世絵を高く売る方法

浮世絵を高く売るには、目利き鑑定士に査定を頼み、
複数の見積りを比べて売るのがコツです。

高く売る方法

浮世絵作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

評判の良い浮世絵買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

信頼できる浮世絵買取業者の選び方

信頼できる浮世絵買取業者は、
「無料で査定」をしてくれ、「浮世絵の買取実績多数」の店です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

浮世絵の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

3つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
店舗のご案内

浮世絵買取でよくある質問

浮世絵買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

絵画の買取品目一覧

絵画買取 TOP へ戻る

浮世絵買取について

月岡芳年の浮世絵
浮世絵は、江戸時代に確立されたジャンルです。浮世には「現代風」や「当世風」という意味があり、その名の通り当時の風俗のさまざまな事柄が描かれています。
八百屋お七や小野小町といった有名な女性から、茶屋の看板娘、遊女などを描いた美人画、歌舞伎のブロマイドとしての役目を果たした役者絵、芝居の様子を描いた芝居絵といった町の風景だけでなく、花鳥や魚貝を題材にとった花鳥画、季節のイベントを描いた風物絵、各地の名産品を紹介する名産絵といった自然にまつわる浮世絵もあります。
主に遊里(吉原など)と歌舞伎の世界をテーマにして、庶民にもわかりやすく描かれ、同時に洗練されたスタイルの版画です。
とくに遊里のトップアイドルだった花魁(おいらん)の美しい姿をうつした浮世絵は、日本だけでなく海外のアート界にも多大な影響をおよぼしました。
モネやゴッホの作品には、浮世絵からアイデアをとったと思われる色彩や技法が見られます。
また、浮世絵は江戸時代の季節行事や風俗を描きこみ、人々の生活をリアルに描き出している点で、庶民から圧倒的な支持を受けました。
美人画・役者絵の大首絵・武者絵・名所絵・春画などは特に人気の高い題材です。
浮世絵が作られ始めた当初は、まだ刷り技術が追い付かず、単色刷り(1色しか使用しない木版画)に筆で色をつけていましたが、やがて多色刷りの技術が考案され、非常に華やかな浮世絵が作られるようになりました。
木版多色刷りは錦絵と呼ばれ、歴史や伝説にその名をとどろかせる英雄を描いた武者絵、嫁入り道具としても使われた性的なモチーフを題材とした春画、こっけいな擬人化もしばしば見られた戯画、パズルのような謎かけが面白い判じ絵など、エンターティンメント性の高い作品もあります。
これらは制作技法によって、版本の挿絵、一枚摺の木版画、そして肉筆浮世絵の3つに大別されます。
なお、肉筆浮世絵はここからさらに屏風絵、絵巻、画帖(複数の小さな絵をまとめて台紙に貼り付け、1冊に綴じたもの)、掛け物、扇絵、絵馬、画稿(スケッチ)、版下絵という8つに細分化されています。
版下絵は、浮世絵版画の版木を彫るために描かれた下絵のことで、いわば木版画の第一稿ともいえるものです。
浮世絵は、明治時代以降に海外にもその存在が知られるようになりました。
葛飾北斎とその娘の葛飾応為、喜多川歌麿、鈴木春信、歌川広重、歌川国芳、歌川豊国、東洲斎写楽、月岡芳年、菱川師宣といった浮世絵師は、海外でもよく知られています。
「東海道五十三次」、「富嶽三十六景」といった作品は、海外の美術家たちに影響を与えた作品でもあります。
江戸時代はのりで貼ったり、洗濯ばさみを使って飾られていたといわれていますが、浮世絵は紙が薄く、現代では繊細で丁寧な扱いが必要とされていますので、直射日光や冷暖房の風が直接当たらない場所に飾るのが望ましいでしょう。 
不要な浮世絵・春画をお持ちでしたら買取に出すことをオススメいたします。査定は無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル LINE査定 無料相談