京焼の買取・査定相場

京焼の買取

京焼買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な京焼の価値を査定いたします。福助では清水焼など様々な京焼の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない京焼の査定や、不要な京焼の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

京焼の買取相場

品名買取相場
京焼 河井寛次郎 茶碗 100,000~400,000円
京焼 青木木米 横手急須 20,000~130,000円
京焼 中村翠嵐作 水指 20,000~40,000円
京焼 人間国宝 石黒宗麿 赤絵柿図壺 50,000~200,000円
京焼 奥田頴川 赤絵獅子蓋丸香炉 110,000~160,000円
京焼 人間国宝 清水卯一 天目茶碗 共箱 70,000~130,000円
京焼 野々村仁清 黒釉茶入 65,000~100,000円
京焼 尾形乾山 絵替四方皿 五客 京焼 35,000~60,000円

京焼の買取実績

                  京焼の買取実績
  • 京焼 五山窯 林淡幽作 色絵草花茶碗
    京焼 五山窯 林淡幽作 色絵草花茶碗 買取価格 12,000円
  • 京焼 伊東陶山作 兎置物
    京焼 伊東陶山作 兎置物 買取価格 3,000円
  • 京焼 伊東翠壺作 古代文花瓶
    京焼 伊東翠壺作 古代文花瓶 買取価格 10,000円
  • 京焼 三浦竹泉作 染付唐子香炉
    京焼 三浦竹泉作 染付唐子香炉 買取価格 3,000円
  • 京焼 清水六兵衛作 瀬戸唐津花瓶
    京焼 清水六兵衛作 瀬戸唐津花瓶 買取価格 5,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の京焼を処分したい
  • 所有している京焼の作家物が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた京焼の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた清水焼の茶碗を、まとめて売りたい

ご安心ください!
京焼買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

京焼を高く売る方法|買取のポイントは?

京焼の作品を高く売るときは、焼き物について詳しく最新の陶磁器買取相場がわかる鑑定士と話しましょう。

京焼の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

「京焼」は京都で作られている焼き物のこと。現在では清水焼と同一視され、京焼=清水焼を意味します。
江戸時代の陶工・野々村仁清や緒方乾山の作りだした華麗な色絵の陶器は、いまも国内外で人気の高いアイテム。
お手元に京焼があり、売却しようかなとお考えなら、陶磁器について広い知識がある目利き鑑定士に査定を依頼しましょう。
作家ものの京焼は買取相場も高く、かんたんに売ってしまってはもったいないお品です。

作家の署名つきの箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

京焼の作品を無料鑑定してもらおうと思うなら、付属品もそろえて出しましょう。ここでいう付属品とは、京焼が入っていた箱や鑑定書、購入した店のギャランティカードなどのことです。
京焼の有名作家には人間国宝の清水卯一などがいます。人気作家の茶碗は高価買取されるアイテムなので偽物も作られやすいため、付属品がそろっているほうが有利です。
買取業者にきちんと査定してもらうなら事前に付属品を探しておきましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

京焼・清水焼を売却するときは、できれば複数の買取店から見積もりを取りましょう。陶磁器にはさまざまな技法があり、産地によって得意とするものが異なります。
京焼といえば、赤絵が特徴。華やかな京焼をおもに買取している業者は高い買取価格を提示しますから、売り手が損をすることもありません。
複数見積もりで買取価格を比べるだけで、買い手が納得する買取になります。作品の価値に見合った価格で売りましょう。

信頼できる京焼の買取業者の選び方

信頼できる京焼の買取業者とは、「京焼の無料鑑定を実施し、「多数の京焼を買取してきた安心の買取業者です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

価値の高い京焼・清水焼を、信用できる買取店に売りたい。そう思うなら、無料鑑定を実施している買取店を探しましょう。
買取業者の査定は基本的に無料。査定時点での買取価格を提示するために作品を見るのですから、鑑定料を取ることはしないのです。
逆に、査定してから高額な鑑定料や出張費を請求してくるのは悪質業者だと思っていいでしょう。トラブルにならないように査定依頼時に、費用の確認をわすれずに。

京焼の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

京焼は茶道の謝椀や急須、皿など種類が多い陶磁器です。高価買取を狙うなら、これまで多数の京焼を扱った経験のある買取業者の無料査定を受けましょう。
京焼の中には、江戸時代に作られた貴重なものもあります。多数の作品を鑑定して、真贋判定もできる買取業者なら鑑定額も高くなります。
査定を依頼する前に業者のホームページを見ることが重要です。京焼に関する説明がしっかりしている業者なら正確な査定ができるでしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

京焼について

京焼五山窯 林淡幽作 色絵草花茶碗

「京焼(きょうやき)」は、京都で作られた陶磁器のことです。かつての京都には焼き物の窯が点在しており、窯の地名から御室焼・粟田口焼・八坂焼・音羽焼・御菩薩池焼などと呼ばれていました。「京焼」はその総称だったのです。現在では京都から多くの窯が消えてしまいましたが、清水寺付近で作られていた「清水焼(きよみずやき)」は健在。ちなみに京焼は経済産業大臣指定の伝統工芸品になっており、正式名称は「京焼・清水焼」といいます。現在では京焼=清水焼となっているのです。ただし現在の清水焼は清水寺周辺の東山区だけではありません。京都の山科区にある清水焼団地、宇治市の炭山で作られたものも清水焼に含まれます。京焼の特徴はみやびなデザイン。ベースとなっているのは、江戸時代の1650年頃に仁和寺前で窯を持っていた野々村仁清と、弟子の尾形乾山が生み出した華やかな色絵です。乾山の兄・尾形光琳との合作から取り入れられた琳派の大胆な絵柄も人気があり、ほかに明治時代にドイツの工芸家ワグネルから取り入れた技術も京焼の中に残っています。アジアやヨーロッパの技術や意匠を取り入れ、つねに柔軟に発展してきた京焼。国内外で高い評価を受けている美術品です。

高価買取中の陶磁器
有田焼 京焼 九谷焼 青磁 備前焼

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定