筆筒の買取・査定相場

筆筒の買取

筆筒買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な筆筒の価値を査定いたします。福助では様々な筆筒の高価買取・査定が可能です。不要な筆筒の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

筆筒の買取相場

品名買取相場
筆筒 黒田辰秋 朱漆彫 100,000~185,000円
筆筒 本間琢斎造 斑紫銅製 15,000~80,000円
筆筒 真藤真山 斑紫銅 10,000~50,000円
筆筒 堆朱細密彫 28,000~48,000円
筆筒 李朝螺鈿 18,000~30,000円
筆筒 雍正年製 五彩花鳥紋 45,000~80,000円
筆筒 浜田庄司 柿釉筆筒 25,000~50,000円
筆筒 大清光緒年製 28,000~48,000円

筆筒の買取実績

                  筆筒の買取実績
商品名 買取価格

筆筒の買取

清代 竹彫筆筒

50,000円

一善堂製 粉彩花鳥紋筆筒

一善堂製 粉彩花鳥紋筆筒

20,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品でもらった古い筆筒を売却したい
  • 自宅に昔からある筆筒の価値を知りたい・無料査定してほしい
  • 親族のコレクションである筆筒の買取相場が知りたい
  • 蔵の整理で出てきた筆筒を出張買取に来てほしい

ご安心ください!
筆筒買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

筆筒を高く売る方法|買取のポイントは?

筆筒を高く売りたいなら、高級文房具や書道用品の価値を査定できる鑑定士に依頼しましょう。

筆筒の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

筆筒はふでづつ、あるいはひっとうと読みます。陶器製が多く、書道の筆や絵の具のついた絵筆を入れておく筒で、インテリアとしても人気があります。
希少価値の高い筆筒を手放したい時は、骨董品や美術品の価値を知るプロの買取業者に相談しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

高名な作家の手による筆筒は、化粧箱や専用ケースにも作家名が記されていて、保証書類などが添付されていることがあります。こうした付属品も鑑定すべきアイテムに含まれますので、捨てずにつけて鑑定を依頼するようにしてください。
箱や保証書が買取価格を左右する可能性もありますので、誤って捨てないよう注意しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

筆筒は、高級文房具について知識があり、積極的に買取を行っている買取店の方がそうでない買取店よりも高額査定が出やすくなります。
どこが高額査定をしてくれるかを見極めるためには、無料見積もりが大切。複数の買取店から見積もりを取り寄せて、もっとも高い価格をリサーチしてみましょう。

筆筒の買取業者の選び方

筆筒の査定は、書道具の無料鑑定をしている業者買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

無料鑑定は、東京都内の多くの買取店が実施しています。ですが、出張査定の費用や、鑑定書発行の手数料などは別に取り決めをしている買取業者もいるので、念のため査定費用については事前にチェックしておくと良いでしょう。
メールや電話、LINEでの問い合わせ時に聞いておくと安心です。

筆筒の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

筆筒や高級文房具、骨董品の買取は、歴史的な価値を知る買取業者、筆筒の鑑定に慣れた買取店に任せるのがおすすめです。
買取店のサイトで買取実績を調べれば、事前に買取店の鑑定眼を推し量ることができるでしょう。口コミサイトやSNSをチェックするのも有効な手段です。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

筆筒について

一善堂製 粉彩花鳥紋筆筒

筆筒はひっとう、ふでづつ、両方の読み方があります。絵の具のついた絵筆や書道の筆を立てておくため、または保管して持ち運ぶための用品ですが、陶器製のものはその佇まい、味わいが良く美術品として楽しむ人も少なくありません。特に、文人趣味に寄り添う意匠の筆筒は骨董品として価値の高いものも多く、書道用品としてよりむしろアンティークとして楽しまれることが多いようです。古瀬戸や竹製、朱泥の色が美しいものなど種類は多岐にわたり、円筒型や四角柱型などがあります。中国書道では、筆と墨、硯、紙を「文房四宝」と呼びます。「文房四宝」のひとつである筆を立てておく筆筒も重要な書道用品のひとつで、アンティークの筆筒にはその奥深さと味わいを現代に伝えてくれるものが多くあります。
現代の筆筒はプラスチック製のコンパクトなケースタイプがほとんどになっていますが、骨董品も現代の品物も、繊細な筆先を守り良いコンディションに保つための道具であることは違いがありません。大人になってから楽しむ書道には、筆筒のような道具にこだわる喜びや良い骨董品に巡り会えた時の高揚感がついてきます。小学校の書道セットを使っていた時とは、異なる世界が見えてくることでしょう。

高価買取中の書道具

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定