ライカカメラの買取・査定相場

ライカカメラの買取

ライカ買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なライカ製カメラの価値を査定いたします。

カメラファンなら一度は購入を考えるといわれるライカ。ドイツの高級カメラで、カメラ愛好家の間では次機種にかかわらず、人気が高いものです。買取価格は常に高額で、カメラ本体だけでなく交換レンズやカメラバッグなどの付属品も高価買取の対象です。動作のなめらかさや硬質なシャッター音、デザイン性の高さやメッキ仕上げの美しさなど、どの点を取っても他のモデルに引けを取りません。ライカカメラの売却をお考えなら、カメラの知識が豊富な業者で中古カメラ市場の動向にあった査定をしてもらいましょう。
福助では様々なライカの高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ライカの買取相場

品名買取相場
ライカ Leica D-LUX5 8,000~12,000円
ライカ Leica M10-P 280,000~500,000円
ライカ Leica CL ボディ 40,000~60,000円
ライカ Leica TL2 シルバー 65,000~85,000円
ライカ Leica ミニルックス 30,000~65,000円
ライカ LEICA SL2 ボディ 190,000~330,000円
ライカ LEICA M6 TTL 0.72 チタン 200,000~330,000円
ライカ LEICA M2 ボディ 73,000~120,000円

ライカ(カメラ)の買取実績

  • ライカⅢf
    ライカⅢf 買取価格 30,000円
  • LEICA 双眼鏡
    LEICA 双眼鏡 買取価格 30,000円
  • ライカ SF20D ストロボ フラッシュ
    ライカ SF20D ストロボ フラッシュ 買取価格 7,000円
  • ライカ LEITZ SUMMILUX 1.4/50mm
    ライカ LEITZ SUMMILUX 1.4/50mm 買取価格 90,000円
  • Leica M7ボディ 0.72 (Black)
    Leica M7ボディ 0.72 (Black) 買取価格 125,000円
  • LEICAレンズ SUMMICRON-M 1.2/35mm
    LEICAレンズ SUMMICRON-M 1.2/35mm 買取価格 125,000円
  • LEICAレンズ SUMMICRON-M 1.2/28mm
    LEICAレンズ SUMMICRON-M 1.2/28mm 買取価格 160,000円
  • LEICA M8ボディ
    LEICA M8ボディ 買取価格 260,000円
  • LEICA M6 TTL 0.85 ライカ M6 ブラック 箱 説明書付
    LEICA M6 TTL 0.85 ライカ M6 ブラック 箱 説明書付 買取価格 255,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品のライカ製カメラを処分したい
  • 所有しているライカが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • コレクションしていたライカのカメラやレンズなどを、まとめて売りたい

ご安心ください!
ライカ買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ライカを高く売る方法|買取のポイントは?

人気のライカカメラを高く売るには、カメラの買取相場をよく知り高額査定ができる業者を選びましょう。

ライカの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

世界中のプロカメラマンが、今でも愛用しているライカのカメラ。一眼レフ、ミラーレス、デジタル、フィルムカメラなど、どれをとっても高価買取になります。
ライカのカメラは古くてもきちんとメンテナンスをすれば再び販売ができるのが大きな特徴。査定時にうまくカメラが動かなくても高価買取の可能性もあります。
ただし、査定はカメラに詳しい目利き鑑定士に依頼すること。リサイクルショップでは高く売れません。

購入時に入っていた箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

アンティークカメラとしても、非常に人気が高いのがライカです。買取業者の査定では購入時のオリジナル箱や取扱説明書、保証書なども一緒に出しましょう。
カメラバッグやレンズといったアクセサリー類が手元にあれば、それも含めて査定をしてもらうこと。カメラ本体にくわえて付属品+アクセサリーがそろっていれば、かなり高い鑑定額になります。
付属品にも価値があるので、安易に処分せず査定が終わるまで保管しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

クラシックカメラとしても高い人気のあるライカ。お手元のライカを売却するときは、評判のいい買取店から見積もりを集めることが大切です。
ライカの買取価格は店ごとに決めるものです。ライカカメラが欲しい顧客がいれば、買取相場よりも高くても店が買うというケースもあります。
実際の買取価格は無料査定で見積もりを取ってみないとわかりません。複数見積もりで、一番高い店にライカを売りましょう。

信頼できるライカの買取業者の選び方

高価買取になるライカカメラ。カメラの無料査定を実施し、多数のライカを買取している業者に任せましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

ライカのカメラを売る場合は、無料査定・無料鑑定の買取店へ相談に行きましょう。買取業者の査定では、基本的に鑑定料はかかりません。
鑑定士がでかける出張買取の場合は交通費が必要な場合もありますが、それも実費の範囲内です。
逆にカメラの査定後に高額な鑑定料や出張費を請求するなら、悪質な買取業者でしょう。トラブルにならないよう、事前に完全無料の査定かどうかを確認しておくことが大事です。

ライカの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

ライカの売却では、買取実績が豊富な業者に査定・買取を頼むのがコツです。買取実績は業者のホームページに掲載されています。
ライカを含めてたくさんのカメラを買取している店は、カメラの真贋判定がしっかりでき、高価買取ができる業者ということ。
買取相場以上の金額を提示することもありますから、安心して売却の相談を始めましょう。またネット上では業者のクチコミ、評判もチェックできます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ライカについて

Leica M7ボディ 0.72 (Black)

「ライカ(Leica)」はドイツのエルンスト・ライツ社が製造・販売したカメラです。現在ではライカカメラ、ライカマイクロシステムズ、ライカジオシステムズの社名に使用され、カメラ以外の業界でも拡大しています。ライカカメラの始まりは、1914年。ライツ社の機械学者、オスカー・バルナックが開発にかかわり「ウル・ライカ」という試作機が完成。そこから改良が重ねられ、1925年に35ミリフィルムを使用する「ライカA型」が発表されました。その後もライカB型、C型、Ⅱ型など多くのシリーズが出され、1954年には初代M型ライカが登場。
M型はレンジファインダーシステムのカメラで、ライカの代表作です。ライカM3から最新機種まで基本デザインは、ほぼ同じ。洗練されたスタイルと機能で、今も圧倒的な人気があります。ライカカメラの特徴は小型・軽量であること。それまでの大型カメラに代わり、気軽に屋外へカメラを持ち出せるようになったため写真の世界は飛躍的に広がりました。また高性能なレンズもライカの特徴です。非球面レンズや色収差を最小にするAPOレンズなどを開発し、プロ写真家の需要にこたえ続けています。現在もライカのレンズ製造では工程ごとに厳格な基準を守り、高品質のレンズを作り続けているのです。

高価買取中のカメラ
キャノン ニコン ライカ ローライ

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定