金工 買取

金工花瓶

金工の買取実績

*金工作品の買取価格相場は、実際の買取価格を保証するものではありません。
金工作品の状態や作者、市場価格により相場が変動いたしますので予めご了承ください。

金工の買取品目

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い金工作品を処分したい
  • 所有している金属工芸品が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡父が集めていた金工製品の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた金工品を、まとめて売りたい

ご安心ください!
金工作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

金工を高く売る方法

金工製品を高く売りたいなら伝統技法に詳しく
価値を正確に査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

金工の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
金工は、金属を加工してアクセサリーや刀装具を作る伝統技法のひとつです。

金属を溶かして形をつくる鋳金、叩いて形を作る鍛金、模様をつける彫金などさまざまな技法があり、工芸作品から気軽に身につけられるアクセサリーまでさまざまなものがあります。

日本の伝統が作り出す金工細工は種類が多岐にわたるため、その価値を見極められるのは専門知識のある鑑定士だけです。金工の作品を手放す時にはプロの目利きに依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
刀装具やアクセサリー、金工の工芸品は、保証書がついていたり共箱に入っていたりする場合があります。

こうした付属品は、金工細工の価値や出自をあきらかにするために重要な手がかりになるので、査定依頼の際は一緒につけて買取してもらうようにしてください。


評判の良い金工の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
日本の伝統工芸品である金工細工は、丁寧な仕事で希少価値も高い作品ばかりですがなかにはそれほど高い査定をつけない買取店もあります。

そのため、定価のない買取市場で得するためには見積もりを比べるのがおすすめです。


信頼できる金工の買取業者の選び方

金工細工作品の査定は、日本の伝統工芸を無料鑑定している業者や、
買取実績の豊富な業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
多くの査定や見積もりは無料で実施されていますが、なかには高額な鑑定料を要求してくる買取業者もいます。

まれに、トラブルに発展するような悪質な買取店もあるため、無料で査定してくれるかどうかを確認してから買取依頼、見積もりの問い合わせをするのがおすすめです。


金工の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
金工細工や刀装具といった日本ならではの作品を多く買取実績としてネット掲載している買取業者は、実績豊富、知識豊富とみて信頼できます。

金工細工はサイズや作られた技法などによっても相場が変わってきます。見るべきポイントをしっかり分かっている買取業者に依頼しなければ高額査定は期待できないのです。

そのため、実績を事前確認するようおすすめします。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

金工について

金工は、金属を使って作られた作品やアクセサリー、刀装具一般のことです。

溶かしたりたたいたりして形を作るため、さまざまな形状、サイズの作品が制作されています。もっとも有名な金工細工に、南部鉄器や高岡銅器があります。

金工の主な技法は、鋳金、錬金、彫金で、この3つの要素を駆使することで芸術的な造形がうみだされます。

鋳金は、蝋や粘土で型を作り、型に金属を流し込むことで造形する技法です。鋳金には、蝋型、込型、惣型があり、それぞれ得意とする形状が異なります。

蝋型は、蝋で作り出した形状をそのまま作品に落とし込めるという利点があります。なお、惣型は茶の湯がまやお寺の釣鐘など大きな金工作品を作るのに主に用いられる技法です。

錬金は、板状の金属を木槌で叩くことで形を作る技法です。叩いて曲げてからは、鉄の棒「当金」を使って形をつくります。

板状の金属の形は少しずつしか変形しないため、ひとつの作品が完成するまでには何万回もの「叩き」が必要になります。

彫金は、作品に模様をつける技法で、金属を表裏から少しずつ打って立体的な模様を作り出す打ち出し、金属に別の金属をはめ込む象嵌、たがねを使って繊細な模様をつける彫り、などの技法に細分化されます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談