彫金買取

鉄地金象嵌波龍図鍔

彫金の買取実績

*彫金製品の買取価格相場は、実際の買取価格を保証するものではありません。
彫金作品の状態や作者、市場価格により相場が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い彫金作品を処分したい
  • 所有している彫金のアクセサリーが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた彫金製品の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた彫金工芸品を、まとめて売りたい

ご安心ください!
彫金買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

彫金を高く売る方法

彫金作品を高く売るには、
金属加工の技術にくわしい目利き買取業者に作品を査定してもらうことです。

高く売る方法

彫金の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
「彫金(ちょうきん)」とは金属工芸の技法です。タガネという道具を使い、金属の表面に模様を彫り込んでいく技術をさします。

彫金ではさまざまな模様を繊細かつ豪快に彫り込むことができるので、表情のある作品を作ることができます。

リングやブローチなどのアクセサリーや仏具など、美しい彫金がほどこされているものは高価買取の対象です。

売却をお考えなら、金属加工の技術にくわしい目利き買取業者に相談しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
彫金作品には、鑑定書や作家の署名・落款入りの箱が付いてくることがあります。いわゆる「付属品」です。付属品はすべてそろっていると鑑定士が作品の鑑定額をつけやすいというメリットがあります。

しかし付属品がひとつも残っていなくても、目利きの鑑定士は作品の価値を見抜き、買取相場に応じた査定額を提示するものです。

名のある彫金師の作品は、鑑定書がなくても伝わります。付属品ゼロでも安心して査定を頼みましょう。


評判の良い彫金の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
持っている彫金のシルバージュエリーを売却したい、できるだけ高く売りたい。そう思うなら、複数の買取店で無料鑑定を受けましょう。業者の買取価格を比べれば、高く買う店が一目でわかります。

また同じような金額の見積もりが二つあれば、相談しやすい買取業者や自宅から近い店を選ぶことができます。

見積もり比較をすることで、売り手にとって有利な売却が可能になるのです。手間はかかりますが、複数見積もりを取ってみましょう。


信頼できる彫金の買取業者の選び方

高い技術が必要な彫金の作品。売却時は無料鑑定を実施し、
彫金の買取実績が豊富な業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
彫金作品はハンドメイドの繊細な作品が多いです。査定は、無料査定を実施している買取店に頼みましょう。

とくに宝石が付いているアクセサリーは、無料査定で数多くの品物を見ている鑑定士に査定を依頼するのがおすすめ。

また大型の金属製花瓶の査定なら、出張買取で対応してくれる店を探しましょう。出張でも交通費だけで来てくれる鑑定士がいます。

反対に高額な出張費や鑑定料を請求するのは悪質な業者です。注意しましょう。


彫金の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
彫金作品は実に多様です。デザインに凝ったジュエリーや花瓶、ライター、アンティークの家具の飾りなどなど。

お手元の彫金を正しい査定額で買取してほしいなら、これまでの買取実績の多い業者を選びましょう。

業者のホームページには、過去に買取した作品がリストや画像で掲載されています。

そのなかに彫金作品があれば、お手元のお品と比べてみては?似たような作品なら、これまでの実績どおりに高価買取されるでしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

金工の買取品目

彫金について

「彫金(ちょうきん)」とは金属工芸の技法のひとつ。同じ金属工芸の技法である鋳金(ちゅうきん)・鍛金(たんきん)とともに、金属を加工するための技術です。

タガネという専門の道具で金属を彫り、彫刻する彫金は、中国大陸から渡来したといわれています。古墳時代にはすでに文字を加工した剣が作られており、長い歴史がある技法です。

日本では昔から仏具に彫金をほどこしたり、銅の花瓶に繊細なモチーフを彫り込んだりして金属上の華麗な模様を楽しんできました。

彫金は使用するタガネの刃先によって、さまざまなラインを刻むことができるのが特徴。

毛髪のように細い「毛彫り」や、立体的な絵を彫ることができる「片切り彫り」、本体に模様を糸鋸で切り抜いた後、タガネで模様を彫り込んでいく「透かし彫り」などがあります。

どれも手作業のため大変な手間と労力を必要とする技術です。

最近では「彫金」という言葉が、金属を素材としたアクセサリーの製造技法全般を大きくさす言葉になりつつあります。

一般的に金属製のアクセサリーを作る技法には彫金も鋳金・鍛金の技術も必要。彫金という一言で、「鋳金」「鍛金」をふくめた金工技術を意味するよう変化しているのです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談