食器の買取価格・査定相場

陶磁器の買取価格・査定相場

食器の買取なら、買取福助にお任せください。
創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、雅な美しさを湛える京焼、九谷焼、備前焼、人気の高い伊万里焼や瀬戸焼きの壺や皿など日本の陶磁器はもちろん、マイセン・ロイヤルコペーンハーゲンなどの西洋陶磁や中国・李朝の古陶磁まで、様々な食器を鑑定歴20年以上、相場を熟知した専門の鑑定士が無料で査定いたします。
人間国宝作品や有名ブランド食器は特に高価査定中!

食器買取価格相場

【食器】九谷焼の買取価格相場

九谷焼は、石川県南部で作られる鮮やかな色絵の磁器です。
特に古九谷と称される磁器は青や黄、緑といった濃い色彩を用いた華麗で大胆な図柄で知られ、
赤の輪郭線を用いる祥瑞手、黒の輪郭線を用いて文様を描く五彩手など様式によって名称があります。
徳田八十吉・吉田美統・福島武山などの有名作家の食器(大皿・壷など)は特に買取相場も高くなっています。

九谷焼の査定相場・買取価格を詳しく見る

【食器】伊万里・有田焼の買取価格相場

伊万里・有田焼きは、豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加した佐賀藩主が朝鮮から陶工を連れ帰ったことから興りました。
日本最初の磁器とされており、伊万里港から器を各地へ運んだためにその名がつけられています。
金襴手、柿右衛門、鍋島などの様式は珍重され、江戸時代にはオランダを通じて盛んにヨーロッパへも輸出されました。
酒井田柿右衛門、今泉今右衛門などの食器を買取強化中です。

伊万里・有田焼の査定相場・買取価格

【食器】備前焼の買取価格相場

備前焼は岡山県備前市を中心に生産され、日本六古窯のひとつに数えられており、
釉薬を使わずに堅く焼き締められており、模様によって胡麻、緋襷、青備前、黒備前などと呼ばれ、鎌倉時代には焼かれた作品は古備前と称されて珍重されます。
人間国宝として著名な、金重陶陽、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳氏の食器や酒器(徳利・盃)は特に高価査定中です。

備前焼の査定相場・買取価格

【食器】青磁の買取価格相場

青磁は、青磁釉を用いた磁器の総称です。紀元前14世紀頃の中国を起源とし、日本にも伝播しました。
1,200度以上で焼成された、翡翠のように美しい青緑色が特徴です。
翡翠は古来より儒教において徳の象徴とされ、尊い石とされており、
その影響から中国では青磁を宝器と見なす風潮が高まり、茶碗などが好まれました。
中国浙江省龍泉窯で作られた、砧青磁、天龍寺青磁、七官青磁、飛青磁の大皿など大型の食器は特に人気があり、買取価格も高くなっています。

青磁の査定相場・買取価格

【食器】バカラの買取価格相場

バカラは、フランスのみならず世界中で不動の地位にある高級クリスタルメーカーです。
バカラの製品はどれをとっても完璧なフォルム、クリスタルとしてのクオリティの高さ、時代を先取りする美術性などが高く評価されています。
とくにカッティング技術の高度差は他の追随を許さず、まさにクリスタル界の王様。
フランスを代表するテーブルウェアであり、現在でもフランスの大統領府エリゼ級では、晩餐会の時にバカラのクリスタルグラス食器を使用しています。

バカラの査定相場・買取価格

【食器】マイセンの買取価格相場

マイセンはヨーロッパで初めて硬質磁器の製造に成功したブランドで、1709年にマイセンが磁器の製造を始めるまで、ヨーロッパメイドの磁器はありませんでした。
当時の磁器はすべて日本や中国から輸入したもので、非常に貴重なものだったのです。それを陶磁器コレクターでもあったアウグスト1世が研究を命じて、東洋の白磁に匹敵するような純白の磁器作りがスタートしたのでした。
ブルーオニオン、フローラダニカ、波の戯れなど人気シリーズのカップ&ソーサーやプレートは買取依頼も多い人気の食器です。

マイセンの査定相場・買取価格

【食器】ウェッジウッドの買取価格相場

ウェッジウッド(Wedgwood)は”英国陶工の父”と呼ばれるジョサイア・ウェッジウッドが1759年に創立した陶磁器メーカーです。
イギリスの田園地帯をほうふつとさせるワイルドストロベリーや繊細なレリーフが有名なジャスパーウェアなど、さまざまな洋食器を制作しており、そのクオリティの高さから世界中のセレブに愛されて現在は世界最大級のブランド食器メーカーに成長しました。
不要なウェッジウッド食器がございましたら、ぜひお売りください。

ウェッジウッドの査定相場・買取価格

【食器】ロイヤルコペンハーゲンの買取価格相場

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は1775年の創業以来、世界中で愛されてきた陶磁器ブランドです。
社名の“ロイヤル”は、デンマーク王室御用達の歴史からとられたもので、創業当初よりデンマーク国王のクリスチャン7世とユリアナ・マリア王太后の多大な援助があり、一時は王立デンマーク磁器製陶所に変わりました。
ロイヤルコペンハーゲンのお品はどれも需要が高く多くのお客様から査定依頼を受ける食器メーカーのひとつです。

ロイヤルコペンハーゲンの査定相場・買取価格

【食器】クリストフルの買取価格相場

クリストフル(Christofle)は、1830年に宝石商であったシャルル・クリストフルによって創業されたシルバー食器ブランドです。
ブランドコンセプトとして「唯一の品質、それは最高の品質」を掲げて、つねに革新的な技術を導入。伝統と斬新さを融合させて、シルバー食器におけるエレガンスを追求してきました。クリストフルのシルバーカトラリーは市場での人気も高く高価買取しております。

クリストフルの査定相場・買取価格

【食器】リヤドロの買取価格相場

リヤドロは、スペインで1950年に創業された高級陶磁器ブランドです。
スペインのバレンシア近郊にあったリヤドロ兄弟の自宅に、小さな窯を築いて陶磁器を作り始めたのがスタート。
創業後わずか50年ほどで、そのクオリティの高さからヨーロッパはおろか世界中で愛される陶磁器メーカーに成長を遂げました。
現在では陶磁器製のランプシェードやカップなど食器のほか、リヤドロの代名詞ともいうべきフィギュリンの制作で知られています。

リヤドロの査定相場・買取価格

食器の査定相場・買取実績


  • 東京都大田区
    古川隆久 釉彩こなら文六角陶筥陶箱
    買取価格
    20,000円

  • 東京都港区
    新垣栄三郎 赤絵壺 壺屋焼
    買取価格
    70,000円

  • 東京都世田谷目黒区
    三浦竹泉作 染付唐子杉浦康益作 『ホオズキ』置物
    買取価格
    13,000円

  • 東京都世田谷区
    李朝 鐵砂壺
    買取価格
    70,000円

  • 東京都品川区
    高橋誠作 色絵竹雀図壺
    買取価格
    20,000円

  • 東京都世田谷区
    高橋紘作 色絵絵替り八寸組皿
    買取価格
    20,000円

  • 東京都港区
    河本礫亭造 染付草花文花瓶
    買取価格
    10,000円

  • 東京都目黒区
    内藤六郎作・陶板額
    買取価格
    10,000円

  • 東京都品川区
    人間国宝・原清作褐釉黒文壺
    買取価格
    10,000円

  • 東京都大田区
    浅野治志作 色絵陶筥
    買取価格
    10,000円

  • 東京都品川区
    前田正博作 色絵洋彩鉢
    買取価格
    30,000円

  • 東京都世田谷区
    渡辺国夫作 色絵金銀彩線紋鉢
    買取価格
    30,000円

  • 東京都目黒区
    杉浦康益作 陶の博物誌「山桃」
    買取価格
    50,000円

  • 東京都港区
    島岡達三作「象嵌赤絵草加文角皿」
    買取価格
    35,000円

  • 東京都大田区
    中華民国染付花瓶
    買取価格
    70,000円

  • 東京都目黒区
    濱田庄司の益子焼マグカップ
    買取価格
    10,000円

  • 東京都世田谷区
    十代三輪休雪作 萩角花入
    買取価格
    30,000円

  • 東京都大田区
    蓮に鷺の図白磁置物
    買取価格
    40,000円

  • 東京都品川区
    十二代 坂高麗左衛門作 萩焼扇面組皿
    買取価格
    60,000円

  • 東京都港区
    李朝染付面取草花文壺
    買取価格
    50,000円

  • 東京都世田谷区
    伊東陶山作兎置物
    買取価格
    3,000円

  • 東京都目黒区
    伊東翠壺作 京焼古代文花瓶
    買取価格
    10,000円

  • 東京都大田区
    三浦竹泉作 染付唐子香炉
    買取価格
    3,000円

  • 東京都品川区
    青木木米作 花生
    買取価格
    3,000円

食器査定で鑑定士がチェックする3つのポイント!

ご自宅に眠ってる食器の売却をお考えなら、買取価格を左右する3つのポイントをチェック!

1高価査定のポイント!食器の作家はおわかりですか?

焼き物の場合でも絵画や骨董と同様にどのような作家の作品かが、買取価格左右する査定のポイントになります。有名な作家の作品は、底の部分に銘が入っているので確認してみましょう。

2作者名の記載とサイズが決め手!共箱はありますか?

作品が入っていた桐箱はございますか?箱に作品の銘と同じ作家の記載がある場合は査定額が高くなる可能性が高まります。

3傷、ヒビ、欠けはない方が良い!保管状態も重要です

作品そのものに傷や欠けなどがある場合は減額の対象となります。保管には十分注意をしましょう。一見傷が無いように見えても、カンニュウ(ヒビ)や、ホツ(欠け)がある場合もございます。陶磁器やガラスで造られた食器は壊れやすいので取扱に十分注意しましょう。

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、食器を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
食器の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。


出張買取対応地域

下記地域は最短30分で無料出張いたします。

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

宅配買取(全国対応)

  • 北海道
  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 岡山県
  • 鳥取県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 香川県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 熊本県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

査定の流れ ~経験豊富な鑑定士が無料でお見積り~

3STEPでカンタン!

1

査定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

思わぬ物がお宝に! 思わぬ物がお宝に!

食器買取について

ブランドの食器や、現在では廃盤になっている骨董品の食器は、高価買取も期待できるアイテムです。
家庭の不要な食器や骨董品がお小遣いに変わるかもしれない食器買取について、高く売るコツや高く売れるアイテムなどをご紹介します。
まず決めたいのは、食器買取を「どこに」依頼するかでしょう。これはどんな不用品買取にも共通していえることですが、食器買取を専門に手がけている業者や店舗がもっとも適しています。また、骨董品で陶磁器やガラス製品を見慣れている業者や店舗も狙い目です。骨董品や食器買取を専門にしている業者や店舗は、食器のブランドや希少性という知識に精通しています。
一方、大手リサイクルショップや、不用品をなんでも買い取るというチェーン店は全国一律で買取価格が定められていたり、鑑定の知識が不充分なスタッフがいたりと思ったように高く売れないケースも。サイトの口コミなどをチェックして食器買取に対応しているかどうか調べてみましょう。
このことから、食器買取は食器の専門店や骨董品買取業者に依頼するのがオススメです。売却したい食器が大量にあるという場合は、出張買取を請け負っている業者に依頼しましょう。
次に食器買取の相場についてです。食器買取で、高額査定が出やすいのは高価なブランド食器や輪島塗などの伝統工芸品。
食器買取で人気なのはウェッジウッドやミントン、オールドノリタケ、たち吉など、和洋問わず誰もが知っているブランドの食器です。
ウェッジウッドは1759年から続くイギリスの老舗陶磁器メーカーで、イギリス王室だけでなくロシアのエカチェリーナ2世からも求められた王室御用達の高級ブランド。洗練された上品なデザインは日本でも高級食器として愛されています。
ミントンも1793年に創業した歴史と由緒ある陶磁器メーカーです。1856年に王室御用達となりましたが、2015年に親会社が買収されたことでブランドそのものが廃止されました。しかしファンは今なお多く、中古市場での取引は活発です。
オールドノリタケ製品は、明治から戦前にかけて欧米に輸出された陶磁器のこと。国内向け販売がなされなかったことから骨董的価値が高く、希少価値の高い食器です。ロマン溢れるデザインと、当時の日本でも手に入らなかったアイテムというところが、コレクターの心をくすぐるのかもしれません。
一方、たち吉は現在でも多くの百貨店にテナントが入っています。しかし1752年とその創業は古く、ウェッジウッドやミントンと並ぶ歴史を誇っているのです。たち吉の古い食器や希少価値の高い食器は買取価格も期待できるといえるでしょう。
ほかに輪島塗や九谷焼など、海外でもメジャーな人気産地で作られた食器も人気があります。
一貫して高い相場を維持している食器は、箱や付属品が揃っているなど保存状態がよいものです。さらに現在では廃盤になったシリーズであったり、限定生産で作られたプレミア食器であれば、買取価格はかなり期待できます。
また、高価な食器であればたとえ箱なしでも買い取ってもらえるケースも。欠けたりキズついていたりということがなければ使用済み食器でも骨董品としての価値が出ることもあります。
食器買取のメリットは、食器をお金に変えるといったことだけではありません。高級すぎて普段使いできない、貰い物で趣味が合わないといったブランド食器を処分して家をすっきり整理できるということもメリットのひとつです。
この2つのメリットを最大限得るためのコツは、大量買取を依頼すること。プレート1枚、カップ&ソーサー1組という単位ではなく、プレートセットや、ティーセットなどを一気に買取してもらうことでまとめ買取として査定がアップする可能性があります。まとめ買取は、そのままコレクターに売却できたり、骨董品業界においてセット品としての価値を付与できたりと、業者側にも良い点がたくさん。買取価格にもそのメリットと価値が反映されるので、オススメです。

食器買取品目

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up