柱国章買取なら東京の福助へ

柱国章

満州国・柱国章の買取は鑑定歴20年以上のベテラン鑑定士がいる福助にお任せください。
価値のわからない勲章も無料で査定いたします。

東京都内は目黒・世田谷・品川・港区・大田区など最短30分でお伺いする出張買取も可能です。

柱国章の買取価格相場

満州国・柱国章の買取価格を公開中です。

柱国章

  • 勲一位柱国章

    東京都世田谷区
    勲章 勲一位柱国章
    買取価格
    750,000円
  • 勲二位柱国章

    東京都港区
    勲章 勲二位柱国章
    買取価格
    300,000円
  • 勲三位柱国章

    東京都品川区
    勲章 勲三位柱国章
    買取価格
    250,000円
  • 勲四位柱国章

    東京都目黒区
    勲章 勲四位柱国章
    買取価格
    100,000円

柱國章の買取実績

勲五位柱國章

勲五位柱國章
買取価格35,000
出張買取東京都港区
勲五位柱國章は、満州国の勲章です。満州国の勲位については、1934年の「勲位及勲章に関する件」で決められており、大勲位及び勲一位から勲八位までがあります。

勲章としては、大勲位蘭花章頸飾、大勲位蘭花大綬章、龍光大綬章、景雲章があります。あとになって、1936年に柱国章が加わりました。

満州国は、1932~1945年の13年間にわたって中国大陸に存在した国です。満州帝国ともよばれ、映画『ラストエンペラー』で有名になった最後の皇帝・溥儀(ふぎ)が、満洲国執政を務めたことでもよく知られています。

勲章制度成立時には、皇帝・溥儀の意見もかなり勲章のデザインに反映されたと言われています。

満州国は日本の傀儡政権と言われただけあって、勲章制度もほぼ日本のスタイルにならっています。そのため満州国の勲章は日本の造幣局が製作をおこないました。

勲三位柱国章

勲三位柱国章
買取価格250,000
店頭買取東京都品川区
勲三位柱國章をお買取りいたしました。
柱国章本体だけでなく箱も一緒に残っており、箱と勲章、略綬、勲記がそろっていると高額になります。

遺品整理や生前整理の時に勲章が出てきたら、箱を捨ててしまわずに一緒に査定依頼するのが鉄則です。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

骨董品の高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、骨董品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古骨董品店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、柱国章を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から64年続く豊富な骨董品買取実績。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
柱国章の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。
思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

3つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

出張買取対応地域(東京都内)

出張買取可能地域
  • 都心エリア
    • 千代田区
    • 中央区
    • 港区
    • 新宿区
    • 渋谷区
  • 城北エリア
    • 文京区
    • 豊島区
  • 城南エリア
    • 品川区
    • 目黒区
    • 大田区
    • 世田谷区
  • 城西エリア
    • 中野区
    • 杉並区

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

  • 成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

柱国章について

「柱國章(ちゅうこくしょう)」は、満州国の勲章です。

満州国は、1932年~1945年のあいだ、現在の中国東北部にあった国家です。のちに帝政に移行しましたが、建国からわずか13年半しか存在しなかったこの国家は、実質、日本の傀儡政権だったと言われています。

そのため、勲章制度は日本とほぼ同じでした。ちなみに、満州国の勲章は日本の造幣局で製造されたものです。

満州国の勲章で、最も上位に来るのは「大勲位蘭花章頸飾(だいくんい きっか しょうけいしょく)」で、これは大勲位に叙せられた人に特別に贈られるものです。

その下に「大勲位蘭花大綬章(だいくんい きっか だいじゅしょう)」があり、「龍光大綬章」と続き、「景雲章」のあとに「柱国章」が続きます。

ちなみにあまり聞きなれない「柱国(ちゅうこく)」と言う言葉は、古代中国で使用されていた官職のひとつです。

もともとは中国の戦国時代にあった称号で、当時の「楚(そ)」で、とくにすぐれた勲功をあげた将軍に対して「柱国」「上柱国」という称号を与えたのが始まりだと言われます。

満州国は日本の傀儡政権と言われただけあって、勲章制度もほぼ日本のスタイルにならっています。そのため満州国の勲章は日本の造幣局が製作をおこないました。

勲章の名称を見るだけでも、満州国の勲章制度が日本にならって制定されたものであることが分かります。

柱国章は、勲一位から勲八位まであり、日本の勲章で言えば「瑞宝章(ずいほうしょう)」に当たります。

柱国章のデザインは、中央に黄色い八角形を配しているのが特徴的です。黄色の八角形の周囲を、白、ブルー、赤が取り囲み、白地に点をついた縁取りがついています。

中央から四方に飛び出した直線と円のモチーフや、朱の幾何学模様との組み合わせが、非常に力強く感じる勲章です。

柱国章の場合、「綬(じゅ・勲章を着用するためのリボン)」のカラーも勲章本体に合わせてあり、赤地の両端にあざやかな黄色のストライプがはいっています。

勲章本体と綬を一緒に着用すると、より赤と黄色の対比が映えるデザインです。

ちなみに、柱国章は小型勲章である円形の「略綬(りゃくじゅ)」も赤地に黄色のラインを入れたもの。

略綬は本勲章を着用しない時に着けるものですが、小さな円形の略綬であっても、このカラーリングだと非常に目を引く色合いです。
東京都内で勲章買取のことなら福助にご依頼ください。

参考:満州国の勲章 – Wikipedia

その他勲章の査定相場

勲章買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up