旭日章買取なら東京の福助

勲三等旭日中綬章

旭日章の買取なら創業64年、東京の買取福助にご相談ください。
旭日大綬章や旭日重光章など勲一等から勲五等までの旭日章は特に高価買取中。
店頭での無料査定だけでなく、東京都内・港区・大田区・目黒区・世田谷区・渋谷区・品川区は無料出張もいたします。

旭日章買取価格

旭日章の買取実績と価格相場のご紹介です。
勲章は中世ヨーロッパにさかのぼる歴史の古いもので、現在でも世界各国で授与されています。
ここでは日本の勲章「旭日章」の買取価格相場などをまとめました。
ふだんあまり身近に感じられない勲章についての知識を得ることで、鑑定・査定前に勲章の正しい価値を知りましょう。

品名買取価格
勲一等旭日大綬章300,000円
勲二等旭日重光章 勲記付き135,000円
勲二等旭日重光章100,000円
勲三等旭日中綬章28,000円
勲四等旭日小綬章8,500円
勲五等旭日章 特別海外要人贈呈用7,000円
勲五等双光(雙光)旭日章4,000円

勲二等旭日重光章 勲記付きの買取価格

勲二等旭日重光章 勲記付き
勲二等旭日重光章 勲記付き」をお買取りいたしました。
保存状態の良い「旭日章」の勲章と「勲記(くんき)」がセットになったものです。
「勲記」とは、勲章の受章者に渡される証書のことです。
勲章を受章したという証明になる書類で、受勲者の氏名と勲章の種類、授与日などが記載され、当時の内閣総理大臣の氏名も書かれています。
買取価格相場135,000

勲五等双光(雙光)旭日章の買取価格

勲五等双光(雙光)旭日章
旭日章は、「国家または公益に対して功労がある者」へ与えられる勲章です。海外の要人に対して儀礼的な意味合いで叙勲することもあれば、皇族が自ら叙勲をおこなうこともあります。
勲五等双光旭日章は現在、「旭日双光章」と名称が変更されていますが、これらは時代によって名前が変わっただけで同じものです。
白色の部分は七宝で、中央の赤い日章は二酸化セレンを用いたガラスでできており、そのすべてがなめらかな手触りになるよう、念入りに研磨が施されています。写真では、そのつややかな表面をご覧になることができるかと思います。
買取価格相場4,000

勲一等旭日大綬章の買取価格

勲一等旭日大綬章
当初は勲一等旭日大綬章が日本における最高位の勲章でしたが、制定された翌年の明治9年には、旭日章よりも高位の勲章として、
「大勲位菊花大綬章(だいくんい きっか だいじゅしょう)」が作られ、さらに明治21年には、最高位として「大勲位菊花章頸飾(だいくんい きっかしょう けいしょく)」が作られました。
今回のお品は「勲一等」という等級の高い勲章のため、本勲章に副章、大綬(だいじゅ・紅白のリボン)、小さい円形の略綬(りゃくじゅ・小型勲章)が付いています。
買取価格相場300,000

勲三等旭日中綬章の買取価格

勲三等旭日中綬章
「勲三等旭日中綬章(くんさんとう きょくじつ ちゅうじゅしょう)」は、旭日章のなかで、最高位から4番めの等級の勲章です。
国家に対して顕著な功績をあげた人物に授与されたもので、瑞宝章などほかの勲章に比べて、上位に位置すると言われた勲章でした。
現行の勲章制度では、平成14年の閣議決定「栄典制度の改革について」に基づいて「勲三等」の名称が取り除かれ、「旭日中綬章」に変わりました。
大臣政務次官や衆議院常任委員長、都道府県知事と言った高位の公職にあったもの、経済界の発展に大きく寄与した企業の最高責任者などに贈られています。
買取価格相場28,000

勲五等旭日章 特別海外要人贈呈用の買取価格

勲五等旭日章
勲五等双光(雙光)旭日章 特別海外要人贈呈用をお買取りいたしました。
「特別海外要人贈呈用」というのは、日本との友好親善などに顕著な功績があった外国人に対して授与されるもので、現在でも春と秋に叙勲されます。
本人の功績に対して授与されるケースの他に、来日した国賓クラスの要人や、離任のために日本を離れる特定の国の駐日大使などに対して叙勲することもあります。
買取価格相場7,000

勲二等旭日重光章の買取価格

勲二等旭日重光章
東京都港区麻布で、勲二等旭日重光章をお買取りいたしました。
「旭日重光章(きょくじつじゅうこうしょう)」は、日本で最初の勲章である「旭日章(きょくじつしょう)」の一つです。
旭日章の中では、最高位である「旭日大綬章(きょくじつだいじゅしょう)」に次ぐ第二位の勲章で、非常に高位の勲章です。
本勲章に副章(本勲章をつけない時に着用する勲章)や綬、略綬(りゃくじゅ・略式の勲章)がそろっており、豪華な漆塗りの箱におさめられています。
買取価格相場100,000

勲四等旭日小綬章の買取価格

勲四等旭日小綬章
こちらは勲四等に位置づけられる旭日小綬章で、桐花紋は「五七の桐」です。
この旭日小綬章の下位にあたる旭日双光章は「五三の桐」ですから、より特別感があります。
勲章は国や公共に対して大きな貢献をした人物に授与されるもので、上位のものほど数が少なく希少です。
買取価格相場8,500

高額買取には「等級の高さ」と「付属品」が重要

海外にも収集家のいる旭日章ですが、6等級すべてが同じ価値ではありません。勲章としての序列が高いものほど希少価値があり、売却額も高値です。
なぜ等級の高い勲章が希少かというと、勲章は国に貢献した人に授与されるものですから高位の勲章は授与数が少ないからです。
旭日章で言えば、最上級の「旭日大綬章」は大臣クラスや各省庁の長官レベルの人に授与される勲章。
当然、勲章そのものの数が少なく、買取相場も高値になるのです

略綬・勲記など付属品を揃えて査定依頼しましょう。

勲章には付属品一式があり、これがそろっているかどうかも出張買取の鑑定・査定結果に大きく影響します。
具体的には、勲章を授与される人の氏名や勲章名、授与年月日などを記載した「勲記(くんき)」という書面や、勲章を着用するためのリボン「綬(じゅ)」、勲章の代わりに着用できる略式の「略綬(りゃくじゅ)」、勲章や綬をおさめておく箱などが重要な付属品です。

旭日章本体と付属品一式がそろっていれば出張買取でも高額で査定されますし、勲章が本物かどうかの鑑定もしやすくなります。付属品のうち、とくに「勲記」は真贋の鑑定に関係しますので、勲章とともに査定に出しましょう。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、旭日章を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
旭日章の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

出張買取対応地域

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

旭日章について

旭日章は日本で初めて制定された勲章です。
1875年(明治8年)に制定された時点では、勲一等から八等まで8等級でしたが、1888年(明治21年)に、最上位に勲一等旭日桐花大綬章が追加され9等級になりました。
その後2003年(平成15年)に勲等表示の取りやめと、旭日桐花大綬章を旭日章の上位の勲章「桐花章」として独立させるなど制度改正が行われ、現在では6等級となり「旭日大綬章」「旭日重光章」「旭日中綬章」「旭日中綬章」「旭日双光章」「旭日単光章」の種類があります。
参考:勲章の種類(旭日章)- 内閣府

なお平成15年以前には、旭日章は男性だけに授与される勲章でしたが、平成15年からは女性も対象になり、より幅広く社会に貢献した人々に授けられる勲章になりました。

太陽が昇る形をデザインした勲章「旭日章」

旭日章は国家もしくは公共に対して顕著な功績を挙げた人物に授与されます。
2003年の制度改正までは、基本的に男性にのみ授与されていました。
旭日章は日輪を中心に八方へ光を放つ旭日を表したデザインに、紐部分には日本において政権を持つ者の紋章である「桐の花」が使用されています。
この桐花紋は、等級によって違いがあり、勲四等以上は「五七の桐」、勲五等以下は「五三の桐」です。
「五七の桐」は「菊の御紋」に次ぐといわれる高貴な文様で、昔は天下人を象徴する紋として、武家の指導者が賜ることもありました。現在では内閣総理大臣の紋章にもなっています。

旭日章の英語名称は「Grand Cordon of the Order of the Rising Sun」といい、Rising Sunという言葉が入っていることからも、旭日=朝日であることがわかります。
デザインにおいても中央に赤い七宝を埋め込み、朝日(旭光)を表現。さらに中心から四方八方に光線を配置して、輝く朝日のイメージを強調しています。勲章の上には桐の花型の鈕(ちゅう)がつき、桐の葉のグリーンが鮮やかです。
勲章中心部の赤い円と周囲の白い光が日本の国旗である日の丸にも似通っていて、実に日本らしいデザインの勲章です。

授与対象者

ちなみに、旭日章の授与対象となるのは「国務大臣、内閣官房副長官、副大臣、衆議院副議長、参議院副議長又は最高裁判所判事の職(これらに準ずる職を含む)にあって顕著な功績を挙げた者」(平成15年の閣議決定「勲章の授与基準」による)と定められています。
また都道府県知事、政令指定都市の市長、全国的に活動している公益団体長や社会に寄与する功績が極めて高い企業の最高責任者が対象となります。
いずれも社会的な功績が非常に高いのが特徴で、旭日章の重要性の高さがうかがえます。

参考:旭日章 – Wikipedia

その他の勲章

勲章買取 TOPページ

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up