青木龍山の買取

青木龍山:有田に生まれながらも漆黒の天目釉を用いた陶芸家

青木龍山(あおき りゅうざん 1926-2008年)は、佐賀県西松浦郡出身の陶芸家です。

白磁に色絵の有田焼で知られる有田町の生まれでありながら、漆黒の天目釉を用いた作品づくりを貫いた作家としても知られています。

青木家は16世紀後半から代々窯元として名をなし、祖父の代に貿易を主軸とする陶磁器製造販売へと発展した実業家でした。
商会名である「アオキ・ブラザーズ・カンパニー」のイニシャルをとった「ABCブランド」と称して、国内外に皿やコーヒーカップセットなどを売り出して成功したといわれています。

龍山は、多摩美術大学日本画科を卒業後、短期間は高校の美術教師を勤めました。しかしほどなく佐賀県に呼び戻されてこの事業に参加、不況のあおりを受けての倒産にも立ち会っています。

代々続く事業を父の代で失った龍山は、フリーランスの陶磁器デザイナーとして活動しながら日展入選を目指し、作陶を続けて大成しました。

染付や色絵を伝統とする有田で活動しながら、漆黒の天目釉に鉄砂や銀砂、翠などで文様を施すモダンなデザインを貫いたのが特徴です。

また、弟子をとらず夫婦二人三脚で作陶を続けたことも注目に値します。
日展への数多くの入選、長年の活躍と功績により、佐賀で初となる文化勲章を受章しています。

代表作は、「天目『春の宴』」、「油滴天目茶わん」などです。
陶磁器の世界で漆黒の表現を貫いた龍山ですが、その長男である青木清高(あおき きよたか)はろくろ技法に注目し、青磁の表現を極めました。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談