張大千の掛軸買取

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

張大千の掛軸買取相場

張大千の掛軸買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている張大千(ちょうだいせん)の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 箱に入った張大千の掛け軸を鑑定してほしい
  • 床の間の張大千の掛軸を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 張大千の絵だと言われる掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた遺品の張大千の掛軸を処分したい

ご安心ください!
張大千買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ



張大千について

張大千 (ちょうだいせん)は、現代中国画を代表する巨匠です。四川省に生まれ、幼いころから母親の曽友貞に絵を学びました。ちなみに張大千の兄にあたる張善孖は、中国ではトラの絵で有名な画家です。恵まれた環境で成長したのちは、上海で書画家の曽熙、書家の李瑞清の門下に入りました。ここで書画や詩文を学び、活躍の場を広げていきます。日本へは染織を学ぶために・来日しましたが、僧侶となって寺に入り修行に明け暮れたこともあります。50歳になった1949年以降は中国から香港へ移り住み、翌年には台湾へ移住。インドやアルゼンチン、アメリカに居を移し、晩年は再び台湾に住んで絵画の制作に打ち込みました。
張大千の画風は稀有壮大。水墨画としては自由闊達な描線と一気に描きあげる勢いの良さが特徴です。薄墨で大枠を描き、余白を生かす「破墨」の技法や薄墨の上に濃墨をそそぐ「溌墨」が得意。墨が入っていない余白を大切にし、濃淡を出しながら幽玄な風景を描きました。水墨画に新しい風を吹き込んだ偉大な画家です。勢いと躍動感のある絵は今も人気があり、高額査定。山水画、花鳥画、人物画を数多く残しており、表装されて掛軸になっているものも多数あります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定