河井寛次郎の買取

河井寛次郎:窯業を科学的に研究し民芸運動の影響を受けた無冠の陶工

河井寛次郎(かわい かんじろう 1890-1966年)は、島根県安来(現安来市)出身の陶芸家です。
大工の家に生まれた寛次郎は、上京して東京高等工業学校窯業科(現東京工業大学)へ入学、師匠をもたず学校で投稿の技術を獲得します。

師弟関係によって技術が伝達されることが当たり前だった陶芸の世界において、寛次郎はニュータイプの陶工でした。在学中は陶芸家の指導を受けるだけでなく、窯業を科学的な視点でとらえた研究にも熱心だったといわれています。
釉薬の研究や中国陶器の模倣などをおこない、その技術を会得していきました。

寛次郎の当初の作品は、中国や朝鮮の陶磁器を参考にした技巧的で華やかなものでした。
開催された展覧会においてそれらの作品は好評を博しますが、寛次郎は自らの作風に疑問を感じ悩んだといわれています。そんな寛次郎の心を打ったのが素朴で簡素に仕上げられた、無名の陶工による作品でした。

柳宗悦(やなぎ むねよし)らによる民芸運動に感化され、以降は実用的で簡素な陶器作りに邁進するようになります。また、この頃から作品に銘を入れることはなくなっていきました。
なお、制作の材料に事欠いた第二次世界大戦中は、詩や随筆を陶板に刻んで発表するなど、豊かな才能を披露しています。

簡素ではあっても釉薬に工夫をこらし、美しい発色の器を発表したことで、独自性を確立、文化勲章や人間国宝、芸術院会員などの推薦を辞退し、晩年まで無冠の陶工として活動し続けました。自ら結成した自宅は、河井寛次郎記念館として公開されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談